Welcome!

New York美・食・遊のススメ

146日前

ジモモ ニューヨーク

 

↑ブログランキング参加中です♪ クリックしていただけると嬉しいです自由の女神キラキラ

 

 

 

ただいま日本一時帰国中です日本

自動更新にてUpしております〜♪

 
 
引き続き日本から来た友達(過去記事→)と行ったところ〜
 
彼は建築家なのでNYに来るとやっぱり建造物中心の観光に会社会社会社
 
私も初めてだったOne World Observatoryへ一緒に行ってきました。
 
 
 
{257DCAC3-59CB-4234-AA3A-9C8308D9F5D2}
 
One World Trade Center Stationも有名な建築家の作品らしいけど随分キレイになりましたね
 
 
 
{AD3CE97F-8C21-4ED1-A8EB-F10D6C2F18AD}
 
チケットは希望時間のものを事前に購入、もしくはその場で並んで買います。色々種類はあるけど私達は一番安いstandard admissionにしました。それでも$34!
 
 
 
{4052FE4D-C767-4EAC-9936-9C9BE4E483B8}
 
セキュリティーゲートを抜けるとなんだかテーマパークのよう。
 
エレベーターは約50秒ちょっとで一気に102階へ!NYの歴史と共に刻々と変化していくエレベーター内の映像も見応えがありました目
 
 
{288E0D70-3F68-4C89-B92E-B03BE99F81AE}
 
エレベーターを降りていよいよか、と思いきやまたしても長いスクリーンにNYの映像が映し出される。こういう風に時間を稼いでなるべく多くの人を待ち時間少なく案内できるようにしてるんでしょうね〜
 
 
 
{FC4D3163-6E58-4715-BA5E-51243A034D6E}
 
映像が終わると感動的な音楽と共にこのスクリーンだった部分が下から上がっていき、ジャジャーンと眼前に絶景が広がります!
見せ方がお上手だこと。笑
 
 
 
{DFA6F8DE-BE42-4743-AB75-3E578DF1B928}


上には結構ちゃんとしたレストランやバーがありました。

でも物凄く高い。ビールと炭酸水買って$25ってガーン

 
 
 
{FFCBAF45-1C65-4EFA-A2EE-79C3DDA3758B}
 
展望フロアはこんな感じ。
窓際に近寄って見ると、、、
 
 
{348F7735-71E4-483D-8E6C-8BA49DF10F82}
 
おぉ〜〜〜
今まで高いと思っていた建物が信じられないくらい低く見えますビックリマーク
 
 
 
{4221A0FE-2C95-4289-A8B7-938E715FBC00}
 
窓際に座ったりを防止するためなのかギザギザもよく見ると摩天楼で可愛い。
 
 
 
{B95F62F7-5CF1-4BEB-8862-1670A3FDB3ED}
 
色んな有名デザイナーの建物や裏話など建築家の友達に解説してもらいながら見るNYはなんだか新鮮。
 
 
 
 
{17647852-2DF4-42BF-BC52-0E92A42C8C4F}
 
Brooklyn、QueenはもちろんNJ、Staten Island、Governors Island、果てはConnecticutまで見渡せるここの景色は本当に素晴らしいですキラキラ
 
 
 
{DC0B75D4-A5F4-4549-8918-FD123397AAC2}
 
ちょっとボケちゃってますが窓(外側)にはりついていた虫もここが100階と考えればなかなか見上げたタフガイ。笑
 
 
 
{7461ABB9-88A7-4F68-8ACC-5537A5086E17}


たくさんのお土産がありましたがその中にオリジナルワインも。

ううーん、、、いらない冷や汗2

 

 

 

 

 

{D5CFC659-0162-48DB-8A6C-9136887AC5DD}
 
地上に降りてきた後、お向かいのBrookField Placeにもご案内。
男の子「これ建築雑誌でみるより意外とチープ」、だそうですw
 
 
 
 
{D5CD48D8-3B92-4834-9F5F-4E6F27A43A60}


少し風がありましたが外に面したバーで一杯ひっかけてました。

これが最高に気持ちいいーーーーー!

Brookfieldは全体的にプライシーだけど雰囲気は好きだなぁ

 

昔は良く一緒にこの辺りまで走ったもんです走る人DASH!

 

 

 

さて、今頃は日本でこの友達も含めた元NYメンバー達と飲み会のハズ・・・デレデレ

飲むぞー!笑

 

 

 

 

*One World Trade Center 

285 Fulton St,

New York, NY 10007

 

 

 
 
ブログランキングに参加しています
たくさんの方のお役に立つ記事を書いていきたいと思います!
 
 
 
にほんブログ村のランキングにも参加しました!
ポチっとして頂けたら嬉しいです
すまいるすまいるすまいる
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓




 

世界の人気ブログへはこちらからどうぞ♪
↓  ↓  ↓  ↓  


 

 

152日前

ジモモ ニューヨーク

 

↑ブログランキング参加中です♪ クリックしていただけると嬉しいです自由の女神キラキラ

 

 
 
 
 
 
ただいま日本一時帰国中です日本
自動更新にてUpしております〜♪
 
 
 
 
{7DCE136E-38FD-4020-B052-2EC2A71B6CEF}
 
今年のインディアンサマー(10月3週目の頭くらいだったかな)は旦那くんがお休みの日があったので友達が合わせて有給を取ってくれ(笑)、3人で平日ゴルフしてきましたー!
 
それまで結構寒い日あったけど急に夏が戻ってきたもんだから同じような考えの人達がワラワラと大量発生ウシシ
 
 
今年最初で最後のゴルフだったもんで、スコアは気にせず楽しくやりました
来年はもっとやらなきゃなー、と旦那くんと反省。
 
 
 
 
 
 
 
さて、少し前になりましたが日本から旦那くんとの共通の友達が遊びに来た時に3人でAquagrillでディナーをしました♪  (彼の、というか半ば旦那くんの希望でw)
 
 
{F3B30CF0-5441-4021-8E39-E1AFCB8C781A}
 
私は前日のパーティーでやや二日酔い気味だけど向かい酒でカンパーイ。
 
 
 
 
{68B48ADF-8B79-4442-8E49-87A1B8F650D0}
 
何はなくともこれでしょ〜♡ 
 
Beavertail 
Ninigret  Very Good!
Piper's Point 
Potters Moon
Rome Point  Good!
Salish Seas  Very Good!

 

その日のオイスターメニューで食べたことのある種類を除いて上から6種類とクラム、ちょっと高かったジャンボクラブ。クラブ美味しいんだけど食べ辛過ぎてお勧めはしません 


 
 
 
{1F53FD2A-3046-4D0E-8858-0B564B815DD1}
 
トロのタルタル with トリュフ風味醤油
 
トロは普通に美味しいですがトリュフ醤油がんーーー、邪魔。笑
日本人はやっぱりシンプルに醤油だけで頂きたい。
 
ここのうにも好きなんだけどこの日はなかった。しょぼーん。
 
 
{115C03E3-FE3F-41E3-B502-A38D26CBB385}
 
当然足りるはずもなく追加。
また上から10種類。今回は簡単に覚書付き。
 
Shiny Seas 塩っぱい
Watch Hill ジューシー Very Good!
Widows Hole  塩っぱい
Dungeness チューイー、磯っぽい
Fire Lake 至って普通
La St. Simon チュルっとした食感。やや塩っぱい
Beau Soleil 美味しいけど小さい
Deep Bay とってもミルキー。いい牡蠣風味 Very Good!
Onset Bay チュルっとした食感。塩っぱい
Race Rock ややミルキー。塩気はほとんどなし Very Good!
 
はーーーーー、幸せハート
二日酔いじゃなきゃもっと良かったw
 
あと6、7種類くらいで全部制覇できたんだけどな。
意外とオイスターとパンでお腹にたまりました。パンといえばここのコーンブレッド何気に好きです!
 
 
 
{0CE4A84A-BADC-44AC-B07B-8CD582787C32}
 
シーズンものってことでパンプキンタルトをデザートにシェアハロウィン
 
懐かしの場所でトークもはずみ、すっかり長居しちゃいました〜
NYで一緒に過ごした年数より彼が帰国してしまってからのほうが長いけどまたこうやって訪ねてくれるのは本当に嬉しい♪
 
NYで出会った人はたくさんいるけれどいわゆる"Keep in Touch"している友達ってそこそこ限られる。個人差はもちろんあるとは思うけど私達はあまり器用な方じゃないんだろうな、きっと
 
 
 
 
 
{81D37937-D767-4186-BA42-35A68B220014}


Aquagrillって昔から凄くいい思い出しかない〜嬉しい

またそのうち来ます♪

 
 
 
 
*Aquagrill
210 Spring St, New York, NY 10012
 
 
 
 
ブログランキングに参加しています
たくさんの方のお役に立つ記事を書いていきたいと思います!
 
 
 
にほんブログ村のランキングにも参加しました!
ポチっとして頂けたら嬉しいです
すまいるすまいるすまいる
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓




 

世界の人気ブログへはこちらからどうぞ♪
↓  ↓  ↓  ↓  


 

 

 

 


 

307日前




↑ブログランキング参加中です♪ クリックしていただけると嬉しいです自由の女神キラキラ




さて南仏Provenceの中心都市Avignon(アヴィニヨン)にやってきました。
ここはなんと言っても有名なのが法王庁。14世紀頃100年程の間ここAvignonに置かれていたのです。

因みにCarcassonneに引き続きこちらも強風~



法王庁。ヨーロッパ最大のゴシック様式の宮殿だけあって大広間や、回廊、礼拝堂など内部はとても広かったです。

ちなみに2013年に行った時にも写真を載せているのでご参考にどうぞ(過去記事→)。





ずいぶん姿勢の良い旦那くん。笑


そしてAvignonのもう一つの見所はPont d'Avignon (St Benezet橋)。アヴィニヨンの橋で~♪ 踊~るよ、踊~るよ♪の歌で有名な橋ですよ



こちら橋の上です。実際の橋幅は狭く歌にあるように輪になって踊っている場合ではないびっくり  でも風の強さが少しは伝わるかしら?


とにかく橋の上は風が強すぎて、私は前に一度先端まで行っていたので旦那くんが風に吹かれながら歩いていくのをじっと途中の壁に潜んで待っていました。】;・ω・))ジー



Avignonに着いた日はフランスはメーデー(5月1日)。その為ほとんどのお店(レストランも含む)がお休みでしたガーン

でもホテルの人がメーデーでも開いているお勧めのレストランを予約してくれたので助かりました。


Restaurant Le Brigadier du theatre 

{AAC8E090-3B13-495B-AAEA-6E588698F680}

この旅行初シャンパンで乾杯♡ 



{A0002247-03C6-4BF4-8D74-D89EBA52B7C5}

見てお判りの通りThe・フレンチなお料理。素朴だけれどとっても美味しい!
Bordeauxで食べた感じと似ていたかな♪




{2C605D1D-4B86-4AA0-A6C1-FBA8DAB22692}

ワインはこちらをボトルで頂きました。
Chateau Mont-Redon Châteauneuf-du-Pape 2012

レストランで60ユーロくらいなのにとっても美味しかったです!

と、言うことで、

翌日は、タイトルにある通り、、、、




Rhone wineの真髄!Châteauneuf-du-Pape ワイナリーツアーに参加してきました 

そう、これが今回のAvignonの最大の目的♡ 



以前に来た時もヌフのツアーには参加したのですが観光局がやっているざっくりとしたツアーだったので
ちょっと物足りなかったのです。

今回私が選んだのはTripadvisorで全てのレビューが最高評価の5つ☆というProvence & Wineです。

ガイドのRomainは生まれも育ちもAvignon、Châteauneuf-du-Papeエリアの生粋のAvignonっ子。フランスでソムリエの資格を持つワインのプロです

少人数制でかなりディープにワインを楽しんで学びたい人にお勧めです。私達はこのツアーに参加したくて旅行全体の日程をずらしたほど。笑





Romainとの待ち合わせはAvignonの法王庁の前でしたが、もう一組との合流場所はワイナリーエリアの丘の上に佇む法王の新城(Châteauneuf-du-Pape)。その名の通り、町のアイコン的な存在です。残念ながら戦争でこのように崩れてしまったそうです。





最初に訪れたのはChateau de Vaudieu 

可愛らしい、シャトー(城)といった感じ。


中では醸造タンクエリアから地下のワインカーブまで見学し、その途中途中でAOC Châteauneuf-du-Papeワインの歴史や特徴などを説明してもらいました。



ちょうど梱包の最中にパチリ。

ここから世界中に発送されていくのね~!






そしてお待ちかねのDegustation(テイスティング)タイム!


あぁ、感無量 

ちなみにこれはChâteauneuf-du-Papeの生産者組合の紋章です。ヌフのワインはボトルにこの紋章が入っているのが特徴的ですよね。



ここでは4種類を試飲。一応メモを取りながら飲んではいたものの数が多かったので適当になってしまった部分もあります。


Chateauneuf du Pape(白)
、全体の約3%しか作られないというChâteauneuf-du-Papeの白ワイン。Grenache Blanc 75% Rosanne 25%。2016年のChâteauneuf-du-Papeのコンペティションで金賞受賞作品。サマーフルーツのアロマが爽やかなフレッシュなタイプ。

Lirac(赤) リコリスの香りが印象的。Grenache 70%, Syrah 30%。


Gigondas(赤)
   黒胡椒のアロマが感じられる野生的なフルボディ。Grenache, Syrah, Mourvedre, Cinsaultのブレンド。配合はメモ忘れ。


Châteauneuf-du-Pape 2012 (赤)
  
Grenache 70%, Syrah 30%。うん。やっぱりこれが一番美味しい。


まだまだ先は長いので適度に吐き出しつつ試飲しました。(ちなみにツアートータルで試飲は20杯以上ですw)



Domaine les Clefs d'Or

一軒目よりファミリー感の強いワイナリーです。右端に写るのは朝いた法王の新城。




こちらでもラベリングをし、どんどん箱に詰めていました。

ボトルに貼る前のラベルが連なっているシートを見せてもらってちょっと感動ー。





醸造で使うのもコンクリ、ステンレス、大きい樽、小さい樽と様々、品種や用途によって、またはそのワイナリーのスタイルによって使い分けて行くんですね。



Romainが出来立て(正確には樽熟成の前なので未完成)のワインを醸造樽から直接取り試飲をさせてくれました!この経験は初!!!

当然まだ渋く、酸っぱ~い。樽の成分もワインの中で充分にこなれてないのでトゲトゲした味です。




ここのワイナリーの最古のワイン、1929年ものも見せてもらいました。長い年月を経て減っている量が流石の貫禄。

どんな味がするのかな。





こちらでも4種類程試飲しました。


Châteauneuf-du-Pape 2009  Les Craus Centenaires (赤)   フィグやチェリーといったジャミーなアロマ。コスパを考えると素晴らしい出来。


Châteauneuf-du-Pape 2010 (赤)  
Grenache 100%の珍しいヌフ。ただ全て葡萄樹はVieilleVigneと呼ばれる老樹。24ヶ月ステンレスタンクで熟成。土のようなニュアンスで舌触りはベルベットのようなスムースさ。

この2種類以外メモ忘れ汗





ランチはRomainお勧めのワイナリーでもあるこちらのレストランへ。


もう一組も同じアメリカから来た夫婦で旦那様が馬を管理&調教するお仕事、奥様はお医者さんでした。

そういえばBaroloでのプライベートツアーの参加者も同じNYから来たお医者さんでした。


とても話しやすかったし旦那くんと奥様が同じ職業ということもあって意気投合!レストランでも同じテーブルでご一緒させて頂きました


今後のことを考えワインはあえてなしでキョロキョロ


後でRomainも参加し、全員が選んだメインの仔牛の煮込み(写真下)はさっぱりなので、これはヌフの白が良いマリアージュを見せてくれると教えてくれました。牛肉=赤ワインだったけど確かに!と頷いてしまう納得度でした。




レストラン前で4人一緒にパチリカメラ




美しいChâteauneuf-du-Papeのヴィンヤードを背に旦那くんと♡ 






お腹が満たされた後はワインとチョコレートとのマリアージュを学びにこちらのお土産ショップへ。




ワインはChâteauneuf-du-Pape 2011とこの辺りのデザートワイン、Rasteau(ラストー)。


チョコレートは①ミルクチョコレート、②ダークチョコレートwith煮詰めたヌフワイン、③ダークチョコレート。


断トツでRasteauと②のチョコレートのマリアージュが好きでした照れ




3つ目のワイナリーはChâteau La Nerthe


なんだかちょっと高級感のあるワイナリー。





ここのワイナリーは規模も大きめなので(ガイドのRomainより英語が堪能なw)女性がしっかりツアーをしてくれました。



たくさんのボトルが眠るカーブは有名レストランなどがストック用に専用のエリアを持っていました!
上はパリの超有名三ツ星レストランLa Tour d'Argent、下はシェフAlain Ducasse氏。





彼女がガイドしてくれたここのワイナリーの方。


モダンできれいなテイスティングルームで6種類ほど頂きました




Châteauneuf-du-Pape 2014 (白) クリスプでクリーンな味わい。クリームを使わないシンプルなシーフード料理とペアリングが◎


Châteauneuf-du-Pape Clos de Beauvenir 2010 (白)
  リザーブ白ワイン。バタリーでトロピカルフルーツのアロマ。これぞランチに食べた仔牛に合わせられるようなボディのある白。今まで飲んだ白ワインの中でTop 10には確実に入るくらい私も旦那くんもお気に入り。最後の場所で買えるかわからなかったのでこちらのワイナリーで80ユーロほどで購入。





Châteauneuf-du-Pape 2012 (赤) まだまだ荒い。

Châteauneuf-du-Pape 2006 (赤)  上のヴィンテージに比べると驚くほどスムース

Châteauneuf-du-Pape premium 2012 (赤) バランスがとれ、荒さも控えめ。ぐっと味わいに深みがでます。



この辺りからだいぶお酒が入ってメモが面倒臭くなってきた感じがよくわかりますw





そして最後に訪れたのがマスターソムリエGuy (発音はギー)がオーナーのLes Caves Saint Charles




半地下のカーブ型のお店はまさにワイナリーとショップの中間のような空間。

薄暗くキャンドルの灯りが幻想的なカーブ内にはケースに入ったワインが所狭しと置かれています!





ここでは確か7種類。Châteauneuf-du-Papeの白1種類と赤6種。


Châteauneuf-du-Papeも多くのワイン産地と同じように古典派とモダン派の融合が今面白い。さらにはGuyからネオクラシック派なんてものもあると教えてもらいそれぞれの造り方や味わい、品種の配合の違いをテイスティングと共にレクチャーしてもらいました。

Guyの語るワインの世界感はまさにリアル神の雫神の雫


『これはイスタンブールのレザーマーケットにいるような・・・』とか、

『ビターチョコレート、ユーカリ、キューバ産のシガーが・・・』など

言葉が巧みで本当にその情景が浮かぶようでしたキラキラ
マスターソムリエレベルだと表現力も重要になってくるのでとてもいい勉強になりました!

旦那くんも私もChâteauneuf-du-Papeは大好きな産地なのでここでワイン12本をお買い上げ。

気になるワイナリーのものや上級キュベなども含めたので金額がかなりいきましたがこの旅行唯一の散財ポイントでした





左がオーナーのGuy。ここで近々レストランもオープンするようでまた是非訪れたいと思いましたるんるん


そういえば一番お世話になったRomainの写真がないびっくり  とりあえず早いとこTripadvisorのアカウント作って彼のツアーを評価してあげなくっちゃ。


もちろん最高の星5つです!!!



{7C2506EA-9DB8-4881-A07F-EDEDA6524156}

追記:ちょうど2日程前にGuyの所で買ったワインが無事届きました♡ 




旅行記、頑張って書いているのでようやく後半戦に突入。
それにしてもワイナリーツアーのブログはまとめるのが大変でした。ため息バタ バタンキュー...

さてアメリカ在住の皆様は素敵なMemorial Day Weekendをお過ごしくださいませっアメリカ






ブログランキングに参加しています
たくさんの方のお役に立つ記事を書いていきたいと思います!


にほんブログ村のランキングにも参加しました!
ポチっとして頂けたら嬉しいです
すまいるすまいるすまいる
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓





世界の人気ブログへはこちらからどうぞ♪
↓  ↓  ↓  ↓  







310日前



↑ブログランキング参加中です♪ クリックしていただけると嬉しいです自由の女神キラキラ



意外と久しぶりなお家deゴハンシリーズ。

ブログにはUpしてないけれど毎日ちゃんと作ってますよ。地味飯だけど。



今日は日にちをまたいで昨日の結婚記念日(5/22)をお祝い♡ 
旦那くんが昨日はお仕事だったので。


今年で結婚して丸6年。7年目を迎えましたキャハハ



旅行記に書いてる通り、スペインとフランスに最近行ったのであまりかしこまった感じではなく好きなものをカジュアルに♪

一応テーマはややイタリアンITALIA



今日は旦那くんがお休みだったので2人で昼間に色々やるべきことを済ませた後クラフトビールをたくさん扱っている大好きなビール屋さんへ。
暖かくなってきたからサマー系のビールが目立ちました!

私は今回初めて買ったFire Island Beer Co.のSea Salt Ale。
ほんのり磯の香りがして、でも軽すぎずかなりドストライクで好みな味ハート

旦那くんはGoose Island Beer Co.のSummer time Kolsch。飲みやすくてこちらもこれからの季節活躍しそう~




前菜は旬のグリーンアスパラガスをポタージュ仕立てに。
ポーチドエッグ&黒トリュフがいいアクセント♪ でもなかなかきれいなグリーンな色を出すのが難しいもじゃもじゃ

お皿は以前買ったWedgewoodのNantucketシリーズです。(過去記事→★)




おつまみに自家製ポークリエット。
本当はレッスン用に作ったのだけど少しだけ食べちゃいましたじゅる・・




今回の旅行の最終目的地Niceで食べたジャンボシュリンプが美味しすぎて家でも再現!
簡単に茹でただけだけど味噌も美味しいし、身も大きくてぷりぷりで超食べ応えがあります~
ソースはレモンアイオリソースで爽やかにレモン






前菜2品目はヒラメのカルパッチョ。
昨日韓国系スーパーで生きたのを買ってその場でおろしてもらいました。

特別凝ってはないけれど塩、オリーブオイルは美味しいものを。そして隠し味に白だし&グレープフルーツを加えましたにま~
ポピーシードと、添えた葉っぱ系は最近キッチンで育てているものをガーニッシュに♪

お皿はこちらも以前買ったWedgewoodのIntaglioシリーズ(過去記事→)。






最後は超本格的なメイン級のお肉たっぷりボロネーゼナポリタン

イタリアのBolognaで食べたボロネーゼ(過去記事→)に感動した旦那くんの為に時間(と愛情)をかけて作りました。


結構大変だったけどその甲斐あってめちゃくちゃ美味しかったー!




{1406843A-833A-48FA-98F1-12EC5F18D099}

シンプルな料理だからこそこだわって作ろうと思ったので、お肉はNY stripをひたすら叩いて挽肉に。(ぶっちゃけめちゃくちゃ疲れるのでお勧めしませんw)



{87472116-6717-47DA-AE93-8DD9F735CD01}

ただの挽肉より多少バラツキのある感じがより肉々しててGoodですグッド!



{A11C2E00-363E-4F6B-9CD2-206F08FA669E}

野菜と挽肉を炒めた後は深みを出す為に別で炒めたパンチェッタとトマトペースト、ハーブ類を投入。



{6B711702-B6ED-41E6-BEC6-7DB0507A49B5}

赤ワイン、トマト缶、ミルク、スパイス類を加えた後、イタリアのマンマの料理らしくチーズの表皮を加えて丸一日煮込みます。





ワインはBologna料理のメインに合わせてSangiovese種のやや強めのワイン、Brunello di Montalcinoをセレクト。

La Poderina Brunello di Montalcino 2010
$50しないくらいですがグラスから溢れんばかりのレッドチェリーやプラムの香りに圧倒されます。エレガントなスモーキーさ、そしてCSにも見られる杉のような清涼感、凝縮感があり、でも舌の上でソフトな味わいは本格ボロネーゼに良くマリアージュしてくれました♡ 



仕上げはもちろん熟成Parmigiano Reggianoを上からスリスリチーズ

ちょっと自画自賛してしまうくらい美味しかったです。









結婚7年目。

些細なことで喧嘩したり、売り言葉に買い言葉だったり、そんなイザコザもやっぱりあるけれど私と彼、個人同士の結婚ではなくやっぱり夫婦というものは2人で支えあって協力し合って作り上げていくものなのだと痛感しています。
お互いにこの一年を反省して次の一年に改善できるように、とこんな時だからこそテレビも携帯もなしでゆっくり会話を楽しみましたすまいる

相手に多くを求めてしまうのは甘えから。自分だって完璧じゃないのだから相手にも優しくならなきゃね。

そんな訳でここ数日はまた新婚時代のようなラブラブっぷりです
(*^^*)






ブログランキングに参加しています
たくさんの方のお役に立つ記事を書いていきたいと思います!


にほんブログ村のランキングにも参加しました!
ポチっとして頂けたら嬉しいです
すまいるすまいるすまいる
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓





世界の人気ブログへはこちらからどうぞ♪
↓  ↓  ↓  ↓  







314日前





↑ブログランキング参加中です♪ クリックしていただけると嬉しいです自由の女神キラキラ






さてBarcelonaからRenfe(スペインの国鉄)とSNCF(フランスの国鉄)を乗り継ぎ私達がやってきたのがCarcassonne(カルカッソンヌ)、私は両親と来た2013年以来、2度目の訪問です。





シテと呼ばれる二重構造になっている城塞都市内部はまるで中世にタイムスリップしたかのような気分にさせてくれますすげ~ 
同じくフランスにあるMont Saint-Michel(モン・サン=ミシェル)と比べてもそのスケールの大きさは圧巻です!!!



全体像などご紹介していく前に~

まずは~

腹ごしらえ~





前回来た時は両親とこの写真の右端のレストランでランチをしました♪ (過去記事→ )

旦那くんメニューをチェック中。でもここじゃないよー!





ランチはここ、Le Saint Jeanにて。

これから暖かくなったらこの外の席はたくさんの人で賑わうでしょうね~



こんなに塔を間近に見ながら食事を楽しめるベストスポットです照れ





サラダ頼んだらこんなの出てきましたびっくり

写真では分かりづらいですがこの生ハムサイズのチーズ(Cantalというここの地元のAOCチーズ)が2スライスも乗っていてかなりのボリューム!




そしてCarcassonneで絶対外せないのが前回も食べたCassoulet(カスレ)♡ 

白インゲン豆がたっぷり入ったトロトロ熱々の煮込み料理は豆があまり得意ではない旦那くんも「おおおお、美味しいー!」と大絶賛!

でしょでしょー♪




ラムのグリルも柔らかくてサイコーキャハハ 骨からずるっと取れます!

フランスのこういうブラッスリー的なご飯が大好きです~






お腹が満たされた所で前回は入らなかったコンタル城の内側へ(入場料は8ユーロ)。





旦那くんおすまし顔でハイチーズカメラ





Carcassonneは1年のうち260日ほど風が強いらしく、この日もワーニングがでるほどの強風風風風

下にいるうちはまだ良かったけど上の方に登るに従って結構大変だったんだな~w




階段などあって結構いい運動になるレベルですが間近で見れる古城の美しさは感動ものです!

体力に不安がある人でなければ絶対にコンタル城観光お勧めです







強風で変な姿勢になっちゃう旦那くん。
私は私で髪の毛が大変なことになってましたバイキンくん




こんな城壁から見渡すCarcassonneの街並みは、




それはそれは美しいのです




城内にはこんな劇場もありました。今でも夏にはコンサートなどに使われているようですよ~




サンナゼール大聖堂。こんなに迫力満点に間近で見られるののも城内からならでは!






時折歩けなくなるほどの強風だったの城壁の外側上部は一部入場禁止になっていました。


それでもほとんど見て周ることができ充分満足できました~






髪も服も強風でボフボフだけど前回と同じ場所にて(こちらは城外、城塞の裏側の入り口付近です)パチリ♪






ホテルに戻りまたシエスタをした後(笑)、シテに戻りディナーを頂いたのがこちらのL'Escargotという超人気レストラン。


予約をしていなかった為、時間制限はあったけどなんとか席を確保。ラッキー喜ぶ





地元の料理であるフォアグラのテリーヌ。そして店名にもなっているカタツムリ。




私はボリューミーなランチがまだ効いていたので簡単にベジプレート、、、と思って出てきたのはこんなのだし。なーにー!?

地元のチーズたっぷりのサラダにラタトゥイユ風の煮込み、アーティチョークのグラタン風などなど....(ゲップふぅ




ここのお店の人気メニューのカエルちゃんカエル
脚の筋肉がリアルーーー!w


お店のメニューはどれも美味しいし雰囲気も可愛いので予約必須なのも納得です。
この日のディナーはロゼのカラフェを飲んで1時間ちょいでササっと終わらせましたが時間があったらグダグダ呑んだくれてしまいそうな素敵なレストランでした



ディナーを早めに終わらせた後はホテルの部屋から城塞都市全体の夜景を見る為、急いで帰ります遅刻ダッシュ


ホテルは前回母が選んでくれたHotel des Trois Couronnes
城塞内へ泊まって間近で見るのも悩みましたがやっぱり川を挟んで全体を見れるここが好きかな。ちなみにシテまでは歩いて15分ほどです。




暗くなり始めるとライトアップが始まります。





(パジャマを着てリラックスしながら)刻々と変化していく様子を楽しめるのもホテルの部屋ならでは


闇夜に浮かび上がる城塞都市、旦那くんもとても楽しんでくれました!

男の人は昔ゲームで見たようなファンタジー要素があるこういう場所好きかもしれませんねスライム




お次はいよいよ大好きなあのワイン産地をディーーーーーーープに巡ります♪

To be continued... 







ブログランキングに参加しています
たくさんの方のお役に立つ記事を書いていきたいと思います!


にほんブログ村のランキングにも参加しました!
ポチっとして頂けたら嬉しいです
すまいるすまいるすまいる
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓





世界の人気ブログへはこちらからどうぞ♪
↓  ↓  ↓  ↓  








New York美・食・遊のススメ

作者:aya0711

New York美・食・遊のススメ

女子的New York生活♪

7日 2275 総合 8089 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



aya0711さん新着記事



過去記事

aya0711さんへの新着コメント




ニューヨークブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 おもしろおかしのSAKAIのニューヨーク・ブロ~グ
2位 New York美・食・遊のススメ
3位 自由の女神になりたくて。(New York カメレオン人生)
4位 今日のトミー ~NYハーレム便り~
5位 ニューヨーク・味覚のミラーボール2
6位 ニューヨークとハーレムと音楽のはなし
7位 Sew Easy New York
8位 ニューヨークからのエアメール ~ever since~


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?ニューヨークでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録