Welcome!

スローファッション by Asuka.M.Style

36日前

私の洋服を作ったのは誰? 

ファッションレボリューションに参加しよう!

 

2013年4月24日、バングラデシュの首都・ダッカ近郊にあるラナ・プラザ」ビルが崩落し、1,138名の衣料労働者がなくなり、2500人以上が負傷しました。ビルの崩壊は自然災害ではなく、安全管理がきちんとなされていないために起こった事故です。このビルには、ヨーロッパの大手ファッションメーカーが多く入っており、その安全管理が疑問視されました。

この事故から劣悪な労働環境やずさんな安全管理が明らかとなり、今ファッション産業のあり方が問い直されています。

 

事故から4年がたった今、まだまだ改善すべき点がたくさんあります。

 

The True Cost – Official Trailer from Life Is My Movie Entertainment on Vimeo.

 

ファッション・レボリューションとは、FashionRevolution.org が2014年から主催している国際的なキャンペーンで、ラナプラザのような悲劇を二度と起こさないために、私たちにできることを考え直そうという目的で始まりました。

 

 

ファッションレボリューションに参加しよう!

 

Fashion Revolution Day Be Curious

Be Curious.

 

あなたの洋服がどのように作られたのか、考えたことはありますか?

もしもそれがわかったら、洋服を作ってくれた方への感謝の気持ちがわき、あなたの洋服がもっと好きになると思います!

 

ファッションの真実:

 

1枚のTシャツを作るのに2720リットルの水が必要です。

これは私たちがおよそ3年間で飲む水の量に値します。

 

219のブランドを調査してわかったのは、

衣料労働者に最低労働費以上を支払えていると確認できたのは

たったの12%だということ。

 

もっとファッションの真実を知るにはここから

 

 

Fashion Revolution Day Find Out

Find Out.

 

俳優さんやモデルさんたちも参加中のムーブメント #WhoMadeMyClothes ?

 

お気に入りの洋服のラベルを見せて、

ブランドに #WhoMadeMyClothes ?と聞いてみよう!

 

#WhoMadeMyClothesを使って投稿された写真は@fashionrevolutionjapanにてリポストされるかも!?

 

 

Fashion Revolution Day Do Something

Do Something.

 

捨てられた洋服の95%はリサイクル、アップサイクルが可能なもの。

 

消費者として、私たちには力があります。私たちがトレンドの操縦者で、何かを購入するたびに私たちのお財布で投票をしています。私たちが話せば、ブランドは聞きます。私たちは消費者として、どのような環境下で誰が私たちの服を作っているのかを知る必要があります。私たちが本当は何に対して支払いをしているのか知る必要があります。私たちは洋服を作っている人が生活をするのに十分な支払いがなされているのか、知る必要があります。そうしなければ私たちは知らず知らずのうちに搾取に加担していることになってしまうのです。

ーファッションレボリューション コ ファウンダー  キャリー・ソマーズ

 

現在世界で65ヶ国以上が参加中のファッションレボリューション。

あなたの近くのイベント情報はこちらから!

 

 

日本では4月22日に原宿で一足先にイベントが開催されたそうです。

 

原宿の"街"をひっくり返せ!

THE TRUE COST 〜ファストファッションの真の代償〜」映画上映、ゲストクロストーク「ファッションってなんだっけ。〜これまでのファッション、これからのファッション」、エシカルファッションブランド紹介、Photo Boothでの撮影会

 

参加された方はぜひ様子を教えてください!

 

 

ニューヨークにいらっしゃる方、ニューヨークでは Thr3efold と Bond Collective 主催のイベントが4月24日(月)に開催されます!

ぜひ会場でお会いしましょう!

 

The road to a completely Ethical Fashion Industry – Fashion Revolution Panel & Pop up event

チケット 前売り $10  当日 $15

6pm 会場

7pm パネラーによるトーク

8:30pm ポップアップショップ

会場には #whomademyclothes フォトブースもあるそうです。

 

イベントのチケット、詳しい情報はこちらから!

 

64日前

写真:riverbluethemovie.eco

ファッションは地球を救うことができるのか? ー 映画「リバーブルー」 ニューヨーク 上映会

 

2017年3月22日、世界水の日に、ファッションと水の関係について考えてみようということで、ニューヨークのブルックリン ファッション デザイン アクセラレーター (BFDA)でファッションと水質汚染をテーマにしたドキュメンタリー映画「リバーブルー」の上映会がありました。

会場のブルックリン ファッション デザイン アクセラレーター。

入り口にはここで作られているエシカルなブランドの洋服が展示されています。

 

 

写真: bkaccelerator.com

 

映画「リバーブルー」では、中国、バングラディシュ、インド、インドネシアの皮革、デニムの染色と労働環境、水質汚染による労働者と住民の健康被害について取り上げられていました。また、染色による世界規模で予測される被害についても触れていました。

改めてこのままのシステムでは危険だということと、自分にできることは何かと考えさせられました。

 

環境問題をテーマにしている映画なのでかなり重たい内容になると思っていたのですが、問題点の指摘だけでなく、現在のテクノロジーを生かした解決策も紹介されていたので、生産者と私たち消費者で未来を良い方向に変えていくことができると希望を持てました。

 

 

上映後にはゲストトークがあり、観客から次々と質問がありました。

 

ゲストトークの中で特に気になったのは、大手のブランドのサステイナビリティー教育の一環としてこのドキュメンタリーを見せたところ、労働者と水質汚染について一番考えて欲しいブランドの上層部が上映終了後にすぐに席を外してしまったというお話。

大手ブラントは儲けに走っているので、現実に目を向けたくない、現在のシステムをお金や労力をかけてわざわざ変えたくないのではないかという予測をされていました。

しかし、労働者や環境のことを考えるシステムに変えること、持続可能なシステムに変えていくことと、利益を失うことはイコールではないので、ブランドが利益を出しながら良い方向にシステムを変えていく方法があるということを理解してもらいたいとおっしゃっていました。

 

今のところ日本での上映予定はまだないようですが、ぜひ見ていただきたい映画の一つです。

 

私たちに今何ができるのか?

まず第一歩は、今持っている洋服を大切にすることだと思います。

 

ミニマルなライフスタイル、「捨てる」ということが流行っているようですが、洋服を購入する際に愛着を持ち、大切にする気持ちがあれば、そもそも大量に捨てる洋服は出てこないと思います。私もティーネイジャーのころは流行に流され、最新のものをたくさん持っているほど良いと思っていた、ということもありました。たくさん購入した事実を変えることはできませんが、大事なことはこのままではいけないと気がついた今、どうするかです。

 

あなたの魅力を最大限に表してくれるものしか買わない、と決めると、洋服への愛着や大切にする気持ちを持てると思います。ぜひお試し下さい。

 

 

RiverBlue – Official Trailer from RiverBlue on Vimeo

 

Asuka

パーソナル スタイル コンサルタント

225日前

エシカルファッションアカデミー主催 ニューヨーク エコツアー ビューティー編


普段は"私をキレイにする エシカルの旅 ニューヨーク" でご案内をする側ですが、
今回はエシカルファッションアカデミー主催のニューヨークエコツアーに
参加者として参加してきました!
前半のエコ リビング編はこちらから。

後半はアニマルフレンドリーでお肌に優しい天然素材を使用した
ニューヨークのビューティーストアへ。

クレド ビューティーはサンフランシスコに本店があり、
ニューヨーク店を今年オープンしたばかりの注目のお店。
お化粧品からフレグランスまで天然素材のもののみを取り揃えています。

クレドビューティーのファウンダー、シャーシはセフォラをアメリカに出店した
セフォラUSAの創起メンバーの一人でもあります。



メイクについてあまりわからないという方も、
商品知識が豊富な店員さんが丁寧にアドバイスをして下さるので安心です。


写真: エシカルファッションアカデミーより


取り扱っている商品だけではなく、お店のインテリアにもこだわっており、
床に使用されている木材もアップサイクルされたものだそうです。



商品だけでなく、細部までこだわっているクレドビューティーは、
ナチュラル思考の方なら必ず訪れたい場所の1つ。


最後に訪れたのはアロマキャンドルや
ヘアー、フェイス、ボディーケア用品を取り扱うレッドフラワー。
店内には日本の温泉からインスパイアーされたという商品も。
ファッションのみならず美容でも日本の美の要素が注目されているんですね!

ファウンダーのヤエルは資生堂でもご活躍されていたそうです。

この日はマネージャーさんからお話を聞く事ができました。


写真: エシカルファッションアカデミーより

レッドフラワーもインテリアにこだわっていて、
パートナーのアダムスは元々建築のデザインをされていたこともあり、
お店の至る所にアップサイクルされたデザインが。
こちらは家具をアップサイクルして作られた棚。



床のタイルにもこだわりがあるのですが、何だかわかりますか?



床のタイルに使われているのは、レッドフラワーさんの商品に使われている素材です!
右端の列の真ん中にあるドミノは、ペットの名前のドミノにちなんだそう。


今回参加された方はヨガのインストラクターや
これからブランドを立ち上げようとされている方、
ビューティーブロガーなど、
皆エシカルファッションやナチュラルビューティーに興味のある方ばかりで、
とても楽しかったです!

参加者の一人、トリシアはニューヨーク在住のビューティーブロガー。
ナチュラルビューティーに興味のある方は
Ni Hao New York!をチェックしてみて下さい!
ニューヨークのグリーンビューティーを中心に
美容やライフスタイルの事まで綴っています。
彼女が撮った美しいビューティープロダクトフォトも楽しみの1つです!
英語が苦手!という方も、
彼女のインスタグラムのギャラリー @nihaonewyork からも
彼女が撮った美しい写真を見ることができます。

今回ツアーに参加してみて、たくさんの方が
エシカルなライフスタイルを取り入れていることを知れて嬉しかったです。
もっともっとこの輪が広がっていくと良いなーと願いながら
今後も活動していきたいと思います☆+*.


Asuka

232日前

エシカルファッションアカデミー主催 ニューヨーク エコツアー - エコ リビング編



いつもは "私をキレイにする エシカルの旅 ニューヨーク" で
ニューヨークにあるエシカルなお店をご紹介する側ですが、
今回は参加者としてエシカルファッションアカデミー主催の
ニューヨーク エコツアーに参加してきました!

エシカルファッションアカデミーのファウンダーで、
ニューヨークエコツアーの主催者のフランシスカは
アニマルフレンドリーなシューズブランドBHAVA
クリエイティブディレクターでもあります。

アシスタントのナターリアは、私が参加を決めた後、
偶然ツアー1週間前の
サフィア ミニーさん 著書 "スローファッション" 出版記念 ニューヨーク イベント
で出会ったマイアミをベースとし、
エコやサステイナブルライフに関するブログを執筆する
Maria Loves Greenのブロガーでした!


まずは今年7月末、8月初めに
リミテッドエディション"Remade in the USA" のポップアップショップ
を開催されたことが記憶に新しい
アイリーン フィッシャー のソーホー店へ。


           写真:エシカルファッションアカデミーより


           写真:エシカルファッションアカデミーより

商品のタグにはそれぞれどのようにして作られたかなどが明記されていました。

お店には日本で手染めされた絞りのスカーフもあり、
日本の伝統が世界で注目されていることを肌で感じました。




お店の所々に、洋服がどのように作られているかなどの豆知識も。

お買い物をしながら洋服が作られたストーリーを知れると、
その洋服がもっと好きになれそうですね!



"洋服についてもっと気にかけるということは、全ての繊維や種、染料を見つめ、
どのようにすればより良くなるかと考える事。
私たちはサステイナビリティーが私たちのエッジになってほしいのではなく、
ユニバーサルになってほしいと思っています。" - アイリーン

彼女の思いをお店の至る所から感じる事ができました。



次に訪れたのは、素材にこだわりのある寝具のお店ココ-マット

                        写真:エシカルファッションアカデミーより

ココ-マットの寝具は、
本店のあるギリシャやヨーロッパの天然素材が使われています。

天然素材というと綿や麻などが頭に浮かぶ思いますが、
ココ-マットではココナッツ繊維、海藻、サボテンなど、
想像もつかなかった素材を使用していて驚きの連続でした!


                        写真:エシカルファッションアカデミーより


           写真:エシカルファッションアカデミーより


           写真:エシカルファッションアカデミーより

100%天然素材で作られるココ-マットさんの寝具。
今回訪れたソーホー店では枕やマットレスに使われている素材に
実際に触れてみる事ができました。




私はいつも洋服やアクセサリーなどを中心にご紹介をしているので、
素材や作る工程にこだわった寝具に触れるのはとても新鮮でした!

良い睡眠は美の秘訣。
優しい素材で丁寧に作られたベッドですと、良質な睡眠が取れそうですね!

温もりのある空間で素材の優しさや作り手のこだわりをたくさん感じました。


次に訪れたのはオルタナティブ アパレルのソーホー店。

オルタナティブ アパレルではオーガニック、
リサイクル生地でつくられたベーシックアイテムを取り扱っています。
  
ウェブサイトでは素材へのこだわりやどこで作られたかなどが紹介されています。


お店ではケニアで作られたアクセサリーにも目が惹かれました!


この日は激しい夕立がありましたが、お店の外に出てみるとキレイな虹が。

ツアーはまだまだ続きます。
次回はエシカルファッションアカデミー主催 エコツアー ビューティー編です!

Asuka

245日前



サフィア ミニーさん 著書 ”スローファション"  出版記念 ニューヨーク イベント


 私が "サステイナブルファション" という言葉を初めて知ったのは、2012年にニューヨークのFIT (ファッション工科大学) で Sustainable Design Entrepreneur というコースに出会った時でした。Sustainableを日本語に訳すと「持続可能な」と言う意味なのですが、それだけではどのようなデザインなのか想像もつかなかったので、いろいろと言葉を変えながら探してみたところ、サフィア ミニー さんの著書 "Naked Fashion" (日本語版 タイトル 「おしゃれなエコのハローワーク」)に出会いました。当時ニューヨークにいたということと、原文が読みたかったので英語版を手に入れ、読み進めていくうちに、私たちが毎日オシャレを楽しんでいる裏には、過酷な労働環境で洋服を作っている人たちがいるという事実を知りました。とても悲しくなったと同時に、この状況をなんとかしたい!という気持ちがわき上がったのを今でも覚えています。

 本 "Naked Fashion"の中では過酷な労働環境の現状、そしてその状況を改善するためにミニーさんが実際に取り組まれていること、フェアトレードのこと、そして他にも同じ思いで活動をされている方、ブランドさんがたくさん取り上げられています。この本から素敵な活動をされている方がたくさんいらっしゃることを知れて嬉しかったです。

 サフィア ミニーさんの本に出会ったことが大きなきっかけの1つとなり、現在フェアトレードやエシカルファッション、サステイナブルファッションについてより多くの方に知っていただけるようパーソナルスタイルコンサルタントとして活動しています。
(イメージコンサルティングとサステイナブルファッションに関するインタビュー記事に関してはこちらをご覧下さい。)



 私の人生を大きく変えるきっかけとなった、サフィア ミニーさんの最新著書が "スローファッション" です。8月5日にニューヨークで出版記念のイベントを開催され、初めてお会いすることができました。日本で開催されるイベントになかなか参加することができず、まさかニューヨークでお会いできると思っていなかったので、本当に嬉しかったです!

 最新本 "スローファッション" は、フェアトレードやエシカルファッション、サステイナブルファッションに馴染みの無い方にもとてもわかりやすく説明がされており、教科書のような堅苦しさもありません。読む方皆に新しい発見のある、大切にとっておきたいおすすめな本です。



 イベントで少しだけ直接お話をさせていただき、サインをいただいて、後ろを振り向くと長蛇の列ができていました!
みなさんもきっとこのチャンスを心待ちにしていたのでしょうね!



 最後にお写真を一緒に撮らせていただきました!
 笑顔が素敵で、短い時間でしたが、お話しから彼女の優しさが伝わってきて、私の今後の励みになりました。

 エシカルファッション、サステイナブルファッション、という言葉を使わなくても、いつかそれが "あたりまえ" となるように、今後もお洋服のスタイリングを通しながら手仕事や伝統的な技法、デザインの魅力などを伝えていきたいと思います。

 何かエシカルファッションを一緒に広める活動のご提案がありましたら、お気軽にソーシャルメディアこちらよりメールでお問い合わせ下さい!


Asuka


サフィア ミニー さんについて
フェアトレード、そしてサステイナブルファッションのパイオニアブランド "ピープルツリー" 代表、エシカルファッションフォーラム、ファッションレボリューションデーの創起メンバー。

スローファッション by Asuka.M.Style

作者:Asuka.M.Style

スローファッション by Asuka.M.Style

モノがあふれているこの時代。もしも自分が選んだモノで遠い国の誰かが今より少し幸せになれ、大切なものを後世に残すことができ、自分にも素敵な変化が起こるとしたら…?ちょっとだけ、今までとモノの選び方を変えてみませんか。

7日 01 総合 69 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



Asuka.M.Styleさん新着記事



過去記事

Asuka.M.Styleさんへの新着コメント




ニューヨークブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 おもしろおかしのSAKAIのニューヨーク・ブロ~グ
2位 New York美・食・遊のススメ
3位 今日のトミー ~NYハーレム便り~
4位 ニューヨークとハーレムと音楽のはなし
5位 自由の女神になりたくて。(New York カメレオン人生)
6位 ニューヨークからのエアメール ~ever since~
7位 Sew Easy New York
8位 ニューヨーク・味覚のミラーボール2


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?ニューヨークでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録