Welcome!

ニューヨークからのエアメール ~ever since~

12日前

長いアメリカ生活から30年ぶりに日本に戻ってきて、物凄いカルチャーショックを受け続けていた私は、日本社会の中でなかなかうまく溶け込むことができなくて、他の人達と関わりながら外で働くことができない状態となってしまいました。

最初にブラック企業というものを知らずに…そういう業界に飛び込んでしまったことも、自分を追い込んでしまった大きな原因でした。英会話教室の講師の仕事です。

かなりきつい研修が終了した後で、講師としての認定証を取得後に、お給料に嘘があったことが発覚して、精神的に大パニックを起こしてしまったんです。

最終的にいろいろあって、開校前に辞めました。

でも、その後もかなり精神的なダメージを引きずり続けてパニック障害が悪化してしまいました。なんとか治そうと、ドクターショッピングをする日々が続きました。

だいぶマシになってきたところで、自宅でできるウェブライターを始めました。

でも、そのころちょうど世間ではウェブライターでの社会問題が起きていたのです。それを私は知りませんでした。英会話教室がブラック企業であることを知らずに飛び込んでしまった時と同じように、この日本社会をまだよく判っていない私にとって更なる困難が待ち受けていたのです。

ようやくウェブライターとして稼げるようになった1年後、突然リストラされてしまいました。その時は、ライターとして人気も出ていたし、アクセス数も上位クラスにいたのになぜ?という疑問しかありませんでした。その数か月後に私が書いていたサイトは閉鎖が決定しました。

今はご存知のようにわんちゃんホンポで時々書かせていただいています。ここは以前のサイトとは違い、安心して書けるサイトです。しかし収入的の面では、ここだけで暮らしていけるまでには全然いたっておりません。でも、思ったのです。今の私の精神状態にとっては、収入のことを考えるよりも、精神的安定をまず考えるべきだと。

わんちゃんホンポでのお仕事は、犬たちがおかれているこの日本での状況を少しでも良い方向へもっていけるように、今の自分なりにできる精一杯の慈善活動だと考えています。

実際、先日、わんちゃんホンポでたまった収入の半分を個人で動物保護活動をされている女性に送金させていただきました。

半分といっても、まだほんのわずかな金額しか収入を得ていませんので、福沢さんお1人分ですが…

まだ日本での生活を維持できるほどの収入の安定が確保できていない現在の私にとっては、最大限のことをしたと思います。つまり自己満足ですかね。でも、自己満足でもいいんです。自分がそうしたいと思ったんですから、その気持ちが大事だと思っています。


夫も外で何度か働いてみましたが、やはり合わなかったようです。彼は精神的に私よりずっと強い人なのでカルチャーショックを受けてもパニック障害は起きていませんが、もう二度と外で人と関わるような仕事はしたくはないと言っています。それがどうしてなのか私のように口にはしませんが、よほど耐えかねたことがあったのでしょう。

現在は、自宅でやはりネットで仕事しています。校正とか編集とか文字起こしのような収入的には私とさほど大差ないような仕事ばかりですが、それでも彼がそれをやりたいと思ったのであれば、妻の私もそれでいいと思っています。

彼は国立大卒の高学歴です。でも、そんなもん、この日本の地方社会では何の役にも立ちませんでした。日本で高学歴が役に立つのは、新卒の時くらいなもんですね。歳をとってくると、それが逆に邪魔になってしまいます。

彼の祖父は医者でした。彼の叔父は大学教授でした。彼の大叔母は衆議院議員で著名度のある作家でした。


しかしながら、彼は、世間の波にとうとう乗れませんでした。そしてこんな私の元にたどり着いてしまいました。

私たちは二人とも再婚者同志です。実は私たち、離婚危機までいったこともあります。

でも、今回の日本帰国が私たち夫婦の縁と絆を深めてくれたんです。

今、私たち夫婦はとても幸せです。二人とも日本での仕事には恵まれていませんが、将来の経済的不安も抱えて入ますが、それなりに幸せに暮らしています。

それが私たち夫婦が日本に戻ってきて得た大きな成果でした。

だから、日本に戻ってきて本当に良かったなと心から思っています。

ま、今後の生活はなんとかなるさ!くらいでいこうかと考えています。

13日前

私がわんちゃんホンポで記事にしたことで知り合った滋賀県で個人で動物保護活動をされている女性。

子供4人もいらっしゃるシングルマザーです。そのうちの1人のお子さんは発達障害を抱えていらっしゃいます。

彼女は、日々、人々から(犬や猫を)助けてほしいという相談を受け、様子を見に行って、どうしようもない状態の犬猫たちを保護しています。

 

 

人々は彼女のことをまるで打出の小づちを持っている仙人だとでも思っているかのごとく、頼り切って泣きついてきます。

 

 


そして役場までもが、野良猫とかの相談があると彼女の連絡先を教えているという現実があります。
 

 

 

彼女は本当に天使みたいな女性ですが、けっして仙人ではないのです。あなたと同じ人間なんです。

女手一つで4人もの子供を育て続けているシングルマザーができることは、あなたにもできるはずです。

 

役場も獣医師会もすべて含めて一言申し上げたい。

みんな本当に…彼女1人に押し付けるのは、いい加減にしときや!って…


 

 

 

 

 

 


少なからず、彼女に賛同し、協力し、なんとか助けようとしている人たちはちゃんといます。
でも、もっとみんながそうあるべきではないでしょうか?

 

ここにあげたツイートは、今日の彼女の1日の行動です。

もちろん、彼女にも仕事があります。生きていくのにはお金が必要です。

その合間に保護活動をしているというか、保護活動の合間に仕事しているという方が正しいかもしれません。

彼女の素晴らしいところは、お金のことよりも何よりも、まず動物たちの命を真っ先に考えて、助けていることです。

これはなかなかできることではありません。

みんな…世話が大変すぎる!とか、病気のコは治療代がかかる!とかいろんな自分の理由をまず考えてしまいます。

私自身も今は犬猫の保護活動を抑えています。彼女と同じシングルマザーだった時代は、後先考えずに、目の前で助けが必要な命は助けていました。といってもNYで7匹、日本でも数匹でしたが…今はそれもできない状態で苦しんでいます。

家族、金銭問題、自分の歳や病気のことなどなど…やはりかなり臆病になっています。

だから、他の人達に大きなことは言えないんですが、もっとちゃんと考えましょう!

日本での犬猫たちの状況はけして良いとは言えない状態です。

増えすぎています。それなのに、産ませすぎています。売りすぎています。捨てすぎています。殺処分しすぎています。

この問題をもっと真剣に考えてみませんか?

 

 

 

13日前

以前、米国籍を取得した元日本人が日本に入国するために日本のパスポートを使っていることについて何度も記載したのですが、その違法行為について法で裁かれた場合の罰則についての法律をコメントで教えていただいたので、再び書いておきます。

そもそも、米国籍あるいは外国籍を日本人だった人が取得した瞬間に、日本国籍は消失するということを知らない人が多すぎです。


私がNYにいた時に、米国籍を取得した元日本人が、みんなもやっているから大丈夫という軽い気持ちで日本のパスポートを更新し続けているという事実を知りました。

確かに米国籍あるいは外国籍を取得しただけでは、日本の戸籍はまだ残っています。

日本は二重国籍を認めていないので、外国籍を取得した場合、すみやかに現地の日本領事館あるいは日本の市役所、区役所にてすみやかに日本国籍の離脱を申請する義務があります。そうすることで戸籍が抹消されます。

それを知らない人が多いのです。日本国籍を所有する権利は自動的に消失しているにもかかわらず、戸籍が残っているからまだ自分は日本国籍を所有していると勘違いしてしまうのです。自分の意思で日本国籍の放棄手続きをしなければ、日本国籍はいつまでも持っていられるのだと大勘違いしているのです。生まれながらの二重国籍者以外は、自分には選択の権利はありません。

更に戸籍が残っているので、日本のパスポートもまだ申請・更新できると勘違いしています。


もちろん、海外の日本領事館では、外国籍取得後にはもう日本のパスポートの更新は不可能になります。何故なら、海外の日本領事館でのパスポートの更新時にはその国の滞在ビザを見せなければならないので、国籍を取得していることが判るからです。

なので、外国籍取得後に元日本人たちは、日本に戻って日本にて日本のパスポートの更新を行っています。

外国籍取得後に外国でできなくなった日本パスポートの更新は日本に戻れば可能であると大勘違いしているのです。

パスポート更新時に申請用紙に日本以外の国籍を所有していますか?という欄がありますが、そこに”いいえ”と虚偽の申請をして、更新手続きを行っているのです。これは、明らかに犯罪になります。


旅券法(昭和二十六年十一月二十八日法律第二百六十七号) 「第二十三条第一項」

 

第二十三条  次の各号のいずれかに該当する者は、五年以下の懲役若しくは三百万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。

 この法律に基づく申請又は請求に関する書類に虚偽の記載をすることその他不正の行為によつて当該申請又は請求に係る旅券又は渡航書の交付を受けた者
 他人名義の旅券又は渡航書を行使した者

外国籍取得後に日本の旅券申請・更新をすると、これに該当することになります。

では、なぜ、外国籍を自らの意思で取得した一部の元日本人が日本のパスポートを維持し続けているのかといえば、それは本当に単純で愚かな考えからなのです。

・日本に長期滞在できる

・将来日本に戻るかもしれないから

この2つの単純な理由からです。

そもそも元日本人であれば、将来日本に長期滞在または永住することはちゃんと手続きをすれば可能なのですから、そんなヤシをしなくても大丈夫なんです。

彼らは海外を出国する時は、その国のパスポートを提示し、日本に入国する時には日本のパスポートを提示、そして日本を出国する時には日本のパスポートを提示し、海外に戻る時にはその国のパスポートを提出しています。

それが許されるのは、海外で生まれて自動的に二重国籍を得ている子供たちのみです。(その子供たちもある一定の年齢に達する前に国籍の選択をしなければならない義務があります。)自らの意思で外国籍を取得した者たちに許されていることではありません。

まだ手続きをしていらっしゃらない方たちはすみやかに日本国籍の離脱届をしましょう。

日本政府はとても優しいです。なので、離脱届の義務がある期間にそれをしていなくても、何年経った後でそれをしても、よほどの事がない限り、罰することはありませんので、怖がらないでちゃんとやりまっしょう。この私も、かつて日本国籍の離脱届は2年以内にすればよいと大勘違いしていて米国籍取得2年後に離脱届をした過去があります。本当は2年以内ではなく2か月以内だったといことをその時初めて知りました…(反省)でも、なんのお咎めもありませんでした。責められることはなく、事務的に手続きは行われました。

日本の法務省でも、やんわりと書かれています。(だから勘違いしてしまう人がいるのですが、一応リンク先をつけておきます)

http://www.moj.go.jp/MINJI/minji04_00069.html

 

http://www.moj.go.jp/MINJI/minji06.html

 



(犬ブログに登録していますが、今回は犬について書いていません)

14日前

わんちゃんホンポでこれまで公開された私の記事は、現時点で27件です。

私は主に海外の保護犬たちの記事や犬に関しての救助活動などを中心に書いています。

日本の犬たちのことも書きたいのですが、それは他のライターさんたちも他のサイトなどで取り上げていることが非常に多いので、あまり同じものを書いてもと避けているため、どしても英語でしか読めないものを日本語でご紹介させていただき、もっといろんな話を知っていただく方がいいかなと思っています。

が、たま~に、日本の犬のことも、また日本で懸命に保護犬活動をされている方のことも、他のサイトなどで取り上げられていないことを確認した上でご紹介させていただいたりします。

私はどちらかといえば、犬よりもこれまで保護猫達と一緒に暮らした経歴の方が長く、猫に関しての事の方が詳しいのですが、書いているサイトがわんちゃんオンリーなので、猫の事は書くことを現在していません。ねこちゃんホンポもあるのですが、まだサイト自体にアクセス数が多くはないので、海外記事などは取り扱っていないということでした。そちらでもいずれ書ければいいなと願っております。

ということで、今回は、わんちゃんホンポで私がこれまで書いてきた記事に対しての人気ランキングをしてみようと思います。どういう記事がアクセス数があるのか、人気なのかを自分自身でも整理して記録しておきたいので…

下記はあくまでも現時点で確定したアクセス数によるランキングです。通常わんちゃんホンポでの私の記事に対するアクセス数は数千件~2万件の範囲となっています。今年2月から始めたので、これからでしょうか…

★1位 圧倒的に他の記事より読まれています。この記事だけ2万件を超えました。

 

 

★2位 これは1万7千件以上 動画を紹介した時はアクセス数が多い気がします。

 


★3位 アクセス数1万6千件以上 この記事は初めてとても悲しい結末で終わってしまうものでした。
 


★4位 アクセス数は1万6千件弱 こちらはとってもハッピーなわんちゃんの動画です。

 


★5位 アクセス数1万6千件弱 こちらは動画と写真のミックス記事でした。

 

 

以上、5位まででした。(笑)


ちなみに、私が一番みなさんに読んでほしい記事が下記です。まだアクセス数はそんなにいっていないのですが、この記事に書かれていることを日本のみなさんにとにかく知ってほしいです。

 


日本は”犬猫がほしい=ペットショップで購入する”という感覚の人がとにかく多すぎです。

そういう人は、愛猫家、愛犬家とは私は違うと思っています。それはただの自己満足ではないですか?

犬や猫たちのことよりも、自分が可愛がりたい対象が欲しいから…ですよね?違いますか?
つまり愛玩動物ということですね。ちなみに私はこの言葉が大嫌いです。

命あるもの=玩具ではありませんから!

日本での保健所での殺処分数を考えると、これ以上命を利益のために増やすべきではないのです。

また、子猫や子犬たちの命がお金儲けに繋がることで、悲しい運命を負わせてしまうことになっていることにいい加減気づきましょう。

繁殖業者たちが子を産めなくなった親犬達や病気や障害を持って生まれた子猫や子犬たちを放棄したり、餓死するまで放置したり、殺したり、引き取り屋という闇の業者に渡したりしているんです。

その原因を作っているのは、命を買っている消費者たちなのです。その現実を教えてくれる内容となっています。

知らない、考えない、自分の気持ちだけが大事…ということは、本当に悲しく恐ろしい結果を生み出してしまうのです。

今までペットショップで命を買ってきた人たちがそのことに気が付いてくれればと心から願っております。

お金で命を買わないで、どうか命を助ける事を考えてください。

15日前

 

 


Rootstockさんが保護している犬や猫たちに里親が見つかれば、まだ救助を待っている犬猫たちが助けられます。

ニューヨークからのエアメール ~ever since~

作者:さくらまい

ニューヨークからのエアメール  ~ever since~

アメリカ国籍で在住ビザにて、日本に今住んでます。

7日 1439 総合 5258 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



さくらまいさん新着記事



過去記事

さくらまいさんへの新着コメント




ニューヨークブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 おもしろおかしのSAKAIのニューヨーク・ブロ~グ
2位 今日のトミー ~NYハーレム便り~
3位 New York美・食・遊のススメ
4位 ニューヨークとハーレムと音楽のはなし
5位 ニューヨークからのエアメール ~ever since~
6位 自由の女神になりたくて。(New York カメレオン人生)
7位 Sew Easy New York
8位 ニューヨーク・味覚のミラーボール2


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?ニューヨークでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録