Welcome!

ニューヨークとハーレムと音楽のはなし

194日前

今日はゴスペルミュージカルのご案内です。

 

NYでお薦めのミュージカルなどもご紹介している私ですが、

年に一回、このホリデーシーズンには、自分自身がHarlem Japanese Gospel Choirとして、ミュージカルに出演しています!

 

全米36都市で配布中の日本語新聞にもご紹介いただきましたので、

よかったらご一読くださいませ ↓

 

 

プログラムにも名前を載せていただきました。

 

2010年、タイムズスクエアのオフブロードウェイに出演させていただいた際には、

日本のテレビも取材に来てくださり、以来、今年ではや4回目の出演。

 

詳しくは、こちらに全て書いてありますので、クリックしてご覧いただけると幸いです↓

ハーレムでゴスペル三昧、ハッピークリスマス!

 

 

”When the praise go up Blessings come down”
ゴスペルを歌って聴いて、沢山の恵みが降りてきますように☆

 


<Soul Nativity 2016>

クリスマスの本来の意味、イエス様の誕生ストーリーを、Hip Hop、ロック、ジャクソン5やジェームス・ブラウンのテイストも入れ、パワフルな若手アーティストを中心に織りなす現代劇です

 

日時:12月9日(金)~23日(金) 全9公演

金7時~、土3時~&7時~、日3時~、

 

場所:HSA Theater

住所:645 Saint Nicholas Ave. New York, NY 10030

地下鉄ABCDライン「145丁目」駅下車1分

料金:前売り20ドル(当日25ドル)、学生・シニア15ドル

詳しくは http://hsanyc.org/soul-nativity/

 

 

 


ハーレム・ジャパニーズ・ゴスペル・クワイヤー、随時メンバー募集中
問:646-410-0786

 

 

 

●NYハーレム案内人 松尾公子 Kimiko Matsuo
NYハーレムの黒人コミュニティにどっぷり浸かって15年の音楽プロモーター、ディレクター、NYコーディネイター、黒人教会ゴスペルクワイヤーメンバー、Harlem Japanese Gospel Choir代表(マクドナルドゴスペルフェスト史上日本人初出場で初優勝など、”日本人初”を次々切り開くパイオニア)。

 

●Kimikoのプロフィールはこちら

 

 

 

★参加したばかりの新参者ですが、よかったらワンクリックお願いします ↓

  人気ブログランキングへ

 

にほんブログ村

 

ジモモ ニューヨーク

 


●コーディネイト、コラム執筆などのご連絡は、harlemtommytour@hotmail.com へどうぞ

●Twitterもどうぞ http://twitter.com/#!/KimikoHarlem

●Facebookもどうぞ https://www.facebook.com/kimiko.matsuo.73

201日前

 

<A night of Inspiration at Carnegie Hall.>

2016年12月6日(火)夜8時~ カーネギー大ホール
<出演者>

   レイ・チュー Music Director

  • ヨランダ・アダムス(ゴスペル界トップアーティスト)
  • ローレンス・ブラウンリー(オペラ界NO.2といわれるテノール歌手)
  • シャーリー・シーザー(牧師でありグラミー賞、ステラ賞アーティスト)
  • カート・カー(ゴスペルの殿堂入りを果たした有名ミュージックダイレクター)
  • オーレン・チェザーリ(世界で活躍中のクラシックバイオリニスト、プロデューサー)
  • ドニー・マクラーキン(ゴスペル界の巨匠、アーティスト、牧師)
  • リチャード・スモールウッド(ゴスペルの殿堂入り、数々の「初」を成し遂げた巨匠)
  • ディオンヌ・ワーウィック(グラミー受賞の世界的に有名なソウルシンガー、ホイットニーの従姉妹)
  • New Faith Church from Cape Town, South Africa(南アフリカよりゲストクワイヤー)
  • 64ピースのオーケストラ、200名のマスクワイヤー
     

 

NYマンハッタンの中心にあるカーネギーホールで開催された3時間に渡る豪華絢爛なコンサートに、

私がNYハーレムで主宰しているハーレム・ジャパニーズ・ゴスペル・クワイヤー選抜メンバーが、

唯一のアジア系グループとして、

200名のマスクワイヤーに参加させていただき、

 

 

5階席まである大ホール2800名満席の美しい光景を真正面にこの目で見ながら、

我々がいつも小さな教会で歌わせていただいてるゴスペル曲たちを、

その本物シンガー、ゴスペルの父母と呼ばれる方々、グラミー受賞の方々の指揮やリードで、

汗と涙にまみれながら、

スピリットを恵みを全身に受けながら、

心から賛美させていただけたこと、ゴスペルに、神様に、心から感謝しています。

 


コンサート会場で配られるカーネギーのパンフレットPLAYBILLに、

なんと全員のフルネームも載せていただき、

全ての瞬間が一生の宝、そしてこれからの大きな力になりました。

 

 

コンサート終了後の、アフターパーティにまで呼んで頂き、

 

 

カート・カー 本人ともお話できたし、
(日本ではみんな in the sanctuary(カート・カーの曲) を歌ってるだろ~、とか言われた)

 

 

スーパーボウルや、マジソン・スクエア・ガーデンシアターや、ゴスペルフェスティバルでもご一緒させていただいたドニー・マクラーキン牧師からも、

日本語の賛美を会話の途中でアカペラで歌っていただけるという

超幸せな時間を持つことが出来ました。

(何の歌かわからなかったけど、主に賛美を捧げます~というような歌詞だった)

 

 

この一年、楽しいことも、そして大変なこと、辛いこともたっくさんありました。


それが、

ゴスペルで全てプラスに変えられました。


”When the praise go up Blessings come down”
ゴスペルを歌って聴いて、沢山の恵みが降りてきますように☆

 

 

 

Thank you Ray Chew for having us"Harlem Japanese Gospel Choir" in your awesome spiritual concert this year, again. We received so much precious power, spirit, love ever, Each & every moment is unforgettable. Thank God for YOUR music, GOSPEL.

 

 

(追記)

前夜のリハは、
世界の黒人音楽の殿堂アポロシアターで行われました。

(アポロがリハ会場って、どんだけ壮大なイベントか、ですよね、、、)
64ピースのオーケストラでリハ会場はもうギシギシ。

2メートル至近距離で聴くシャーリー・シーザ牧師の生ゴスペルは魂のシャウトでした。


パートの最終微調整指導をしていた歌の特別上手い男性、よく見たら生カート・カーでした。

 

気さくにジョークなども交えて調整してくれるこの雰囲気だけでも、もう2016年が満たされた。

 

 

 

 

 

 

●NYハーレム案内人 松尾公子 Kimiko Matsuo
NYハーレムの黒人コミュニティにどっぷり浸かって15年の音楽プロモーター、ディレクター、NYコーディネイター、黒人教会ゴスペルクワイヤーメンバー、Harlem Japanese Gospel Choir代表(マクドナルドゴスペルフェスト史上日本人初出場で初優勝など、”日本人初”を次々切り開くパイオニア)。

 

●Kimikoのプロフィールはこちら

 

 

 

★参加したばかりの新参者ですが、よかったらワンクリックお願いします ↓

  人気ブログランキングへ

 

にほんブログ村

 

ジモモ ニューヨーク

 


●コーディネイト、コラム執筆などのご連絡は、harlemtommytour@hotmail.com へどうぞ

●Twitterもどうぞ http://twitter.com/#!/KimikoHarlem

●Facebookもどうぞ https://www.facebook.com/kimiko.matsuo.73

204日前

NYハーレムのアポロシアターで毎週行われている「アマチュアナイト」は、今年82周年。
 

それとは別に、
1987年から、テレビ版のアマチュアナイト「It's Showtime at the APOLLO」という番組が、

ここハーレムから、スポンサーやテレビ局を変えながらも、

不定期に全米放送されていましたが、それもついに2012年で一旦終了。

 

 

( 2006年、2007年のテレビ収録を書いた過去ログも今となっては懐かしいです ↓)

NBCテレビ「Showtime at the apollo」収録 (2007年3月)


テレビ収録~Showtime at the Apollo (2006年10月)

 

 


そしてーーー、

今回はFOXテレビが30周年を記念して、

8年ぶりに「It's Showtime at the APOLLO」を復活!


今週はその収録でした。

 

セットから全部変えますので会場準備は2週間前から。

 

 

2時間特別番組の収録を、3日間掛けて、

しかもお客さんを入れてのライブ収録でしたので、

毎日深夜までという大変な盛り上がりでした。


テレビ版では、豪華ゲストが現われるのも人気の秘密。

今回は、

生ジョン・レジェンドとか、生アシャンティとジャ・ルールとか、チャカカーンとか、、、

いろいろ生をまた見れました。

 


司会は、

1993年から結構長くホストを務めた、アメリカでは5本以上のメインTV番組をもつ人気コメディアンのスティーブ・ハーヴィー。

 

 

日本ではきっと、昨年、ミスユニバースで優勝者を間違えてアナウンスしたことで有名ですよね ↓

 

 


この30周年記念特番の放送は、12月5日(月)夜8時~10時 FOXテレビにて。

 

こんなに長いこと収録したテープを、一体どんな”2時間”に濃縮するのか、

5日の放送が楽しみです。

 

 

 


●NYハーレム案内人 松尾公子 Kimiko Matsuo
NYハーレムの黒人コミュニティにどっぷり浸かって15年の音楽プロモーター、ディレクター、NYコーディネイター、黒人教会ゴスペルクワイヤーメンバー、Harlem Japanese Gospel Choir代表(マクドナルドゴスペルフェスト史上日本人初出場で初優勝など、”日本人初”を次々切り開くパイオニア)。

 

●Kimikoのプロフィールはこちら

 

 

 

★参加したばかりの新参者ですが、よかったらワンクリックお願いします ↓

  人気ブログランキングへ

 

にほんブログ村

 

ジモモ ニューヨーク

 


●コーディネイト、コラム執筆などのご連絡は、harlemtommytour@hotmail.com へどうぞ

●Twitterもどうぞ http://twitter.com/#!/KimikoHarlem

●Facebookもどうぞ https://www.facebook.com/kimiko.matsuo.73

208日前

 

アメリカで最も活躍中のミュージックディレクター、レイ・チューが、

今年も、NYマンハッタンのど真ん中、カーネギーホールで音楽の祭典を開催し、

 

私がオーガナイズしております「ハーレム・ジャパニーズ・ゴスペル・クワイヤー」と、

弊社「ハーレム・ボーカルハウス」から、

日本人15名が出演させていただきます。

 

 


グラミー賞、エミー賞、BETアワード、ソウルトレインアワード、ミス・ユニバース、オバマ大統領就任式etc.から、

 

アメリカン・アイドル、ダンシング・ウィズ・ザ・スター、メイシーズ・サンクスギビング・パレードなどの人気イベントや、、、


アリシア・キーズ、プリンス、アレサ・フランクリン、ジャスティン・ビーバ、リアーナ、レニー・クラビッツ、ジェニファー・ハドソン、クインシー・ジョーンズなど(数えたらきりが無い)大物スターの音楽監督をも手掛けてきたレイ・チューが、


世界のクラシック殿堂NYカーネギーの大ホールで、

ゴスペル・ポップス界の大物スターと、

64ピースのオーケストラ、

200名のマスクワイヤーを、見事に組み合わせるという壮大な企画。

 

御馴染みのクリスマスソングでは、

レイ・チューの指揮で2800名の観客も大合唱団となる、

2016年の締めくくりにふさわしい夢のイベントです。

 

 

 

豪華ゲストは、
ゴスペル界のヨランダ・アダムス、

シャーリー・シーザー、

リチャード・スモールウッド、

カート・カー、

フレッド・ハモンド、

ディオンヌ・ワーウィック、

ドニー・マクラーキンの他、

 

オベラ界のスターや、

イタリア、南アフリカからも。。。。

 

 

リチャード・スモールウッドの指揮で「Total Praise」を、

カート・カーの指揮で「For Every Mountain」を、、、

 

どの曲も、オリジナルを歌っているグラミー等受賞のアーティストと一緒に、

心を合わせて歌わせていただけるという、

この上も無い光栄に心から感謝し、

身を引き締めて約12曲を大讃美してきます!

 

 

今年も声を掛けてくれた私の大切な友人レイ・チューに感謝します。
(昨年のカーネギー出演時の写真より)

※昨年のブログ記事はこちら


そして、

イベントがあろうと無かろうと、

ゴスペルが好きで毎週練習に通ってきた、

ハーレム・ジャパニーズ・ゴスペル・クワイヤー」の一人ひとりへの、

神様からのご褒美に感謝します。

 

 

12月6日(火)NY近郊にいる方、

是非足をお運びいただき、

幸せな時間を共に過ごしてくださいませ。

 

マジで、これは前代未聞の凄いイベントです。。。。

 

 

”when the praise go up blessings come down”
ゴスペルを歌って聴いて、沢山の恵みがみんなに降りてきますように☆

 

 

A world renowned acclaimed composer, music director, and producer "Ray Chew" leads outstanding soloists and a 64-piece orchestra, along with Rev. Dr. Lester W. Taylor Jr. directing a 200-voice mass choir, in a program of uplifting music from diverse traditions. Lift up your spirit with moving music!
We Harlem Japanese Gospel Choir are honor to celebrate this event with Ray Chew again, Thank God!!!

 

(....Harlem Japanese Gospel Choir became the first Japanese to win "Best Choir Award" at one of the biggest Gospel Festivals in the U.S.in 2010, performed at the NYC Marathon stages, Apollo Theater etc.
Also Madison Square Garden theater , Times Square Super Bowl Stage and the Stadium as a part of Super Bowl Multicultural Choir in 2014. featuring Off Broadway show"Black Nativity","Soul Nativity" etc.)

 

 

<A Night of Inspiration>
12/6 (Tue) @8:00 pm 
Carnegie Hall Stern Auditorium
Tickets $36~$81
@Box Office, 212-247-7800 or carnegiehall.org.

 

 

 

 

●NYハーレム案内人 松尾公子 Kimiko Matsuo
NYハーレムの黒人コミュニティにどっぷり浸かって15年の音楽プロモーター、ディレクター、NYコーディネイター、黒人教会ゴスペルクワイヤーメンバー、Harlem Japanese Gospel Choir代表(マクドナルドゴスペルフェスト史上日本人初出場で初優勝など、”日本人初”を次々切り開くパイオニア)。

 

●Kimikoのプロフィールはこちら

 

 

 

★参加したばかりの新参者ですが、よかったらワンクリックお願いします ↓

  人気ブログランキングへ

 

にほんブログ村

 

ジモモ ニューヨーク

 


●コーディネイト、コラム執筆などのご連絡は、harlemtommytour@hotmail.com へどうぞ

●Twitterもどうぞ http://twitter.com/#!/KimikoHarlem

●Facebookもどうぞ https://www.facebook.com/kimiko.matsuo.73

222日前

今日はブロンクスでした。

BX(ビーエックス)、

それも、サウスブロンクス。

 

ひと昔前までは、

治安が悪い街、貧民街、犯罪地区、荒れた街、、、

というイメージがあって、

 

Hip Hop発祥の地でもあって、

かの有名な映画「Wild Style」の場所でもあります。

 

 

マンハッタンから、

ハーレムリバーを越えて、

ブロンクスに入ってすぐのところに、

ピカピカのヤンキースタジアム。

 

 

この周辺は、グラフィティもヤンキース。

 

 

 

目の前のマクドナルドでさえも、壁画はベースボール。

 

 

野球がある時は、白人やアジア人がどっと押し寄せてくる。

 

2ブロック先にはでっかいブロンクスコート(裁判所)もあるし、

 

その間には、所狭しと安物衣料品店とか、車修理の店が軒を並べていて、、、、

 

良くも悪くもいろいろな目的の人たちが行き来しているエリア、

 

”ザ・サウス・ブロンクス”。

 

更に奥に進んでいくと、

かなりDeepなサウス・ブロンクスが広がっていきます。

 

 

あ、

Hip Hop誕生の街といえば、、、

 

このデカい人が、

このサウスブロンクスで、

ターンテーブル2つ並べて、

HipHop音楽を生み出したといわれるクール・ハークです。

 

 

この夏、

私が主宰するハーレム・ジャパニーズ・ゴスペル・クワイヤーでゴスペル歌った後、

「ハーレムウィーク」をぷらぷら歩いていたら遭遇して、

若い衆に紹介してあげました。(普通に道端で会うってことがハーレムの凄さ)

 

「Hip Hop」は知っていて、クール・ハークを知らないのはマズいですから。

 

 

私がNYに来た15年前から、

クール・ハークには、

アフリカ・バンバータとのバースデイDJパーティに呼んでもらったり、

いろいろお世話になっています。

クール・ハークのシスタCindy。ご存知、この人もHipHop誕生の重要人物。

 

 

(13年前、若い)

 

 

(15年前、さらに若い、、、)

 

 

サウス・ブロンクスも、

最近では「ソーブロー」なんて、

再開発の人たちに無理やり呼ばれたりしてるけど、

 

サウスブロンクスは、サウスブロンクスと呼んだほうが、

絶対的にCooLです。

 

 

 

 

●NYハーレム案内人 松尾公子 Kimiko Matsuo
NYハーレムの黒人コミュニティにどっぷり浸かって15年の音楽プロモーター、ディレクター、NYコーディネイター、黒人教会ゴスペルクワイヤーメンバー、Harlem Japanese Gospel Choir代表(マクドナルドゴスペルフェスト史上日本人初出場で初優勝など、”日本人初”を次々切り開くパイオニア)。

 

●Kimikoのプロフィールはこちら

 

 

 

★参加したばかりの新参者ですが、よかったらワンクリックお願いします ↓

  人気ブログランキングへ

 

にほんブログ村

 

ジモモ ニューヨーク

 


●コーディネイト、コラム執筆などのご連絡は、harlemtommytour@hotmail.com へどうぞ

●Twitterもどうぞ http://twitter.com/#!/KimikoHarlem

●Facebookもどうぞ https://www.facebook.com/kimiko.matsuo.73

ニューヨークとハーレムと音楽のはなし

作者:KimikoHarlem

ニューヨークとハーレムと音楽のはなし

NYハーレム在住15年の音楽プロモーター&NYコーディネイターのKimikoによる ニューヨークの話、ハーレムの話、音楽の話、好きなもの、気づき、、等を毎日徒然綴っています。

7日 1569 総合 1135 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



KimikoHarlemさん新着記事



過去記事

KimikoHarlemさんへの新着コメント




ニューヨークブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 おもしろおかしのSAKAIのニューヨーク・ブロ~グ
2位 New York美・食・遊のススメ
3位 今日のトミー ~NYハーレム便り~
4位 ニューヨークとハーレムと音楽のはなし
5位 Sew Easy New York
6位 ニューヨークからのエアメール ~ever since~
7位 ニューヨーク・味覚のミラーボール2
8位 自由の女神になりたくて。(New York カメレオン人生)


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?ニューヨークでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録