Welcome!

スローファッション by Asuka.M.Style

73日前

ゼロ ウェイスト ライフスタイルショップ

PACKAGE FREE がニューヨークにオープン!

ニューヨークのウィリアムズバーグに、PACKAGE FREE (パッケージフリー)というお店が10月に常設店としてリオープンしました!

PACKAGE FREE はゼロウェイスト(ゴミを出さない)ライフスタイルを提案しているお店で、ゼロウェイスト運動のパイオニアの2人、ローレン・シンガーさんとダニエル・シルバースティンさんによって立ち上げられました。
 
ローレン・シンガーさんは、4年間のゴミを1つのメイソンジャーに収めた女性としてご存知の方もいらっしゃるかもしれません。
 
 

This mason jar is over four years of my trash. It has been an amazing journey and I am still learning everyday new ways to reduce my waste. I believe that anyone, regardless of who they are, what they do, how much money they have, or what they believe in, can take simple steps to reduce their waste. And it's not just individuals, or families, or communities. Businesses too can reduce their waste to go Zero Waste. My company, The Simply Co., is committed to zero waste, and now certain facilities of even larger companies, like @Ford, are doing the same. Ford announced that their Rogue Center is now zero waste to landfill, which reduced their landfill waste by more than 14 million each year. I hope more companies can take steps to reduce their waste and contribute to a more sustainable future. #ad #butseriouslythisisawesome

A post shared by Trash Is For Tossers (@trashisfortossers) on

 

彼女のブログ、Trash Is For Tossersでは掃除、洗濯から食事まで、ゼロウェイストなライフスタイルを簡単に始める方法をたくさん紹介されています。

 

ダニエル・シルバースティンさんは、zero waste danielの創始者で、デザイナーです。zero waste danielの洋服は、本来捨てられてしまう布の端切れを組み合わせて作られています。

(以前、ニューヨーク ジャピオンさんの特集、キレイの達人でご紹介いただいた際に、ダニエル・シルバースティンさんについて触れています)

シンプルなものからカラフルのものまで、洋服を作る過程で出てきてしまった布の端切れが生まれ変わる様子にいつもワクワクさせられます。

 

 

#zwd #itsnottrash #manufacturenewyork #zerowaste

A post shared by zwd (@zerowastedaniel) on

 

ウエディングドレスもウエディングドレスキラキラ

 

 

そんな魅力溢れる二人が手がけたPACKAGE FREE。

ゼロウェイストのライフスタイルを始めたい方にもぴったりのお店、近くにいらっしゃった際にぜひ訪れてみてはいかがでしょうか✨?

 

PACKAGE FREE

ウェブサイト:https://packagefreeshop.com/

場所:137 Grand Street
   Brooklyn, NY 11249

 

Asuka

 

ご質問やご感想などこちらからお送りください。

こんなことを書いてほしいというご提案もお待ちしています!

共感いただけたらぜひご家族やお友達にシェアしてくださいキラキラ

 

フォローいただけますと、いち早く更新情報を受け取ることができます!

Facebook: Asuka.M.Style

Instagram: @asuka.m.style

Twitter: @asuka_m_style

99日前

Uncoverd サステナブル ファッション集: おしゃれでサステナブルなお買い物ガイド

 

環境に優しいことや社会貢献できるようなお買い物をしたいけれど、

どこから始めたら良いかわからなかったり、

"サステナブル ファッション"という言葉を聞いたことはあるけれど、

具体的にどのようなものかわからなかったり、

自分では何かわかっているけれど、

友達や家族にどこから話して良いかわからなくて困ったことはありませんか?

 

サステナブルでファッショナブルな未来を信じるブランド、Uncoverd (アンカバード) が

そんな悩みを解決してくれる、サステナビリティー ガイドを発表しました!

 

Uncoverdの サステナビリティー ガイド は、

私たちのクローゼットにかかっている洋服を維持しながら役に立つ方法や

洋服の買いすぎを防ぐ方法など、簡単なコツを紹介しながら、

私たちが環境にポジティブな影響を与える後押しをしてくれます。

 

 

なぜファッションのサステナビリティーが大切なのか、

そしてポジティブな影響を与える簡単な方法とは何か、

下記のUncoverd Sustainability Guideのリンクから

たくさんの学びと発見があると思いますのでぜひご覧ください! 

Uncovered Sustainability Guide

*現在英語版のみです。日本語版もぜひ作って欲しいというご要望がございましたら、

こちらからご連絡ください。あなたの代わりにUncoverdにリクエストをお伝えします!

 

 

今回、Uncoverdのサステナビリティーの一環として、

サステナブル ファッション集のキュレーションを担当させていただきました!

リサイクル ゴールドを使い、ニューヨークで作られたジュエリーから

伝統的なデザインと近代的なデザインを掛け合わせたジャケットまで、

Uncoverdは世界中から美しい洋服を集めています。

 

今回セレクトさせていただいた、Uncoverd サステナブル ファッション集は

こちらから見て、学んで、そしてストーリーをお買い物していただけます!

 

Uncoverdで初めてオンライン購入をされる方は、

クーポンコード UNCOVERDAM をご利用いただくと、

合計額より$25割引となります! ぜひご利用くださいキラキラ

 

 

サステナブル ファッション集の洋服を使ったコーディネートのアイディアは

下記リンクからご覧いただけます。

A Fashionable Sustainable Way Forward

 

 

Uncoverd. クリエイティブ ディレクター Schuanne Cappel

 

Uncoverd は、ニューヨークのファッション スタイリスト Schuanne Cappelの

1年に渡る世界旅行から始まりました。文化を象徴し、丹念に作られたユニークなデザイナーの服やアクセサリーを集めるため、世界中をリサーチしています。ほとんどのアイテムは数に限りがあり、見つけるのが難しく、多くが他にはないものです。中には雑誌ELLE、The New York Times、HARPERS BAZAARをはじめとするメディアに取り上げられたブランドもあります。

 


自身や世界の文化に対して私たちが意識や理解していることを高め、前向きな考えのデザインの生産の持続性をインスパイアーし、そして環境の維持にポジティブな影響を与える洋服やアクセサリーを私たちのクローゼットに足すことは私の中でとても大切なことです。言い換えれば、私は大切な私たちの生活に洋服やアクセサリーを足していきたいということです。

ー Schuanne Cappel
 

 

UncoverdとSchuanne Cappelについてもっと知るには下記のリンクをご覧ください。

ウェブサイト:Uncoverd.

 

 

ご質問やご感想などこちらからお送りください。

こんなことを書いてほしいというご提案もお待ちしています!

共感いただけたらぜひお友達にシェアしてくださいキラキラ

 

フォローいただけますと、いち早く更新情報を受け取ることができます!

Facebook: Asuka.M.Style

Instagram: @asuka.m.style

Twitter: @asuka_m_style

 

Asuka

 

 

-*Asuka.M.Styleは世界にポジティブな影響を与える方とのみパートナーを組んでいます。

彼らのブランドでお買い物をすることでAsuka.M.Styleをご支援いただきありがとうございます!*-

115日前

良い靴があなたの世界を広げる!

 

靴を選ぶとき、どんなことを考えていますか?

履かないと外出できないから仕方なく履いていますか?

それとも何か特別な思いがあって履いていますか?

 

私は、良い靴を選ぶことであなたの世界が広がると信じています。

なぜ靴が大切なのか、靴に関する名言と共に考えてみましょう。

 

なぜ良い靴が世界を広げるのか?

 

アドヴァンスド・スタイルでもお馴染みの世界最高齢のファッション アイコン、アイリス・アプフェルの名言。


きちんとしたヘアスタイルで良い靴を履いていれば、なんでも乗り越えられる
ーアイリス・アプフェル
 

 

出かける前に急いでいる時、何を優先していますか?寝起きの髪の毛のまま履き潰した靴を履いていたら、その二つが全体のイメージを悪くしているかもしれません。髪を適度に整え、良い靴を履き、シンプルな服を着て余裕があれば最低限のメイクをすれば、まとまったイメージの完成です! 急いでいるときにぜひお試しください。

 

フランス生まれのシューデザイナー ロジェ・ヴィヴィエの名言。

 


あなたの足に夢を履かせることは、あなたの夢に現実味を与えること
ーロジェ・ヴィヴィエ
 

 

この名言は身につけるもの全てに当てはまると思います。夢を叶える大切な鍵は、その夢に見合う装いから。どこから始めたら良いかお悩みの方、ぜひご相談ください! 夢を叶えたい女性を応援しています!

 

自分に合う素敵な靴を見つける方法

 

あなたのお気に入りの靴を思い浮かべてみてください。

買う!と決めたとき、何がポイントでしたか?

 

物を買うとき、たくさんの選択肢の中からなぜそれを選んだのか、

理由があると思います。

 

靴に関していえば、形、歩きやすさ、履き心地、色、素材、価格、

合わせたい服がある、など理由は様々。

 

様々な理由があると思いますが、悩んだ時に取り入れたい3つの方法を提案したいと思います。

 

 

  1. サイズが合い、脚を綺麗に見せてくれる靴
    履く人によって靴の見え方が変わります。それは人によって足のサイズ、幅、脚の形などが異なるからです。あなたの脚を綺麗に見せてくれる形と素材の靴を選んでみましょう。
     
  2. 足が痛むことなく歩き回れる
    履いているうちに足が痛くなってくると、その場を楽しむことができなくなってしまいます。特に大切なイベントの為に靴を買う場合は、何度か履いてみて、靴を履き慣らしてからその日を迎えるようにしましょう。
     
  3. エシカルな素材で作られている。
    ヴィーガンシューズ(革素材でない靴)や熟練した職人によって作られた靴は、動物や環境に優しく、履いていて心地良く、伝統的なデザインが施されていたりと、より一層特別感が増します!
    ヴィーガンシューズかそうでないか、下の表記を使って見極めることができます。
     

 

上の画像は靴の部位の表記、下の画像が靴に使われている素材の表記です。上下の表記の組み合わせで、どの部位にどの素材が使われているかを知ることができます。

 

 

革素材を使っていないヴィーガンシューズは、右側二つのテキスタイル、あるいは他の素材という表記がされています。分かりにくい場合は、お店の方に聞いてみたり、ウェブサイトをみてみることでどのような素材で作られているかやどこで作られているかなど、靴のストーリーがわかるのもまた一つの楽しみですね!

 

この3つの方法で自分に合う良い靴を見つけ、世界を広げ、夢へ一歩近くお手伝いができていると嬉しいです!

 

 

ご質問やご感想などこちらからお送りください。

こんなことを書いてほしいというご提案もお待ちしています!

ぜひお友達にシェアしてくださいキラキラ

 

フォローいただけますと、いち早く更新情報を受け取ることができます!

Facebook: Asuka.M.Style

Instagram: @asuka.m.style

Twitter: @asuka_m_style

 

 

写真

シューズ: BHAVA Ali Mule
ロングスカート: Vintage

 

シューズ: BHAVA Ali Mule
デニム: #30wears

 

BHAVAの創始者のフランシスカ・ピネダは、エシカルファッションアカデミーの創始者でもあります。

昨年参加してたくさんの発見があったエシカルファッションアカデミー主催のエコツアーの様子はこちらから: エコ・リビング編ビューティー編

 

こだわりを持って作られたヴィーガンシューズを国際発送されているのも嬉しいですね!

BHAVA$30の割引券はこちらから。

 

Asuka

 

 

*名言の訳は意訳です。英語の表記はこちらから

 

151日前

エコセッションズ:ファッション x 気候  

クライメート ウィーク ニューヨーク 2017

 

9月18日から24日の期間、ニューヨークでは クライメート ウィーク ニューヨーク (Climate Week NYC) が開催されています。

 

このClimate Week NYCはパリ協定の実施と、国連の持続可能な開発目標の達成を支援する、気候に関連のあるイベントが開かれる期間で、セミナーからコンサートまで様々なイベントが行われています。昨年は100を超えるイベントが開催されたそうです!

 

ファッションと気候の関係、そして私たちにできることを学ぶため、20日の朝に開催された エコセッションズ:ファッション x 気候 のイベントに参加してきました。

 

 

司会

MAGNIFECO、ECOSESSIONS創設者

ケイト ブラック

登壇者 (左から)

ZADY 共同創設者、CEO

マキシーン ベーダット

H&M サステナビリティー ビジネスコントローラー

ヴァネッサ ロスチャイルド

Mara Hoffman 社長兼デザイナー、クリエイティブディレクター

マーラ ホフマン

World Resources Institute

ネイト エイデン

 

ファッションを通して環境に良い変化を起こすのに、何が一番大切か?という問いに、イベントの参加者の答えは、生産過程 48%、素材42%、消費者8%、残りがその他という結果だったそうです。そこで、生産者として何に焦点を当てているか、消費者にも責任があるのか、という問いからパネルディスカッションが始まりました。

 

ZADYのマキシーンさんは、洋服のスタイルを含め、長いこと着ることができる洋服とは何かということを念頭に、何年経っても着る時にワクワクするような洋服を作っています。土がとても大切だと考えており、良い土を作ることを含め、THE NEW STANDARD(新しい基準)として、様々な取り組みをされています。

消費者の意識も、大量に買うことではなく、質の良いものを選ぶ方向に文化的な変化が始まっているように感じる、とおっしゃっていましたが、その一方で、東洋で今も大量買いすることを良しとする国もあるので、それはただ西洋だけの変化なのではないか?という厳しい指摘もありました。プレッシャーを感じずに、できることから楽しみながら洋服への向き合い方を変えていくことをおすすめされています。

 

H&Mのヴァネッサさんは、消費者だけでなく、作り手にも環境への責任があると考えており、H&Mグループは2040年までに環境に良い生産システムに移行する予定だそう。2040年というと20年以上先なので、かなり遠い未来だな、、、と私だけでなく会場の多くの方も感じていたようで、「なぜそんなに時間がかかるのですか?」という質問に、「H&Mグループはたくさんのブランドを抱えているため、時間がかかります」とおっしゃっていました。2030年までにはおおよそ終わる予定だそうですが、完全に終わるのが2040年なのだそうです。準備は進められているようで、全ての工場の屋根にソーラーパネルをつけるという計画もあるそうです。

H&M 2040年計画(英語)

今回は気候がテーマのため、労働者についてのお話はありませんでしたが、とても気になるところですね。

 

 

World Resources Instituteのネイトさんによると、ファッションで環境に大きな影響を与えているのは主に、

1. 生地を作る過程

2. 私たちが購入した服の使い道

にあるそうです。

 

生地や服を作る過程でたくさんのエネルギーが使われていることは想像がつきますが、私たちの服の使い道も環境に影響を与えているというところに驚きました。

具体的に購入した服がどこでエネルギーを使っているかというと、洗濯です。大量の水が使用されるのと、特に熱いお湯で服を洗う場合、水を温めるのにたくさんのエネルギーが使われます。そこで、洗濯の回数を減らしたり、デニムは洗濯の代わりにジップロックに入れて冷凍庫に入れるなど、環境への負荷が少ない方法を推奨されています。

 

Mara Hoffmanは素材にこだわっており、オーガニックコットンやリサイクル素材を使用されています。私たちが購入する全てのものをどのように扱うかが大切で、ネイトさんと同じく、たくさん着て、洗濯回数を減らすことをおすすめされています。

 

このパネルディスカッションで特に気になったのが、ファッションと環境、サステナビリティーを考えた時に、ポジティブに考える人と、ネガティブに考える人がいる、とネイトさんがおっしゃっていたこと。

 

ポジティブに考える人というのは、例えば、リサイクル素材で作られた洋服を選ぶとゴミが減る、洋服交換会をするとあなたの着なくなった洋服が誰かのお気に入りとして大切に使ってもらえる、など、選択や使い道によってポジティブな変化があると考える、行動する人のこと。

ネガティブに考える人というのは、例えば、化学繊維の商品は不要になって捨てられた時にゴミとして何百年も残ってしまうから買ったらダメ!など、〇〇は良くない、〇〇はしてはいけない、といろんなことに制限をかけ、ネガティブな考え方で変化を起こそうとする人。

 

どちらの考えもわかるのですが、ネガティブに考えるとたくさんの制限で苦しくなってしまうので、ポジティブに捉え、できることから、楽しみながら洋服を選んだり、着たりするというのが一番だと思います! 

 

私たちにできることから少しずつ変えていき、今後サステナブルな方法で作られた服やものが増えていくと良いですね!

 

 

Asuka

 

ソーシャルメディアでもニューヨークのサステナブルファッションや気になる記事などを紹介しています! 

Twitter: @asuka_m_style

Instagram: @asuka.m.style

Facebook: Asuka.M.Style

170日前

ニューヨーク サステナブルファッションクラブ

 

先週、第1回のニューヨーク サステナブルファッションクラブ の集まりがありました!

モデル、デジタルマーケター、デザイナーや美容家 と、他にも様々な分野で サステナブルに関連する活動をされている方や、これから何かしたいと動き始めた方と集まって、私たちにどんなことができるか話し合いました。

それぞれの強みを活かして参加型の楽しい活動を思案中!

新しいお知らせをお楽しみに✨


こんなことができたら、こんなイベントがあったら楽しそう、というアイディアも大募集!

スローファッション by Asuka.M.Style

作者:Asuka.M.Style

スローファッション by Asuka.M.Style

モノがあふれているこの時代。もしも自分が選んだモノで遠い国の誰かが今より少し幸せになれ、大切なものを後世に残すことができ、自分にも素敵な変化が起こるとしたら…?ちょっとだけ、今までとモノの選び方を変えてみませんか。

7日 22 総合 104 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



Asuka.M.Styleさん新着記事



過去記事

Asuka.M.Styleさんへの新着コメント




ニューヨークブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 おもしろおかしのSAKAIのニューヨーク・ブロ~グ
2位 New York美・食・遊のススメ
3位 今日のトミー ~NYハーレム便り~
4位 Sew Easy New York
5位 ニューヨークとハーレムと音楽のはなし
6位 ニューヨーク・味覚のミラーボール2
7位 ニューヨークからのエアメール ~ever since~
8位 自由の女神になりたくて。(New York カメレオン人生)


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?ニューヨークでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録