Welcome!

ニューヨークからのエアメール ~ever since~

139日前

私は、米国籍なので日本での選挙権がないのですが、日本人は選挙に対して関心がある人が本当に少ないことに驚かされます。投票率も半分もいきませんよね。

よく訊くのが、「誰が選ばれてもどうせ何も変わらない!」というあきらめの言葉です。
さらに「誰に投票していいのか判らない…」という思いもあると思います。

選挙運動の時は、みんな良いところしか見せませんし、公約も言ったもん勝ちみたいなところがありがちで、実際にその公約を信じて投票してその人が当選しても、いつまでたっても実現しないという現実がこれまで何度も繰り返されてきたため、人々のあきらめムードも増すばかり…という負の連鎖が起きているのは事実でしょう。

でも、選ぶ人によって確実に未来は変わるのです。だから、もっと真剣に選ぶべきなのです。

といっても、それでは誰を選ぶべきなのか?という問題はあります。

選挙というものは、選挙戦が始まってから演説を聞いても意味があまりないと思います。

新人さんは別として、これまで何度も議員をやってきた人たちの本質を見極めるには、議会の傍聴をするのが一番なのだと今回、ある方のツイートを見て感じました。

ではそのツイートをご紹介させていただきます。何度かに分けてツイートされています。


動物愛護について答弁が行われることで、日ごろから個人で犬猫の救済ボランティアをされている方たちが市議会の傍聴に参加しました。その時の事をRootstockさんがツイートされています。そこにはあまりにも信じられない議員たちの本質がさらけ出されていたそうです。

 

 

 

 

 

 

 


更に、学校で小動物を飼う件についての答弁が始まった時のこと、

 

 

 

 

この時、議会の傍聴人=有権者たちが数十人いたのにもかかわらず、議会の最中に居眠りしている議員、小説を読んでいる議員、他の議員の真剣な発言に対して叱咤や野次、舌うちを飛ばす議員たちが多かったことに、ショックを受けたそうです。参加していた議員たちの約半数弱はそういう態度でいたみたいです。

そんな人たちが何回も当選して議員を続けて、ベテランと言われている現実にゾッとしませんか?

国会でもテレビ中継をされているのに、平気で居眠りしている議員や、汚い野次言葉を飛ばし続ける議員たちって本当に多いですよね。

それがあまりにも普通ととらえすぎてて、有権者たちもうんざりして、選挙に関心がなくなっているのかもしれませんが、議会で醜態をさらしている議員はちゃんと覚えておいて、次回、選ばれないようにしなければならないのではないでしょうか?

国会中継をたまには見て、市議会の傍聴人になり、自分たちの代表者たちが本当はどういう人なのか、ちゃんと見極めるべきではないでしょうか?

大事な議会で真剣に意見を述べている議員さんに対して、話も聞こうとしないで野次ばかり飛ばして邪魔するために、あるいは居眠りするために、読書するために血税使われているって納得できますか?

そんな議員さんたちが何度も何度も当選して、ベテラン議員となってしまうことを許しているのは有権者たちなのです。

はっきりと言います。こういう人たちは、選挙の時だけ頑張っているんです。そして当選後は、自分の愚かさをわざわざさらけ出してくれてるんですから、ちゃんとそれを見極める目を持つべきです。

もっと関心もつべきです。

何も変わらないのは、議員さんたちの責任というよりも、有権者たちが関心が無さすぎて、本質を見極めないままテキトーに投票したり、選挙自体に参加しないからだと私は個人的に思います。

以上






 

140日前

 

 


FBからのコピペですダウン

島根動物愛護ネットワーク西原さんのご協力もあり(交渉してもらい)期限を延ばしてもらえる事になりました。(とりあえず7月末)
しかしいつまでもと言う訳ではありません。
現在…。
★みかんちゃん
★ひめかちゃん
★ちーくん
★ルイくん
★トムくん
★いちごちゃん
の譲渡先が決まりました。

何とか新しい飼い主さんを見つけてあげたいです。
続いてご協力お願い致します。

何故?この子達は期限つきか?
と言うと…。
動物を飼ってはいけない団地で
猫を飼い増えた結果です。
何度も注意されたらしいのですが
何の努力もされない(飼い主が)
言う事で6月30日までと期限がついたみたいです。
しかし私達が聞いたら時は既に1週間前でした。
すぐ写真を撮り新聞掲載もしたの
少し期限を延ばして下さいました
7月末までには何とか新しい飼い主さんをと思っています。
ご協力お願い致します。

島根県出雲市小山町113-1
小さな命を救いたい
NPO法人
アニマルレスキュードリームロー



ということなので、まだ一郎、りんご、さくら、ゆず、レオ、ナツ、アイ、ホクトの8匹が救出を待っています。

特にさくらちゃんは妊婦さんなので、お腹の中の子たちも含めると頭数は10匹以上となります。

どなたか一緒に暮らせる方いらっしゃいませんか?この子たちの命の期限は7月末までだということです。


愛ある方たちの目にとまりますように、リブログ、拡散のご協力お願いします。

140日前

 

 

 

わんちゃんホンポで私が書く記事は、苦難がありながらも、最終的にはハッピーエンドで終わる内容ばかりだったのですが、今回は初めてそうでない内容を取り上げました。

飼い主さんの不注意から、愛犬の死を招く事態にというお話でした。


英語の記事では、必死の救出活動に対する美談にされていたのですが、私はそういう話ではこれはないと思い記事として取り上げたのです。

もちろん、救出活動は、素晴らしいと思いました。消防士さんたちの愛ある行動は称賛されるべきだと感じます。

でも、それで終わるべき話ではないですよね、これは。

目も不自由で耳も不自由な老犬を、嵐の日に外に出し目を離したことで招いてしまった結果なのですから。

詳細は書かれていませんでしたが、たぶん、外で糞尿をさせる習慣があった犬なんだと思います。でも、嵐の中、リードなしで庭に出してしまったため、雷などにおびえて庭を飛び出してしまったんでしょう。


飼い主のちょっとした不注意がこのようにとんでもない結果になるということです。

例え自宅の庭でも、リードなし、飼い主のアテンドなしではだめなんだと思いました。

私の愛犬も、時々、猫ドアから脱走してしまうので、要注意です。現在、バリケードを作り、脱走できないようにしていますが、不注意からドアを閉め忘れたりしたちょっとの間を逃さず脱走…を繰り返しています。深く反省です。

きっと我が家の愛犬は過去にも前の家でのこの脱走癖によって、保健所に収容されてしまったのでは?と想像しています。危うく殺処分されるところでした。

絶対、目を離しては駄目ですね~!本当に取り返しのつかないことになりかねないです。




 

141日前

 

 

 

 

 

 



この子らに里親が決まれば、まだ助けを待っている猫たちを救うことができるんです!

141日前

 

もうびっくりしますよ! 

 

わんちゃんもお利口だけど、これをみんなが認めているというところが素晴らしいですよね!ちなみに記事には書いていませんが、このワンちゃんの飼い主さんはドッグトレーナーみたいです。

ニューヨークからのエアメール ~ever since~

作者:さくらまい

ニューヨークからのエアメール  ~ever since~

アメリカ国籍で在住ビザにて、日本に今住んでます。

7日 1227 総合 5406 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



さくらまいさん新着記事



過去記事

さくらまいさんへの新着コメント




ニューヨークブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 おもしろおかしのSAKAIのニューヨーク・ブロ~グ
2位 New York美・食・遊のススメ
3位 ニューヨークとハーレムと音楽のはなし
4位 taku`s blog
5位 Sew Easy New York
6位 今日のトミー ~NYハーレム便り~
7位 自由の女神になりたくて。(New York カメレオン人生)
8位 ニューヨークからのエアメール ~ever since~


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?ニューヨークでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録