Welcome!

ニューヨークからのエアメール ~ever since~

76日前

 

 

76日前

今朝、モモとタローを連れて朝散歩をしていたら、バス停に出勤途中の息子を発見!

「いってらっしゃい!」と声をかけ、通り過ぎようとしたら、モモが座り込んで動かない…。

どうやら息子がついてくるのを待っている様子…。

「あんちゃんは、これからお仕事行くのよ。家には一緒に戻れないから…」とモモに伝えるも、理解してくれない…

ガンとして動こうとしないモモ…

息子は早朝家を出て、夜遅く帰宅する。家にいても、自分の部屋に殆ど入って出てこないので、モモと接することはほぼないに等しいのに…

それでも、息子を家族の一員と認識してくれているようで、まるで忠犬。

仕方ないので、息子がバスに乗り込むまで一緒にバスを待っていました。

そして、バスに乗って息子がいなくなったら…

モモもまた歩き始めました。

モモには、ちゃんと息子に対する愛もあったのねぇ~って、この一件でよく判りました。

 

 

 

 

P.S.

ねこちゃんホンポで私の記事が公開されています。

 

 



 

77日前

 

 

78日前

新しい記事が公開されました。

犬猫を助けたいけど、ボランティア活動は自分には無理だ!
犬猫と一緒にも暮らせない!と感じている方、
そんな人たちにもできるボランティア活動がちゃんとあることを知っていただきたいと思い、記事にしました。

 

 

 

82日前

何という番組だったか判らないんだけど、今夜見た番組でしつこい便秘解消法をやっていたので、観ていない人で便秘で悩んでいる人がいるかもしれないんで、書いておくね。

便秘の人は、腸がゼン動運動しかしていないんだって。それでは便はゆっくりとしか腸の中で移動できず、結果、便秘になっているそう。
便秘ではない人は、腸が大ぜん動運動を起こしているから、便が勢いよく移動しているから便通も良いそう。

そして、お通じが出るために必要な大ぜん動運動を起こすことは誰にでも可能であるということ。

それは、食事と食事の間が8時間あけるといいんだって。

その間は一切何もお腹の中に入れないこと。これがとっても大事。


便秘の人はちょこちょこ何かお腹に入れているから、大ぜん動運動が起きないそう。
大ぜん動運動は、胃と小腸に何も入っていない時に起きるから。ちょこちょこ食べていたら、常に胃や小腸に何か入っていることになり、大ぜん動運動が起きない=便秘になるって構図。


でも、日中は食事と食事の間を8時間もあけるのは大変なので、無理なくできる方法は、夕食と朝食の間。

夕食は就寝時間の3時間前に終わらせること。その後は、朝起きるまで何も口にしないこと。

例えば、夕食を夜7時に食べ始め8時には食べ終わるとして、その後は何も口にせず11時に就寝。

すると夕食を食べ終わった8時間後の午前4時頃から大ぜん動運動が起きやすい腸内環境になっているそうなので、それ以降に朝、起きたらコップ1杯の水を一気に飲めば、自然の排便したくなるということでした。
それを続ければ、便秘は解消され、毎日ちゃんと便が出るというわけ。

それで週1くらいしか便が出なかったような人たち7人中6人が便秘解消したとのこと。

ちなみに私は、便秘とは縁遠い人間。たま~に旅行など外泊すると、便秘になることがあるくらい。

家にいる時は、たいてい夕食は夜7時までに食べ終わってる。私はもともと間食は殆どしないため、朝、起きたら大ぜん動運動が自然起きていたみたい。

生活習慣って本当に大事だよね。自分が意識していなくても、自然と良い習慣、悪い習慣って身についてて、それがその人の健康を左右しているんだから…

では、便秘で悩んでいる人たちがこれで改善されることを願って…ファイト~!




 

ニューヨークからのエアメール ~ever since~

作者:さくらまい

ニューヨークからのエアメール  ~ever since~

アメリカ国籍で在住ビザにて、日本に今住んでます。

7日 715 総合 5482 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



さくらまいさん新着記事



過去記事

さくらまいさんへの新着コメント




ニューヨークブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 おもしろおかしのSAKAIのニューヨーク・ブロ~グ
2位 今日のトミー ~NYハーレム便り~
3位 New York美・食・遊のススメ
4位 ニューヨークとハーレムと音楽のはなし
5位 taku`s blog
6位 Sew Easy New York
7位 自由の女神になりたくて。(New York カメレオン人生)
8位 ニューヨーク・味覚のミラーボール2


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?ニューヨークでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録