Welcome!

ニューヨークからのエアメール ~ever since~

93日前

来週月曜日に、米国の銀行口座に残っている全金額を日本でおろすために、チェックにその金額を書いて自分名義で日本の銀行で手続きしてもらいます。

自分で自分にチェックを切るのです。そして日本の自分の銀行口座に入れてもらうための手続きをします。(外国為替を取り扱っている日本の銀行口座開設してから2か月経っていればこの手続きが可能)

約10日くらいで米国の銀行から、そのチェックの金額が引き落とされます。

米国の銀行は、ミニマムバランス(最低残高)が設定されているため、月末の時点でそのミニマムバランスを下回ってしまうと、手数料が発生します。

なので、バランスゼロにするのが、月末を過ぎてからになるように、このタイミング(25~26日ごろ)で手続きを開始します。

米国の口座から全額引き落とされてバランスゼロになって、日本の口座に振り込まれるまで約3週間かかります。

私の過去の体験から計算すると6月26日にチェックを日本の銀行に入れて手続き開始してもらうと、米国の口座からその金額が引き落とされるのが7月初旬になり、日本の口座に全額入金されるのが7月の中旬ごろの予定。その後、米国の口座を閉鎖する手続きをすぐにすれば、7月末までには完了するという計算です。

そうすれば、6月末の時点でミニマムバランスを保ったままでいられ、更に7月末には米国の口座閉鎖完了しているので、米国国座のミニマムバランスによる手数料をとられることなく閉鎖ができるという計算です。


私の場合、チェスバンクです。ミニマムバランスは5千ドル。(かなり高い設定ですよね!)だから、それ以上の金額をわざと残しておいたのです。

でないと、毎月ミニマムバランスきると$25くらいの手数料をとられてしまうので。。。チェスはとんでもなく厳しい設定だったんだということを、今頃身に沁みてわかりましたよ。あそこはお金持ち対象銀行だったのかもしれませんね~~。

チェスだと日本の郵便局のATMでお金をおろせるので、便利かなとあそこにしてたんですが、結果、一度もATMでおろすことはありませんでした。

ATMでおろせる金額の限度額というものがあるので、それを何度も繰り返していたら、手数料半端なくとられてしまいますので、やめました。

チェックで自分宛に日本の銀行口座に入金してもらうのが一番安いと思います。日本の銀行手数料はチェックの額がいくらに関わらず1回が2,500円くらいですからね。

チェスバンクにしておいてよかったなと思うこともあります。

それは、海外からでも24時間コレクトコールでカスタマーサービスに電話をかけれるということ。これはとても便利で、何度か使ったことがあります。

更に、海外からでも、口座閉鎖が可能だということ。これは、私が米国を離れた時には不可能だったのですが、その後、そうなったということでした。なので、米国の銀行口座を閉鎖するためにもう一度米国を訪れなければならないということがなくなりました。それが判ったので今年初めにNYに行こうとしたことを中止しました。

閉鎖するための手続きは、銀行によって異なると思いますが、チェスの場合は、米国政府から発行された有効なIDのコピーが2つ必要となります。


私の場合は、NYの運転免許証と米国のパスポートになります。どちらも有効期限がありますので、その期限が残っているうちにやっておこうと思いました。

パスポートは米国領事館で更新できますが(しなければならない)、運転免許証は米国に行かねばならず、更に米国に(公共料金の請求書などで証明できる)住所がなければならないので、私の場合、もう更新できませんから。

米国の銀行口座が閉鎖できれば、日本国籍に帰化手続きが開始できます。帰化後は米国籍の放棄手続きをしなければなりません。まだ私にはやらなければならないこんなに大切な手続きが残っています。


それらの手続きもタイムリーにここに記録して行こうと思っています。そういったことを、公に記録したものが大変少ないので、このブログ、かなり米国から日本に戻る人の為のバイブルになっていますよね^^

私の辿ってきた道が、そうやって誰かのお役に立てるのであれば、そんな嬉しいことはないじゃありませんかぁ~
(*^.^*)


※今回は犬に関してではないので、ここに犬と入れておきます。犬ブログに登録しているので。。

96日前

本日、私の記事がわんちゃんホンポで公開されました。

今回は、ロスに住むカメラマンのジョンさんについて書きました。

彼は、殺処分ありのアニマルシェルターに収容された犬猫達の写真を撮り続け、フェイスブックに投稿しています。

多くの人達に写真を観てもらうことで、アニマルシェルターの犬猫達の存在を知ってもらいたいというのが、彼が選択した動物保護活動でした。

彼の写真はネットニュースなどで、誰でも一度は目にしたことがあると思います。

私も何度も彼の撮影した写真について記事を書いてきました。

私も彼と同じように、記事にすることで、動物保護活動のお手伝いをすることを選択をした人間です。

写真撮ったり、記事にしたりすることでは、実際に命が救出できるわけではないのですが、そういう活動も不可欠なものだと信じております。

メディアを利用することで、犬猫達の命に対する人々の意識が少しでも変われば。。そう心から願っています。


 

 







 

98日前

保護犬でも、こんなに優雅で可愛い子たちがたくさんいます。

彼ら(彼女ら)は、繁殖業者放棄犬、多頭飼育放棄犬などの保護犬たちです。
今まで、なんの自由もなく、生きて来た子たちばかりです。
彼らにも幸せになる権利があります。

 

残された彼らの余生、今まで味わえなかった自由としあわせを愛情に包まれて過ごせることを心から望んでいます。どなたか名乗りをあげられませんか?

命を買うより救うということを真剣に考えてあげてください。お願いします!

★一部”ぼくらはみんないきている”のchinatsuさんの言葉を参考にさせていただきました。


99日前

昨日の夕方、愛犬の散歩から戻って来て、夕食の支度をしている時、包丁を持っていた右手の人差し指に痛みを感じた。

切ったという自覚はなかった。


水をあてても、しみなかったし。。。

でも、触ると痛い。。人差し指の第二関節の辺りがとっても痛い。。

それを夕食中に夫に話した。

すると夫が一言、「トゲが刺さっているんじゃない?」

それでよく見て見ると、なるほど。。。本当に細くて判らなかったけど、黒い1本の線が皮膚に入っていた。

でも、トゲの先端が皮膚から顔を出しておらず、毛抜きでとろうにもとれなくて。。

どうしたらいいのかわからなくて。。。でも、痛みはどんどん激しくなって、腫れてきたし。。

そうだ!ネットで検索してみよう!

ということで、『トゲを抜く方法』と検索。

はちみつをぬって10分以上おくと良いとあったので、その通りやってみた。

でも。。。効果はなかった。

次は、バナナの皮を指に貼るととげが押し出されてくるとあったので、其れも試してみた。




しばらくこのままでいたんだけど、バナナの皮が黒くなってきたので、はずしてみたけど、トゲの先は出ていなかった。

そして最後に梅干しを指に貼り付けると良いとのことで、それを駄目元で。。



三度目の正直で、このおかげなのかどうかは定かではないが、この後、毛抜きを強く指にあててトゲを抜くことができました。


昨夜はそんな夜でした。。。




P.S.いつどこでどうやって、トゲが刺さったのかは不明。。。

102日前

わんちゃんホンポで私の新しい記事が公開されました。

 

 

 

ニューヨークからのエアメール ~ever since~

作者:さくらまい

ニューヨークからのエアメール  ~ever since~

アメリカ国籍で在住ビザにて、日本に今住んでます。

7日 724 総合 5328 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



さくらまいさん新着記事



過去記事

さくらまいさんへの新着コメント




ニューヨークブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 おもしろおかしのSAKAIのニューヨーク・ブロ~グ
2位 New York美・食・遊のススメ
3位 ニューヨーク・味覚のミラーボール2
4位 自由の女神になりたくて。(New York カメレオン人生)
5位 ニューヨークとハーレムと音楽のはなし
6位 taku`s blog
7位 Sew Easy New York
8位 今日のトミー ~NYハーレム便り~


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?ニューヨークでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録