Welcome!

今日のトミー ~NYハーレム便り~

1年以上

by 松尾公子

18歳で単身渡米、NYハーレムの当ハーレムボーカルハウスで、グラミー受賞の黒人講師に師事して約1年学び、

帰国後「第2回 美ジネスマン&美ジネスウーマンコンテスト」受賞、

オスカープロモーション所属のシンガーソングライターとなりました 私の大好きな超可愛い "高橋りな" ちゃんが、

先日の横浜西口夏祭りに続き、8月8日(土)「オスカープロモーション夏祭り@渋谷シダックス・カルチャーホール」に出演します!
(追記:4980円(全席指定)が好評につきすでに完売!だそうです)


アノ、米倉涼子さんや上戸彩さんほか、美人女優、モデルが多数所属するオスカーで、

シンガーソングライターとして精力的にライブ活動をしながら、着実にファンを増やしているりなちゃん、

NY在住中はショートカットで、くりくりの澄んだ瞳で、性格を映し出すようなストレートで透き通った美声で、

黒人で満員のライブハウスでR&Bを歌っても大好評でした。

ライブでは洋楽のカバーもやるのかな?

彼女のLet it Go(アナ雪)とかホイットニーもGoodですよ。

歌ウマシンガーがどんどん活躍できる日本の音楽シーンになるといいな~、と思いながら、私もNYから応援しています。

是非一緒に応援くださいませ♪♪♪


Keep your dreams alive, Rina❤



★テレビ出演映像「ものまね。鬼束ちひろのまねで月光」



★高橋りな Let it go



★オリジナル曲「サルビア」



<関連過去ログ>
思い起こせば米倉さんも以前CHICAGOの前に、当ハーレム・ボーカル・ハウスで受講されました♪
さっぱりしたとても素敵な女性ですっかりファンになりました。

※米倉涼子さんNYブロードウェイデビューの夜。(2012年7月)

※ほんとに素敵な女優さんでした。(2010年4月)


............................

今日も是非!「応援クリック」お願いしますっ。

有難うございます
............................

ブッキング・コーディネイトは、お気軽に
電話 1-646-410-0786(日本語)
または
harlemtommytour@hotmail.com (日本語)
までお問い合わせください。

......................................

★トミー富田ドットコムへ戻る★



1年以上

by 松尾公子

地下鉄7番線のハンターアベニュー駅を過ぎると、コートスクエア駅のすぐ下、古い低層ビルの外壁一面にびっしり描かれたカラフルなグラフィティが目に付く。

グラフィティアートのメッカと言われる5Pointz(ファイブポインツ)である。

これらの巨大グラフィティ群が近々無くなる。

来年9月に41階建てと47階建て2棟のコンドミニアムに建て代わるというのだ。

有名、無名のアーティスト達が、40年間描き続けてきた野外キャンバスがついに壊される。

graffitiとは、もともと「壁などに描かれた落書き」の意。

ここから70~80年代に人気popアーティストが出たり、ヒップホップ文化の一要素として全盛期を迎えたことなどもあり、グラフィティは「落書き」を超え、「アート」となっていった。

しかし、時代と共に廃屋や古いビルは新しい高層ビルに建て代わり、資本家や新しいビルのオーナー達は、容赦なく「落書き」が描かれた壁を壊していった。

こうして地元の人たちに惜しまれながらグラフィティはひとつひとつ姿を消していった。

私も随分沢山の方々をニューヨーク各地の人気のグラフィティスポットにご案内してきたが、ここ10年間は、特に著しく、新しい壁になり代わる様を見てきた。

ハーレムにあったTupac、アリーヤ、マーク・アンソニー、ティト・プエンテ etc. のグラフィティも、今はもう あとかたも無い。






<追記>
2015年4月。
すでに元のグラフィティで囲まれた工場は取り壊され、真新しいビルに変貌中 ↓



<関連過去ログ>
※HipHop発祥から30余年、進化するグラフィティ事情(2008年10月)

※土曜日はハーレムの青空ギャラリーへ行こう!(2009年4月)

※~サウス・ジャマイカより~ (2009年10月)

※ストリートアートのMYヒーロー (2010年4月)

※キース・へリングの命日によせて in Harlem(2012年2月)

............................

今日も是非!「応援クリック」お願いしますっ。

有難うございます
............................

ブッキング・コーディネイトは、お気軽に
電話 1-646-410-0786(日本語)
または
harlemtommytour@hotmail.com (日本語)
までお問い合わせください。

......................................

★トミー富田ドットコムへ戻る★



1年以上

by 松尾公子
すっかりすっかりご報告遅れましたが、、、
昨年3月22日(土)、アメリカのNational Action Network(NAN)より表彰いただきましたことを、ここにご報告させていただきます。

今回のイベントは、牧師で人権問題の活動家として全米で知られているアル・シャープトン率いるナショナル・アクション・ネットワーク(NAN)が毎年開催している 「ウーマン・オブ・エクセレンス&マン・オブ・ビジョン」賞のセレモニー&食事会。

アル・シャープトン氏はこのブログにも何度も登場しておりますが、オバマ大統領とも懇意、ジェームス・ブラウンのGodson、過去にアメリカ大統領候補にも立候補したという、、、、etc. いろいろと話題に事欠かない方で、そのメインオフィスをハーレムに構え、ハーレム拠点に全米を駆け回ってます。


National Action Network
New York City Chapter
Women's Auxiliary presents,

18th Annual Women of Excellence & Man of Vision
Awards Ceremony & Luncheon
March 22(Sat), 2014

ご覧のように、
トミー富田氏は、Man of Vision賞。
私くし松尾公子は、ウーマンズ・エクセレンス賞。
日本人では初受賞という、大変ありがたい、そして身に余るご褒美をいただきましたことを、心から感謝し、今後も更に身を引き締めて進んで生きたいと思いました。

受賞要因は、細かく各自の盾に記載されておりましたが
簡単に二人をまとめて言ってしまうと、
日本とハーレムの架け橋となり、文化交流・地味で地道なgive something back to the community行動継続によるものだそうです。

他にも、デフ・ジャム初のR&Bシンガーとして全米ヒット飛ばしたアリソン・ウィリアムスさんや、コミュニティのギャングや銃問題に立ち向かうアイーシャ・セコウさん等も表彰され、今後も地域の活性化に尽力していくそれぞれの思いを語ったとてもいい会でした。



今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
ここまでお読みいただいて誠にありがとうございました。

トミー富田
松尾公子

追記)
後日、アメリカの日本語新聞でもご紹介いただきました。有り難うございました。





............................

今日も是非!「応援クリック」お願いしますっ。

有難うございます
............................

ブッキング・コーディネイトは、お気軽に
電話 1-646-410-0786(日本語)
または
harlemtommytour@hotmail.com (日本語)
までお問い合わせください。

......................................

★トミー富田ドットコムへ戻る★



1年以上

by 松尾公子
2月はブラック・ヒストリー・マンス(黒人史月間)。
アメリカの、特にアフリカ系アメリカ人が多く住むエリアでは、様々なイベントが開催されています。

黒人と言っても、そのバックグラウンド(祖先の歴史)はカリブ経由、南米経由、など様々、この黒人史月間では、奴隷としてアメリカに渡来したアフリカの人々の子孫を指すのが一般的のようです。

ということで「アフリカのテイストを入れた格好で来てください」というイベントも多々あり、私も毎年この時期は頭を悩まされながら、それが楽しくもあります。

今回は、私が駆使する3つのパターンをご紹介しましょう。

1) まず、"全身アフリカ衣装で行く"、と決めたら、ハーレムでアフリカ人が経営している洋品店に直行します。スタイルは大きく分けて2種類で、胸元に金糸の華やかな刺繍があるものと、ケンテ柄(オレンジ、緑、黒ベースが代表的)の布でできた服。







女性の場合、身体にフィットしたセクシー系と、ウエストマークの無いゆったり系があります。

80ドル前後で既製品のドレスを購入するもよし、布を選びデザインを相談してオーダーしても1週間くらいで出来上がります。

アフリカでは縫製は代々男性の仕事。サイズはその場ですぐに直してくれます。







2) アフリカテイストを少し入れる時には、ケンテ柄の布を首からスカーフのように長く垂らしたり、頭に巻きつけます。女性の場合、この巻き方がまた実に芸術的なんです。



3) 最もシンプルにアフリカンテイストを出すなら、アフリカのアクセサリーを使います。イヤリング、チョーカー、ブレスレット、など1点が10ドル前後で色々揃い、これだけでも意外とバッチリです(子安貝、アフリカンアメリカンカラー(黒x緑x赤)、レザーものなど様々)。



大切なのは、そのイベントの趣旨や参加メンバーの顔ぶれもよく考えて、リスペクトの気持ちを持って準備することだと思っています。

さあ、今週末、トミーさんは黒のスーツに、ケンテ柄の蝶ネクタイとポケットチーフで、
私は小安貝のチョーカー&ベルト、頭にはターバンを高く巻いて出掛けます


(アフリカのお店については弊社ハーレムウォーキングツアーでもご案内しています)


............................

今日も是非!「応援クリック」お願いしますっ。

有難うございます
............................

ブッキング・コーディネイトは、お気軽に
電話 1-646-410-0786(日本語)
または
harlemtommytour@hotmail.com (日本語)
までお問い合わせください。

......................................

★トミー富田ドットコムへ戻る★

1年以上

by 松尾公子

”北米どこでも24時間日本語チャンネル”の「テレビジャパン」に、またまたトミー富田さんが出演させていただきました。

”テレビジャパンclub”という番組の「キング牧師デー」特集で、ハーレム永住を決め30年以上住み続けているトミーさんのインタビューをしたいと、敏腕女性ディレクターが取材をしてくださいました。

キャスターは、イケメン俳優の辛源(Shingen)さん。
番組プロフィールによると、
「ロンドン出身の日本育ち、韓国と英国のハーフのトライリンガルで、根は関西人。東宝版ミュージカル「RENT」でデビューし、俳優としてNYと日本で活動。これからも日米の橋渡しをしていきたいです。」
だそうです。

↑ 上の画像をクリックするとショートヴァージョンがご覧いただけます

1994年には、アジア人初でキング牧師賞を、
2005年にはアポロシアターより表彰を、
そして昨年3月にはアル・シャープトンのNANよりMan of Vision賞を受賞したトミーさん。

番組中にも登場する約20年前のオフィスでの写真では、デスクの上に黄色い「地球の歩き方」が立ててあるのが見えますが、
この「地球の歩き方NY編」が初めて出版される時、それまでセントラルパークの途中から地図は全てCUTされていて、何の情報も無かったハーレム部分の地図を加え、アポロシアター始め、ハーレム、モーニングサイド地区、ワシントンハイツ地区などを初めて書き加えたのがトミーさんなんですね。


今回は限られた時間での取材でしたが、トミーさんの言いたかったのは。。。。

「自由の国、平等の国といわれる近代のアメリカにおいて、キング牧師が突き破った壁はとても大きく、”I have a Dream"の夢は確実にこの半世紀で前進していますが、
実生活においては、まだまだ区別が存在しており、ハーレムに居るとそういった現場、問題に日常的に触れる機会、話す機会があります。
現実に起きている問題についてコミュニティでパネルディスカッションが行われたり、 子供達への教育の場面も多々あります。
実生活にはあたりまえのように存在していたその区別をアメリカ自体が公に問題にする機会(世の中に取り上げられなかった)がこれまであまり無かったかもしれませんが、ここ数年のうちに、社会問題として大きく浮き彫りになる事件が相次ぎました。
ストリートで日常に行われていたStop & Flisk問題(警察が通行人を呼び止めて尋問し、武器携行の有無を実際に体に触れて検査したりすること。対象の大半が黒人・ラティーノコミュニティ内)が公に取り上げ挙げられたり、
ショーン・ベル、トレイボン・マーティン、マイケル・ブラウン、エリック・ガーナー、、、丸腰であったのに一瞬にして悔しい死を遂げた若者達のことが次々と取り上げられ、改めて人種問題が問われている中での今年のキング牧師デー。
黒人20万人が集まったキング牧師のワシントン行進から50年、
昨年末にはワシントンDCで、知人のアルシャープトン氏の呼びかけにより、”あらゆる肌の色”の人が、「色」ではなく「考え」で一つになり、21世紀の新たなデモ行進も行われたばかりです。

50年前のブラックとかホワイトとか、人の肌の色ではなく、人間としての自由・平等の本質、中味が問われる時代に今やっと入って来ていると感じます。
ということで、白でも黒でもない私のような者もこうして色々なところに呼ばれ意見を求められているんだと思います。」

この1週間は、トミーさんも色々なイベントに引っ張りだこで多少お疲れ気味な中、当日は気温がどんどん低くなり、最後はちょっと口もまわらなくなってきたようでしたが(苦笑)、トミーさん、テレビジャパンの皆さん、お疲れ様でした。


............................

今日も是非!「応援クリック」お願いしますっ。

有難うございます
............................

ブッキング・コーディネイトは、お気軽に
電話 1-646-410-0786(日本語)
または
harlemtommytour@hotmail.com (日本語)
までお問い合わせください。

......................................

★トミー富田ドットコムへ戻る★



今日のトミー ~NYハーレム便り~

作者:tommytomita

今日のトミー ~NYハーレム便り~

NYハーレムに35年住み続けるハーレムで一番有名な日本人、トミー富田のブラックカルチャー満載なブログ.

7日 2065 総合 14541 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



tommytomitaさん新着記事



過去記事

tommytomitaさんへの新着コメント




ニューヨークブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 おもしろおかしのSAKAIのニューヨーク・ブロ~グ
2位 今日のトミー ~NYハーレム便り~
3位 New York美・食・遊のススメ
4位 ニューヨークとハーレムと音楽のはなし
5位 自由の女神になりたくて。(New York カメレオン人生)
6位 ニューヨークからのエアメール ~ever since~
7位 Sew Easy New York
8位 ニューヨーク・味覚のミラーボール2


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?ニューヨークでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録