Welcome!

ニューヨークとハーレムと音楽のはなし

37日前

1980年12月8日、

37年前の今日、

NYマンハッタンの歴史的建造物 ・ 高級コンドミニアム、ダコタハウスの前で、

ジョン・レノンが撃ち殺されました。

 

 

毎年この命日は、

セントラルパーク内のストロベリーフィールズで、

"Imagine - イマジン の碑" を囲んで、

 

 

世界中から来た 知らないもの同士が、

一日中、

夜中まで、

ただただひたすらに、

歌って追悼します。

 

 

ダコタハウスの目の前の公道から、

すでに歌声が聞こえるので、

たとえ場所を知らない人でも、

その声を目指して、

真っ暗闇の中、

ストロベリーフィールズへたどり着けるくらいです。

 

、、、、感動します。

1分程度の短い動画を編集しましたので、是非ご覧ください。

 


写真も映像も、

編集ソフトを駆使して ”最大限に" 明るくしても、この暗さです、、、

 

そう、

実際はほんとに真っ暗で、

 

隣の人が何ジンか、

どんな肌の色か、

年齢も、

防寒具を纏っているので性別さえも、

まったく見えないくらいの暗がりの中で、

 

それぞれが楽器を持ってきたり、

花や写真を持ってきて(胸に抱いて)、

思いをひとつにして、

 

一日中、

入れ替わり立ち代り、、、。

摩天楼の高層ビルの明かりに囲まれた小さな公園で、、、。

 


<37th John Lennon Memorial Day 12/8/2017 @Central Park>

People come from all over the world to sing and pray for the "Peace", especially in this awful leader(president) era...

 


本日 2017年12月8日、

我々ハーレム・ジャパニーズ・ゴスペル・クワイヤー(Harlem Japanese Gospel Choir)が客演の

「Harlem Holiday Live!」 初日が無事終了しました。

 

その後、ストロベリーフィールズに直行し、

この平和を祈る人たちに加わってきました。


上に貼り付けている映像の最後の曲、

ジョンレノンがベトナム戦争を嘆いて作ったという

「Happy Christmas(戦争は終わった)」を、

 

今年、我々ハーレム・ジャパニーズ・ゴスペル・クワイヤー は、

ハーレムの地元黒人の皆さんの前で、日本語で歌います。

 

 

 

エルサレムの首都問題、北朝鮮、核兵器、セクシャルハラスメント、、、etc.

 

人間の争いは絶えないものでしょうか?

イマジンの歌詞を改めて噛み締めて、

 

Happy Christmasを歌って聞いて、

 

みんな笑顔で2017年を締めくくり、

 

新年を迎えることが出来たらいいですね。

 

Amen

 

<関連過去ログ>

ハーレムでホリデーを過ごしてみよう! (2017年12月)

ハーレムのゴスペルミュージカルSOLD OUTで千秋楽 (2016年12月)

ハーレムでゴスペル三昧、ハッピークリスマス! (2016年12月)

ただ今、ゴスペルミュージカルに出演中です。 (2016年12月)

 

 

●NYハーレム案内人 松尾公子 Kimiko Matsuo
NYハーレムの黒人コミュニティにどっぷり浸かって15年の音楽プロモーター、ディレクター、NYコーディネイター、黒人教会ゴスペルクワイヤーメンバー、Harlem Japanese Gospel Choir代表 (2010年マクドナルドゴスペルフェスト史上日本人初出場で初優勝、2014年アメリカの黒人コミュニティより、日本人女性初「ウーマン・オブ・エクセレンス&マン・オブ・ビジョン」受賞など、”日本人初”を次々切り開くパイオニア)。

 

●Kimikoのプロフィールはこちら

 

●大人気のハーレムツアーはこちらから

 

 

●Facebook はこちらから

 

●Twitter は @kimikoharlem でフォローよろしくお願いします

 

●インスタ は@kimikoharlem でフォローよろしくお願いします

 

 

★参加したばかりの新参者ですが、よかったらワンクリックお願いします ↓

人気ブログランキング

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へにほんブログ村

 

ジモモ ニューヨーク

52日前

<2017 APOLLO Amateur Night Final>
 

NYハーレムの中心地で、83年目を迎えたアポロシアター。

 

今年も、

世界中から来た シンガー、ダンサー、ラッパー、コメディアン、ミュージシャン等、
数千人がオーディションを受け、

合格した多才なアマチュア、延べ200人が、毎週この厳しいステージに挑んできましたが、

先日、11月22日がスーパー・トップ・ドッグ。

年間優勝者を決める 2017年度最後のアマチュアナイトショーでした。

 

 

見事、優勝賞金 2万ドル(約220万円)を獲得したのは、、、

 

圧倒的な歌唱力で、「これぞ黒人音楽の殿堂アポロ!」 と納得の、ミッシェル・ブルックス嬢でした。

 

★ アドリブと高音バリバリ、ソウルフルでパワフルな

I have nothing (By ホイットニー・ヒューストン)を、ダイジェストでどうぞお聞き下さい ↓

 

 

悲願の優勝、ミッシェル。

というのも、

前にこのブログでもご紹介した、全米放送の人気オーディション番組「The Voice ザ・ヴォイス」で、

惜しいところで優勝を逃した彼女は、今回どうしてもアポロで優勝したい!という強い思いがあったそうです。

 

(テレビ番組でも圧倒的な歌唱力で審査員をうならせたミッシェル・ブルックス ↓)

 

 

そして、

5歳から17歳までの子供のコーナー「スターズ・オブ・トゥモロー Stars of Tomorrow」 の年間優勝者は、

 

★大人にはまねできない、心が洗われるような澄み切った高音で、

Who's Loving You (By マイケル・ジャクソン~ジャクソン5) を熱唱 した10歳のウィリアム・アレクサンダー君 ↓

 

3階席まで満席のアポロシアターで、

大人のコーナー優勝賞金2万ドル (約220万円)、

子供のコーナー優勝賞金5千ドル (約55万円)の小切手が、

エグゼクティブプロデューサーより手渡され、

 

2017年度 アマチュアナイトは幕を降ろしました。

 

世界中から夢を叶えにやってくるアーティストを、100% 誠意で支えてくれるアポロスタッフの皆様、

1年間有難うございました。

 

 

 

 

今年も弊社ハーレム・ボーカル・ハウスから、多くのアーティストが挑戦しました。

 

すでに、来年出場予定者も続々。

 

 

2018年度版は、来年2月21日からスタートです。
今からでも大丈夫。 我こそはという方、どうぞご連絡下さい!

 


Thank you APOLLO !!
 

<関係過去ログ>

今、全米で人気のオーディション番組といえば、、、(2017年 3月)

 

 

 

●NYハーレム案内人 松尾公子 Kimiko Matsuo
NYハーレムの黒人コミュニティにどっぷり浸かって15年の音楽プロモーター、ディレクター、NYコーディネイター、黒人教会ゴスペルクワイヤーメンバー、Harlem Japanese Gospel Choir代表 (2010年マクドナルドゴスペルフェスト史上日本人初出場で初優勝、2014年アメリカの黒人コミュニティより、日本人女性初「ウーマン・オブ・エクセレンス&マン・オブ・ビジョン」受賞など、”日本人初”を次々切り開くパイオニア)。

 

●Kimikoのプロフィールはこちら

 

●大人気のハーレムツアーはこちらから

 

 

●Facebook はこちらから

 

●Twitter は @kimikoharlem でフォローよろしくお願いします

 

●インスタ は@kimikoharlem でフォローよろしくお願いします

 

 

★参加したばかりの新参者ですが、よかったらワンクリックお願いします ↓

人気ブログランキング

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へにほんブログ村

 

ジモモ ニューヨーク

81日前


ものまねの人気スター青木隆治さんが、

世界の黒人音楽の殿堂アポロシアターで、

女性でも高音が難しいといわれる ホイットニー・ヒューストンの

「 I will always love you」を歌って、

世界からの観客が大興奮、スタンディングオベーションでした。

 

日本からTV密着も、

そしてアメリカの新聞も取材して下さったので、

そのうち皆さんもご覧いただけるのではないかと思います、

どうぞお楽しみに★

 

 

マルチタレントの青木隆治さん、

実は、、、以前にダンスでも優勝しました。

 

実力社会のアメリカ。

エンタメ界でも、本当に実力のある人が評価されます。

 

日本では数少ない、歌も踊りもハイレベルでこなすMr. Ryuji Aokiなら、

歌って、踊って、

時にはものまね(英語ではインパーソネイター impersonator と言います)も入れて、

多才なアーティストだからこそ出来る本場アメリカでのエンターテイメントShowも、

このアポロでの実績をもって、今後は期待できそうです。

 

 

6月から、弊社ハーレムボーカルハウスにて、歌のトレーニング、

そしてNYコーディネイトも、私くしのほうで担当させて頂きました。

 

お洒落で、とっても礼儀正しくて面白くて、

芸に対して物凄く真摯でまじめ、

素敵なイケメン男子で私ももはや大ファンです。

 

皆さん、是非これからも世界で活躍する青木隆治さんを一緒に応援しましょうね。

 

 

アメリカの新聞社にてインタビューを受ける青木隆治さん

(インタビューを受ける姿をさらに撮影する日本の密着テレビ、取材の取材、笑)

 

某テレビ局アメリカの社長ご夫妻とも、フライベートで会食して頂きました。

有難うございました。

 

 


青木隆治さんのオフィシャルインスタグラムより ↓

 

 

 

 

●NYハーレム案内人 松尾公子 Kimiko Matsuo
NYハーレムの黒人コミュニティにどっぷり浸かって15年の音楽プロモーター、ディレクター、NYコーディネイター、黒人教会ゴスペルクワイヤーメンバー、Harlem Japanese Gospel Choir代表 (2010年マクドナルドゴスペルフェスト史上日本人初出場で初優勝、2014年アメリカの黒人コミュニティより、日本人女性初「ウーマン・オブ・エクセレンス&マン・オブ・ビジョン」受賞など、”日本人初”を次々切り開くパイオニア)。

 

●Kimikoのプロフィールはこちら

 

●大人気のハーレムツアーはこちらから

 

 

●Facebook はこちらから

 

●Twitter は @kimikoharlem でフォローよろしくお願いします

 

●インスタ は@kimikoharlem でフォローよろしくお願いします

 

 

★参加したばかりの新参者ですが、よかったらワンクリックお願いします ↓

人気ブログランキング

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へにほんブログ村

 

ジモモ ニューヨーク

83日前

 

.日本のゴスペルの母、亀渕友香さんの訃報にNYでも悲しみに暮れています。

 

NYハーレムでもっとも有名な日本人 トミー富田さんと40年来の竹馬の友で、

NYでも沢山の笑顔と繋がりを頂きました。

 

弊社ハーレム・ボーカル・ハウスに、

CHICAGOに出る米倉涼子さんや、

はるな愛さん 他、

日本の第一線で活躍される方々をご紹介下さったのも亀渕友香さんでした。

 


ゴスペルシンガーとして知られている友香さん、

 

実はNYに来ると、

 

「いいジャズが聴きたい、どこか連れてって下さい」

 

といつも出発前の日本から連絡いただいていました。

 


 

上の写真は確か2004年ハーレムの老舗ジャズクラブ、

再開発のため取り壊されて、今は跡形も無い「レノックス・ラウンジ」にて。


「大好きなジャズ、まだ私には畏れ多いと思ってきたけど、

60歳になってやっとそろそろいいのではと思い始めて、、、」


とおっしゃるので、

 

ビリーホリデーが通っていたという有名なゼブラルーム(ジャズ室)で、

 

デュークエリントバンドのメンバーの演奏に、

飛び入りで、

(トミーさんパワーでねじ込んで) 1曲歌っていただいた時の貴重な写真です。

 


謙虚で強くて、優しくて毒舌で、、全ての素敵な面を持ち合わせている女性でした。

 

 

今年5月に、

世界的に有名なクラシックの殿堂「NYカーネギーホール」で

ゴスペルコンサートを実現された時も、

 

 

 

「いいジャズに連れて行ってください」

 

と日本からじきじきに電話をいただいてましたが、

 

今回14時間フライトはさすがに体力を消耗されたようで、

 

あんなに楽しみにしていたジャズには行けないほどでした。。。。。

 

 

闘病のことはお聞きしており、

 

ステージ上では100%元気な姿でゴスペルを歌い上げる友香さんに感動したばかりでした。

 


NY5番街の、

大好きなヘンリベンデルだけはどうしても行かないと、、、

 

と、店内では体をさすりながらも満面笑顔でした。

 


これからヘンリベンデルの前を通ると、

沢山バッグを抱えていた、あの少女のような可愛らしい笑顔をずっと思い出しそうです。

 


「来年も絶対に会おうね」

 

と、逆にトミーさんのことを心配してくださって、

 

力強く手を握ってハグしてお別れしたばかりだったのに、、、、

 


R.I.P. ~どうぞ安らかに。。。 

トミー富田、松尾公子

 

 

<過去ログ>

最高に格好イイ日本人、米倉涼子さん NYブロードウェイCHICAGO再演 (2017年 7月)

 

必見!今夜9時放送、日テレ「深イイ話」はNYの話  (2015年8月)

 

日本のゴスペルの母、NYの中心カーネギーホールに立つ。(2017年 6月)

 

JAZZの巨匠、ゴスペルの母、ニューヨーク (2017年 6月)

 

 

 

 

●NYハーレム案内人 松尾公子 Kimiko Matsuo
NYハーレムの黒人コミュニティにどっぷり浸かって15年の音楽プロモーター、ディレクター、NYコーディネイター、黒人教会ゴスペルクワイヤーメンバー、Harlem Japanese Gospel Choir代表 (2010年マクドナルドゴスペルフェスト史上日本人初出場で初優勝、2014年アメリカの黒人コミュニティより、日本人女性初「ウーマン・オブ・エクセレンス&マン・オブ・ビジョン」受賞など、”日本人初”を次々切り開くパイオニア)。

 

●Kimikoのプロフィールはこちら

 

●大人気のハーレムツアーはこちらから

 

 

●Facebook はこちらから

 

●Twitter は @kimikoharlem でフォローよろしくお願いします

 

●インスタ は@kimikoharlem でフォローよろしくお願いします

 

 

★参加したばかりの新参者ですが、よかったらワンクリックお願いします ↓

人気ブログランキング

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へにほんブログ村

 

ジモモ ニューヨーク

105日前

※毎日たくさんの楽しいお仕事を頂き、すっかりブログを放置しております(汗)、、、が、

Facebook (Kimiko Matsuo) または、

最近始めたインスタ @kimikoharlem 

のほうがまだもう少しはましにUPしてますので、よかったらどうぞフォロー下さいませm(_ _)m

 

 

さて、表題にいきなり記しましたが、

 

手前味噌ながら、お陰様で、

「ニューヨークのゴスペル、ハーレムのゴスペルといえば 松尾公子、ハーレムのKimikoさん」

と言っていただけるようになり 早数年となりました。

皆様、本当に有難うございます。

 

毎日毎日たくさんの方々へ、

真のゴスペル(Good News)を、色々な形でご紹介させていただきたく、奔走しています。

 

真のゴスペルとは、

エンターテイメントではないということ。

 

紹介の仕方は、

ゴスペルツアー という形であったり、
http://tommytomita.com/gospel.html

 

雑誌やテレビ・ラジオなどの、メディアを通してであったり、

https://ameblo.jp/harlemusic/entry-12296750378.html

 

毎週ハーレムの教会で開催している ゴスペルワークショップ という形であったり、、

http://harlemtour.fc2web.com/gospelwork.html

 

そして、

現在、代表を務めておりますハーレム・ジャパニーズ・ゴスペル・クワイヤー だったり、、、

http://harlemtour.fc2web.com/hjgc.html

 

そうやってゴスペルと歩みながら、

また自分自身も黒人教会の正式メンバーとして、15年、毎週ゴスペルを歌いながら、

本当にたくさんの嬉しいミラクルを体験しています。

 

 

Good News、福音 のことをゴスペルといいます。

ゴスペルはただ単に「歌」ではありません。

中心はいつも”神様”です。

 

これが、

「私が」、「俺が」という、

英語で言うと 「I 、アイ、 パーソンPerson」、

”自分”が中心だと、ゴスペルではなく普通の「歌」になってしまいます。

 

自分が中心というのは、

ゴスペルで「自分が」有名になろう、とか、、、

エンターテイメント化して、Good Newsを伝えることから離れていくこと。

 

 

祈って、信じて、ゆだねることができることで、すべてがラクになります。

この激動のニューヨーク生活で、ゴスペルがなかったら

心がズタズタだったかもしれません。

 

 

自分を前面に出すようなことなく、

ただただ、日々学んで、歌って、伝えて、コツコツ続けていると、、、

 

こんな私でも、

ニューヨーク・ハーレムのゴスペルといえば、、、、

と言っていただけるようになりました、

これこそがもうゴスペルミラクル。

 

今日もまたひとつ、嬉しいお話をいただき、

感謝の気持ちを込めてこのブログを書いています。

 

 

 

ミラクルといえば、

 

世界のクラシックの殿堂といわれる、NYのカーネギー大ホールで

GOSPELを歌った公式映像が、YoutubeにUPされていました。

 

 

東日本大震災の時、

最愛の家族が天国に旅立ったとき、

何でもない日常のとき、、、

 

神様へ心の叫びをぶつけ、

助けを求め、

感謝し、

いつ歌っても涙がこぼれる(溢れる)、

大切な偉大なゴスペル曲「トータル・プレイズ」。

 

この曲を作ったリチャード・スモールウッド本人の演奏で、

ゴスペル界の大御所である ドニー・マクラーキンやビービー・ワイナンズ等のリードで、

3000人の観衆の前で歌った時の公式映像です。

 

 

グラミー賞を5回も受賞しているソウルの女王、

ホイットニー・ヒューストンの従兄弟としても有名な

ディオンヌ・ワーウィックの後ろでも歌わせていただきました。

 

 

 

クワイヤーは一般公募されず、

ニューヨーク・ニュージャージーの教会から召集され、

我々Harlem Japanese Gospel Choirも、

唯一の日本人として心を尽くして賛美しました。

 

最高の夜でした。。。

 

ゴスペルミラクル。

皆さんもゴスペルを歌ってみませんか?

 

 

 

<関連過去ログ>
ゴスペル界、クラシック界のトップスター達とステージに立った日。 (2016年12月)

 

今年も世界のカーネギー大ホールに出演します! (2016年11月)

 

 

 

 

 

●NYハーレム案内人 松尾公子 Kimiko Matsuo
NYハーレムの黒人コミュニティにどっぷり浸かって15年の音楽プロモーター、ディレクター、NYコーディネイター、黒人教会ゴスペルクワイヤーメンバー、Harlem Japanese Gospel Choir代表 (2010年マクドナルドゴスペルフェスト史上日本人初出場で初優勝、2014年アメリカの黒人コミュニティより、日本人女性初「ウーマン・オブ・エクセレンス&マン・オブ・ビジョン」受賞など、”日本人初”を次々切り開くパイオニア)。

 

●Kimikoのプロフィールはこちら

 

●大人気のハーレムツアーはこちらから

 

 

●Facebook はこちらから

 

●Twitter は @kimikoharlem でフォローよろしくお願いします

 

●インスタ は@kimikoharlem でフォローよろしくお願いします

 

 

★参加したばかりの新参者ですが、よかったらワンクリックお願いします ↓

人気ブログランキング

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へにほんブログ村

 

ジモモ ニューヨーク

ニューヨークとハーレムと音楽のはなし

作者:KimikoHarlem

ニューヨークとハーレムと音楽のはなし

NYハーレム在住15年の音楽プロモーター&NYコーディネイターのKimikoによる ニューヨークの話、ハーレムの話、音楽の話、好きなもの、気づき、、等を毎日徒然綴っています。

7日 2352 総合 1615 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



KimikoHarlemさん新着記事



過去記事

KimikoHarlemさんへの新着コメント




ニューヨークブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 おもしろおかしのSAKAIのニューヨーク・ブロ~グ
2位 Sew Easy New York
3位 ニューヨークとハーレムと音楽のはなし
4位 New York美・食・遊のススメ
5位 今日のトミー ~NYハーレム便り~
6位 taku`s blog
7位 K'z ニューヨーク便り
8位 自由の女神になりたくて。(New York カメレオン人生)


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?ニューヨークでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録