Welcome!

ニューヨークからのエアメール ~ever since~

27日前

今日はとっても嬉しいニュースが入りました。
あの行方不明になっていた唐津のわんこのソックスが無事発見されました!!
もう嬉しくて、嬉しくて、悲鳴が出てしまいましたよ。

本当に毎日、毎日、このくそ暑い中をアニマルライブの方とボランティアさんたちが必死で捜索されてました。お疲れ様でした!そしてよくぞ発見してくださいました!


命の大切さを痛感しております。

脱走させてしまった里親さんの元には戻さないそうです。仕方ないですね。また脱走したら元もこうもありませんから…



28日前

昨日、日本国籍の帰化手続きを始めるために市内にある法務局へ出向きました。
帰化手続きに必要な物などの説明を受けるために、一昨日予約していました。

この日、とても驚いた事が2つあります。

1つは、帰化手続き申請のために集めなければならない書類と、作成しなければならない書類の膨大さ!そりゃそうですよね…国籍を取るのですから…
米国籍を取得する時より、大変そうです。あまりに膨大な書類なので、行政書士さんに依頼する人もいるそうですが、その場合、手続きに数十万円かかるそうです。
でも、自分でやれるので私は頼みません。
帰化手続きに必要な書類は多すぎて、書ききれません…
なので法務局でいただいたリスト表をアップしておきます。


小さすぎて判らないと思いますが、この表に書かれている種類の〇印がついたものを私はすべてそろえなければなりません。ざっと数えてみると31種類ありました。
その31種類の中にまた小分けに分かれているのです。

法務局の上に税務署があったので、私は説明が終わったその足で税務署で

・所得税の納税証明書 (その1・所得・課税) (その2・所得金額用) 本人と同居者の給与所有者以外の者全員のものを過去3年分出してもらいました。私の場合は、本人と夫の2人分で、これに対する手数料が1枚400円で3年分なので1,200円。2人分で2,400円。その1とその2で同じ枚数なので合計4,800円かかりました。

日本国籍の帰化手続きにかかる費用は無料なのですが、その手続きのために集めなければならない書類に対して、かなり費用がかさみそうです。

この日は帰り道に警察署にもより、運転免許経歴証明書の申請用紙のみもらって帰りました。
この証明書も必要となりますが、こちらは申請用紙による郵便局からの振り込みになります。
事故や違反歴などをみるためです。こちらの証明書は取得してから2ヶ月しか有効期限がないため、他の書類をそろえていざ申請するぞというのが決まった状態で取り寄せます。手数料は630円ですが、私の場合は、1度日本の運転免許所を前の結婚していた時の苗字で失効しているため、その分の経歴も必要なので手数料はダブルで、合計1、260円です。

更に家に戻ってから行ったのは、私の前の結婚していた時に置いていた戸籍(他県)取り寄せるための申請手続きです。郵送のための申請書は、その市役所のホームページからダウンロードできます。(もよりの市役所や支所にも用紙は置いてあるそうです)それを記入して、結婚・出産・離婚歴が記載された戸籍謄本(手数料750円)と戸籍の附票の写し(300円)が必要なのです。でも、この市は5年以上前の戸籍の附票の写しは出ないということだったので、その書類が出せないという証明書(無料)を書いてもらいます。それでも、附票分の手数料は一応送らなければならず、後で小為替で返金されるとのこと。

私はこの手数料を現金封筒で送りました。小為替か現金封筒で可能ということだったので、古切手と現金封筒が手元にあったので、其れで送ればギリギリ午後7時まで開いている隣町の郵便局から出せるので。ちなみに小為替にした場合は手数料1枚100円。現金封筒の場合は封筒代と現金封筒に貼る切手代(私は522円)必要。更に返信用封筒に82円の切手貼りました。

このように、1つ書類を取り寄せるために、ちょこちょこお金が出ていっています。これから集めるものなど合計すると数万円になるかと思われます。

これが初日に行った私の手続きのための用意です。まだ初段階。これからこういうのが続きます。

―――――――――――――――――――――――――――――

 

驚いた2つ目は…なんとこの地元の法務局で帰化手続きが申請できるのは、今年の9月30日までだったということです。それを昨日、聞かされてかなり焦りました。

10月1日からは、県庁所在地にある法務局で県内1活して行うそうなので、もし私が9月30日までにすべての書類をそろえられず、市内の法務局で申請手続きを完了していなければ、車で片道約2時間の遠方の法務局まで出向かなければならなくなるのです。

それが1度ならいいんですが、書類をそろえてそれを確認してもらう作業が数回行われますので、平均して5回くらい出向かなければならないので、なんとしても、家から車で約15分くらいの場所にある地元の法務局で、9月30日までにすべての書類を提出して、申請手続きをしておきたいのです。

なんともこのタイミングで手続きを始めたことに驚きでした。

頑張れば、ギリギリ間に合います。地元でできるもんだとばっかり思っていたら、後1か月ちょっとしか余裕がなかったのです!!だから焦っていますが、ギリギリ間に合うタイミングで偶然、思い付きのように申請手続きを始めようとしたことにある意味感謝です。

なんとなく、今やらなければと思ったんですよね。そしたら、帰化申請手続きができるタイミング(外国人登録をしてから5年後)だったし、更に地元できる最後の1か月前だったんですよ。

全て偶然…そんなこと知らないで「今、やろう!もうやらなきゃ!」って思ったんです。

 

 

 

29日前

昨日、地元の法務局に日本国籍の帰化について問い合わせに言ったら、「一人一人ケースバイケースで必要な書類や必要な手続きが違ってくるので、最初に予約を取っていただき、現状をお伺いし、何が必要になるかをご説明させていただきます。」とのことで、本日の予約を取りました。

だいたい1時間くらい私のおかれている状況を訊かれたり、説明を受けたりするそうです。

昨日は、ざっと家系図を鉛筆で判る範囲で書いて、外国人登録証と日本の運転免許証、そして米国のパスポートのコピー(全ページ)をとられました。

家系図を書いて複雑だなぁ~と改めて思いました。

私も夫も再婚だし、一緒に暮らしている子供は私の前夫との間の子供だし、夫のご両親も離婚しているしで、基本的な家系図に、新たに付け加える線が複数…。

そこに記入するのは私たち夫婦の籍を入れた日も必要なのですが、互いの両親が入籍日も必要で、そんなの戸籍取り寄せないと判んないし…。

ま、そんなかんだで、いよいよ私の日本国籍への帰化手続きを開始します。





追記:帰化手続きができるのは、元日本人の場合は、日本に最低5年間の住民票を置いていることが条件だそうです。私の場合、2012年2月に外国人登録を市役所でしているので、偶然、今年がその5年でした。そんなこと考えもせず帰化手続きを始めようとしたのですが、ちょうど手続きができるタイミングだったのです。これ、凄くない?!

30日前

リブログより)
アニマルコミュニケーターさんからの情報で、ソックスが北波多の方にいると言われています。

 

場所は、
三叉路の坂で白色のトタン小屋で下に入り込めて、
後ろが山・・
場所の名前もいくつか挙がっています。
大杉とか、霧差山とか…
北波多の地区に詳しい方はいらっしゃいませんか!?
そこがどこにあるか、分かりませんか!?

 

後、捜索の協力をお願いします。
コミュニケーターさんが言われている北波多とかがみ、浜玉方面と分かれて捜索しています。
ボラ達も仕事の合間や家事の合間に捜索してまわっていますが、もう手が足りません💦
沢山、協力してくれる人がいたら
それだけ、見つけられる可能性が高くなります。
是非、協力をお願い致します。

 

32日前

これを見ると、犬にも慈悲の心があることが判ります。

 

 

ニューヨークからのエアメール ~ever since~

作者:さくらまい

ニューヨークからのエアメール  ~ever since~

アメリカ国籍で在住ビザにて、日本に今住んでます。

7日 623 総合 5327 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



さくらまいさん新着記事



過去記事

さくらまいさんへの新着コメント




ニューヨークブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 おもしろおかしのSAKAIのニューヨーク・ブロ~グ
2位 New York美・食・遊のススメ
3位 ニューヨーク・味覚のミラーボール2
4位 自由の女神になりたくて。(New York カメレオン人生)
5位 ニューヨークとハーレムと音楽のはなし
6位 taku`s blog
7位 Sew Easy New York
8位 今日のトミー ~NYハーレム便り~


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?ニューヨークでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録