Welcome!

今日のトミー ~NYハーレム便り~

1年以上

by 松尾公子
2月はブラック・ヒストリー・マンス(黒人史月間)。
アメリカの、特にアフリカ系アメリカ人が多く住むエリアでは、様々なイベントが開催されています。

黒人と言っても、そのバックグラウンド(祖先の歴史)はカリブ経由、南米経由、など様々、この黒人史月間では、奴隷としてアメリカに渡来したアフリカの人々の子孫を指すのが一般的のようです。

ということで「アフリカのテイストを入れた格好で来てください」というイベントも多々あり、私も毎年この時期は頭を悩まされながら、それが楽しくもあります。

今回は、私が駆使する3つのパターンをご紹介しましょう。

1) まず、"全身アフリカ衣装で行く"、と決めたら、ハーレムでアフリカ人が経営している洋品店に直行します。スタイルは大きく分けて2種類で、胸元に金糸の華やかな刺繍があるものと、ケンテ柄(オレンジ、緑、黒ベースが代表的)の布でできた服。







女性の場合、身体にフィットしたセクシー系と、ウエストマークの無いゆったり系があります。

80ドル前後で既製品のドレスを購入するもよし、布を選びデザインを相談してオーダーしても1週間くらいで出来上がります。

アフリカでは縫製は代々男性の仕事。サイズはその場ですぐに直してくれます。







2) アフリカテイストを少し入れる時には、ケンテ柄の布を首からスカーフのように長く垂らしたり、頭に巻きつけます。女性の場合、この巻き方がまた実に芸術的なんです。



3) 最もシンプルにアフリカンテイストを出すなら、アフリカのアクセサリーを使います。イヤリング、チョーカー、ブレスレット、など1点が10ドル前後で色々揃い、これだけでも意外とバッチリです(子安貝、アフリカンアメリカンカラー(黒x緑x赤)、レザーものなど様々)。



大切なのは、そのイベントの趣旨や参加メンバーの顔ぶれもよく考えて、リスペクトの気持ちを持って準備することだと思っています。

さあ、今週末、トミーさんは黒のスーツに、ケンテ柄の蝶ネクタイとポケットチーフで、
私は小安貝のチョーカー&ベルト、頭にはターバンを高く巻いて出掛けます


(アフリカのお店については弊社ハーレムウォーキングツアーでもご案内しています)


............................

今日も是非!「応援クリック」お願いしますっ。

有難うございます
............................

ブッキング・コーディネイトは、お気軽に
電話 1-646-410-0786(日本語)
または
harlemtommytour@hotmail.com (日本語)
までお問い合わせください。

......................................

★トミー富田ドットコムへ戻る★

1年以上

by 松尾公子

”北米どこでも24時間日本語チャンネル”の「テレビジャパン」に、またまたトミー富田さんが出演させていただきました。

”テレビジャパンclub”という番組の「キング牧師デー」特集で、ハーレム永住を決め30年以上住み続けているトミーさんのインタビューをしたいと、敏腕女性ディレクターが取材をしてくださいました。

キャスターは、イケメン俳優の辛源(Shingen)さん。
番組プロフィールによると、
「ロンドン出身の日本育ち、韓国と英国のハーフのトライリンガルで、根は関西人。東宝版ミュージカル「RENT」でデビューし、俳優としてNYと日本で活動。これからも日米の橋渡しをしていきたいです。」
だそうです。

↑ 上の画像をクリックするとショートヴァージョンがご覧いただけます

1994年には、アジア人初でキング牧師賞を、
2005年にはアポロシアターより表彰を、
そして昨年3月にはアル・シャープトンのNANよりMan of Vision賞を受賞したトミーさん。

番組中にも登場する約20年前のオフィスでの写真では、デスクの上に黄色い「地球の歩き方」が立ててあるのが見えますが、
この「地球の歩き方NY編」が初めて出版される時、それまでセントラルパークの途中から地図は全てCUTされていて、何の情報も無かったハーレム部分の地図を加え、アポロシアター始め、ハーレム、モーニングサイド地区、ワシントンハイツ地区などを初めて書き加えたのがトミーさんなんですね。


今回は限られた時間での取材でしたが、トミーさんの言いたかったのは。。。。

「自由の国、平等の国といわれる近代のアメリカにおいて、キング牧師が突き破った壁はとても大きく、”I have a Dream"の夢は確実にこの半世紀で前進していますが、
実生活においては、まだまだ区別が存在しており、ハーレムに居るとそういった現場、問題に日常的に触れる機会、話す機会があります。
現実に起きている問題についてコミュニティでパネルディスカッションが行われたり、 子供達への教育の場面も多々あります。
実生活にはあたりまえのように存在していたその区別をアメリカ自体が公に問題にする機会(世の中に取り上げられなかった)がこれまであまり無かったかもしれませんが、ここ数年のうちに、社会問題として大きく浮き彫りになる事件が相次ぎました。
ストリートで日常に行われていたStop & Flisk問題(警察が通行人を呼び止めて尋問し、武器携行の有無を実際に体に触れて検査したりすること。対象の大半が黒人・ラティーノコミュニティ内)が公に取り上げ挙げられたり、
ショーン・ベル、トレイボン・マーティン、マイケル・ブラウン、エリック・ガーナー、、、丸腰であったのに一瞬にして悔しい死を遂げた若者達のことが次々と取り上げられ、改めて人種問題が問われている中での今年のキング牧師デー。
黒人20万人が集まったキング牧師のワシントン行進から50年、
昨年末にはワシントンDCで、知人のアルシャープトン氏の呼びかけにより、”あらゆる肌の色”の人が、「色」ではなく「考え」で一つになり、21世紀の新たなデモ行進も行われたばかりです。

50年前のブラックとかホワイトとか、人の肌の色ではなく、人間としての自由・平等の本質、中味が問われる時代に今やっと入って来ていると感じます。
ということで、白でも黒でもない私のような者もこうして色々なところに呼ばれ意見を求められているんだと思います。」

この1週間は、トミーさんも色々なイベントに引っ張りだこで多少お疲れ気味な中、当日は気温がどんどん低くなり、最後はちょっと口もまわらなくなってきたようでしたが(苦笑)、トミーさん、テレビジャパンの皆さん、お疲れ様でした。


............................

今日も是非!「応援クリック」お願いしますっ。

有難うございます
............................

ブッキング・コーディネイトは、お気軽に
電話 1-646-410-0786(日本語)
または
harlemtommytour@hotmail.com (日本語)
までお問い合わせください。

......................................

★トミー富田ドットコムへ戻る★



1年以上
by 松尾公子
1月15日はキング牧師のお誕生日で、アメリカではこの週の土日月が連休となり、各地で様々なイベントが行われます。
我々ハーレム・ジャパニーズ・ゴスペル・クワイヤーも、2010年以来、毎年ハーレムコミュニティのイベントにゲストとしてご招待いただき、ゴスペルを歌った後、皆で手作りソウルフードを戴きます。

キング牧師の有名な演説「I have a dream」にこんな一文があります。I have a dream that one day on the red hills of Georgia, the sons of former slaves and the sons of former slave owners will be able to sit down together at the table of brotherhood.私には夢がある。それは、いつの日か、ジョージア州の赤土の丘で、かつての奴隷の息子たちとかつての奴隷所有者の息子たちが、兄弟として同じテーブルにつくという夢である。

コミュニティに根ざしたゴスペルクワイヤーとして活動する我々にとって、6年連続で呼んでいただき本当に光栄です。ハーレムの皆さん、どうも有り難うございます。

※ ”MLK"=Dr.Martin Luther King Jr.の略。
アメリカでお誕生日が祝日なのは1月のMLKと、2月のプレジデントデー、そして12月のイエスの誕生日クリスマス、の3日だけ。しかも、個人名が付いた誕生日がナショナルホリデーなのはナントこのキング牧師だけなんですね。

<27th Annual Dr.Martin Luther King Jr.Memorial Concert>
*Harlem Japanese Gospel Choir.
*Dance Theater of Harlem.
*St. John's Baptist Church Praise Dance Ministry
<関連過去ログ>
※エンパイアがアフリカン・アメリカンになる日-part2(2010年1月)
※Dr.Martin Luther King Jr.コンサート(2010年1月)
※ニューヨーク~「キング牧師の日」を前に(2010年1月)
※悲しくも強い、美しき人。ニコール・ベル(2009年1月)
※木曜日、キング牧師の為に歌います (2009年1月)


............................
今日も是非!「応援クリック」お願いしますっ。

有難うございます
............................
ブッキング・コーディネイトは、お気軽に電話 1-646-410-0786(日本語)
またはharlemtommytour@hotmail.com (日本語)
までお問い合わせください。
......................................
★トミー富田ドットコムへ戻る★



1年以上

by 松尾公子

明けましておめでとうございます。

年末はゴスペルツアーやハーレムウォーキングツアーなどなど、お陰様で定員超オーバーで、沢山の方をお断りしてしまうほどの大盛況となりました。
みなさん、どうもありがとうございました。

思い起こせば昨年は、

スーパーボウルでゴスペルを歌わせていただいたり、

黒人コミュニティより表彰いただいたり、

タイムズスクエアの大パーティのステージにもメインゲストとして出演させていただいたり、

また5月には、

グラミー賞常連のブルックリン・タバナクル教会のシンガーズの皆さんと来日、
札幌へ直行し、日本全国から集まったジャパン・マス・クワイヤーの皆さんとリハーサル、
1万人の会場で一緒に歌わせていただいたり、

クリスマスには、

黒人キャストの皆さんと「Soul Nativity」のミュージカルに8公演も客演させていただいたり、、、

etc.etc. ゴスペル関連だけでも、沢山の素晴らしい、貴重な機会をいただけましたこと、心から感謝です。

さて、2015年のテーマは、、、

「今を生きる!」。

今、楽しい。
今、幸せ。
を毎日毎日積み重ねて、
365日一瞬一瞬を悔いなく幸せに生き抜きたいと思います。

ということで「リア充」益々ブログを開く機会が減るかもしれませんが(笑)、今年もどうぞよろしくお願いいたします!!!

ハーレムより愛を込めて~
トミー富田
松尾公子


............................

今日も是非!「応援クリック」お願いしますっ。

有難うございます
............................

ブッキング・コーディネイトは、お気軽に
電話 1-646-410-0786(日本語)
または
harlemtommytour@hotmail.com (日本語)
までお問い合わせください。

......................................

★トミー富田ドットコムへ戻る★



1年以上
by 松尾公子
今回は、ハーレムの楽しみ方をご提案。

<ジェームス・ブラウン通り>

ハーレムの中心125丁目に来たらまず、先月除幕式を終えたばかりの新名所「ジェームスブラウン通り」へ立ち寄ろう。
126丁目と7番街(アダム・クレイトン・パウエルJr.ブルーバード)の角が、11月22日、正式に「James Brown Way」と命名された。
ここは丁度、アポロシアターのバックステージに繋がる道。
この舞台からデビューし、2006年クリスマスに亡くなった直後、追悼式も行われた。
「Live at the Apollo」(’63)はローリングストーンズ誌の500 Greatest Albums of All Timeにも選出されている名盤である。
何度と無くこの道からバックステージに向かったジェームス・ブラウンを思い描きながらこの角に立ってみよう。



<クリスマスのゴスペル劇>

12月恒例の、イエスの生誕をクリスマス・キャロルで綴る「ネイティビティ」を、オール・ブラック・キャストで”ゴスペル”音楽で綴る「ブラック・ネイティビティ」は約50年前から各地で上演され、昨年はジェニファー・ハドソンやラッパーのNAS等出演によるハリウッド映画も作られたほど。

今年は、ハーレム文化を称え、R&Bやヒップホップテイストも加えた現代劇「ソウル・ネイティビティ」が、142丁目西のHSAシアターで12月21日(日)まで行われており、4年振りに、ハーレム・ジャパニーズ・ゴスペルクワイヤーが客演している。
トミー富田が1997年にハーレムで創設し、現在Kimikoがオーガナイズ中の、NY在住日本人によるゴスペルグループの熱唱を是非。
問い合わせ:http://hsanyc.org/


<カウント・ダウン>

2014年をハーレムのジャズで締めくくるなら、126丁目7番街にあるアルハンブラ・ボールルームで大晦日のお昼1時~5時まで、地元で人気のジャズメンとタップダンサーによるニューイヤーズ・イブ・パーティが開催される。
ここは丁度、先述のジェーム・スブラウン通りの目の前。30年代~60年代ファッションをしていけばべストドレッサー賞も選ばれる。
是非ダンスシューズを持って出掛けよう
問い合わせ:212-926-6211


皆さん、今年はどんな1年でしたか?
2015年も沢山のいいことがありますように。
心から感謝して~
トミー富田
松尾公子




ハーレム・ジャパニーズ・ゴスペル・クワイヤーはふんばろう東日本プロジェクトと共に、被災地を応援しています。
ふんばろう東日本支援プロジェクト
公式ウェブサイト http://fumbaro.org/



............................

今日も是非!「応援クリック」お願いしますっ。

有難うございます
............................

ブッキング・コーディネイトは、お気軽に
電話 1-646-410-0786(日本語)
または
harlemtommytour@hotmail.com (日本語)
までお問い合わせください。

......................................

★トミー富田ドットコムへ戻る★



今日のトミー ~NYハーレム便り~

作者:tommytomita

今日のトミー ~NYハーレム便り~

NYハーレムに35年住み続けるハーレムで一番有名な日本人、トミー富田のブラックカルチャー満載なブログ.

7日 2670 総合 14813 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



tommytomitaさん新着記事



過去記事

tommytomitaさんへの新着コメント




ニューヨークブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 おもしろおかしのSAKAIのニューヨーク・ブロ~グ
2位 今日のトミー ~NYハーレム便り~
3位 New York美・食・遊のススメ
4位 ニューヨークとハーレムと音楽のはなし
5位 自由の女神になりたくて。(New York カメレオン人生)
6位 Sew Easy New York
7位 ニューヨーク・味覚のミラーボール2
8位 ニューヨークからのエアメール ~ever since~


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?ニューヨークでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録