Welcome!

自由の女神になりたくて。(New York カメレオン人生)

1年以上



「ヨシキリ?」


またか、マークよ・・・


日本語の勉強のため、日経ニュースを見ているマーク。(彼にはまだ、難しすぎるが)


「ヨシキリ?」

何を言ってるのかと思えば、ニュースは相撲ダイジェストだった・・・(汗)


よりきり ( 寄り切り)


「ああ、ヨシキリじゃなくて、ヨリキリ だよ。」

(マークさん、ひらがなカタカナ、読めますが、時々、ひっかかります。)


「ヨリキリは・・・

YORIKIRI_picture

「相手を Grip して、Hold して、Drive して out of the ring 」

変な英語日本語の、変な説明・・・


「I see!」 (なるほどね。)

分かったらしい・・・(汗)



「じゃあ、オシダシは?」

「プシュ、プッシュ! PUSH OUT!」

OSHIDASHI_picture


「じゃあ、オクリダシは?」

「そうね、SEE YOU OFF?」

OKURIDASHI_picture

こりんごよ、See you off それ、英語で、見送りだけど・・・


「なるほどね、rear push out (背中押して出す)ってことだね。」


理解のいい相方マークである。



「じゃあ、じゃあ・・・・」


マークよ、こりんご力士に、これ以上、決まり手のジェスチャーをせがまんでくれ・・・

マキオトシとか、カケゾリとか、日本人だって、相撲愛好者じゃなければわからん!


もう、ネコダマシで、この辺で打ち切りに。


ちなみに、ネコダマシは、トリックでも、決まり手には含まれないんだって・・・
ちなみに、決まり手は英語で、Win
techniques (勝つ技)だって・・・


日本語レッスンで、ジャパントラディショナルスポーツに新ためて触れた今日この頃。



日本語頑張ってるマークに、励ましクリック!
↓↓↓↓








1年以上


「Too much EMO for me!」

(俺には、EMOバンド過ぎる!)


イモバンド・・・


日本語で言うと、イモ姉ちゃんとか、イモって田舎モノって表現で使うけど、

英語発音だと、EMOは、イモって聞えるが、日本人は、エモって言ってるのね。


今日、Haste The Day のライブ見てきた。

このバンド、去年の11月に「As I Ray Dying」 見に行った時、

オープニングバンドとしてプレイしてて、


ここのドラマー、Kicking ass じゃんって、

彼のプレイをもう一度見たいと思っていったんだけど・・・


メタルを好まない我が相方マークには、同行を断られたため、
我がメタルバンドのギタリスト、プチメタル君と行って来たが・・・


「本当に、そのドラマー、すごかったの?

なんか、このショー、EMOバンドショーって感じするけど・・・。」


そうなのよ、ほら・・・


Blender



このショーの、ヘッドライナーは、「Scary Kids Scaring Kids」ってバンドで、


名前からして、EMOバンドっぽいでしょ?



で、大幅に遅れてやって来た、プチメタル(28)と、こりんご(34)



ゲッ!



会場は、Kids ばっかりで・・・


ほとんどが、ティーンネイジャーか、20代前半の若者。



「They made me feel old.」

(ここにいると、俺、年食ってるって感じで、やだなぁ~)


あんたが、そんな思いじゃ、この三十路越えのアタシは、どうすりゃいいのさ・・・(汗)



ギリギリで、Haste The Day 見逃さずにすんだが・・・


Haste the Day


あれ?


今日のドラマー、前回の時より切れがないような・・・

前回は、バリバリメタル漂わせてたのに、今日は、かなりEMO漂ってる・・・


Haste the Day


こんなバンドだったけ?



でも、まあ、それなりにドラムの参考にはなったけど・・・

それほどパッションも感じなかった・・・。



「こりんごちゃん、次のバンドどうする?」


「う~ん、どうせEMOだろうから、一曲だけ、どんなモンか聴いて帰ろうぜ。」



この会場は、数年前までは映画館だったんだけど、

いつの間にかライブ会場になっててね。


そんでもって、こりんごちゃん、ライブは必ずステージ真近で見る主義なんだけど、

今回のラストバンドは、後ろのシートに腰掛けて、高みの見物でのライブ観賞。



Scary


あら、だけど、ドラムソロからバババンッと始まって、

ちょっとヤルじゃないの!


ここのドラマーは、かなり豪快に叩き込むんだけれど、

端から見てて、痛々しいほど強引に叩いているようにも見えた。



だけど、すごい速さでタムまわしていた。


多分、スネアドラマーとしても経歴ありそうな、

メタルドラマーとしてはめずらしく、マーチングバンドみたいにスネアを駆使してた。



Scary


そんなんで、一曲聴いて帰るつもりが、結構、見入ってしまったが・・・


「You wanna go?」

(もう、帰りたい?)


ってプチメタル君聞いてくるから、彼、帰りたいんだろうなと・・・


「じゃ次の曲終わったら、帰ろう。」


ショーが終って帰りの混雑に巻き込まれないしね。



確かに、彼らクールだったけど、やっぱEMOだった。



どの曲も、こりんごちゃんには、同じに聞こえてしまって・・・


改めて、プチメタル君の曲のセンスのよさを感じ、



「プチメタル君、アンタはすばらしい!

曲いいし、バラエティに富んでいながらも、キャッチーなサウンド。


こりんごは、アンタのドラマーになれて、本当によかった!」



と、我がギタリスト、我がバンドを褒めっぱなしの、

親バカならぬ、バンド馬鹿ドラマー。



また明日から、メタルドラマー目指して、頑張るぞ!




女神度は?

ライブはいいね、単細胞は、すぐ感化されちゃうから、星、☆☆(ふたつ)



イモ姉ちゃんじゃなくて、イモドラマーでもなくて、

メタルドラマー目指すこりんごちゃんに、励ましクリック!

↓↓↓↓






1年以上


自由の国アメリカ。

平等の国アメリカ。


だけど、人種差別は、根強く残ってて・・・


おりしも、今日は、マーティン ルーサーキング Day で・・・
(公民権運動の指導者として、人種差別撤廃に取り組んだ彼の栄誉をたたえた日)

かくのなる こりんごちゃんも、ここじゃ、差別される側のマイノリティーですけれど・・・。


こんな日に、変な意味でタイミングのいい、人種差別のブロクになりそうよ。


こりんごちゃんは、人種差別者レイシスト?

ウチのメタルバンドでのオーディションで、
そんな人間の差別がらみな出来事で、すったもんだした。


人種差別って、白人、黒人、黄色人種って、肌の色での差別に限らず、いろんな差別があるけど・・・

男女差別
体型差別
年齢差別
音楽差別


音楽差別

今はそうでもないけれど、デスメタルなんかは、完全に白人音楽で、
その昔は、デスメタルのライブに、肌の色が違う人が行ったらボッコにされたらしい・・・。

年齢差別
日本は、とかく年齢を気にしてるけど、アメリカでは、法律で求人に年齢制限を掲げてはいけないと定められている。


そのほか、男女差別や、能力差別、体型差別は、したらいけないのかもしれないが・・・


こりんごちゃんは、差別って否定してない。

差別って言い方は、的を得ていないが・・・


男女にも、能力にも、体型にも、年齢にも、差ってあるでしょ?

それをあえて、平等ってのは、無理があると思う。

これ、区別ってことか?


週末のオーディション、そんなんで すったもんだした。


ウチのバンド、ボーカリストとベーシストを探し続けてるけど、

これ、差別呼ばわりされるかもしれないが・・・、

バンドとして、これからビックになりたいとマジ思ってるならば、
演奏の腕だけじゃなくて、見た目も、年齢も肝心になってくる。

まして、フロントは、絶対に歌が上手くて、見た目もよく、若いってのが必須。


こりんごちゃん、人のこと言ってられなくて、もう全然ヤバイ年ですが、
それを上回る、35歳の女性シンガーからオーディション希望のメールが届いた。


彼女のデモソングとビデオを見たが・・・

ごめんなさい、歌も上手いし、パフォーマンスもいいですが、
なんか80年代ロック調な古めかしさがあって・・・、メタルでもないし・・・。

その上、フロントが、35歳の女性となると・・・、

バンドが運良く最短でレーベル取得まで出来たとしても、2、3年はかかるでしょ、
そしたら、彼女は40近くなっちゃうわけよ、

女は、結婚や、出産問題、男よりシビアに考えるだろうし・・・


この時点で、彼女にはお断りのメールを送るはずが、
彼女は既に、ウチラの楽曲を練習していて、やる気満々!

気の優しいプチメタル君は、断りきれずに、オーディションは行われることになった。


それと同時に、先週、病欠でオーディションスキップした メタルガールのベーシストからもコンタクトがあって、

彼女は、ちょっとコンタクトがあやふやだったので、真剣見にかける!
しかも、かなりオーバーウエイトで、太ってしまったらしく・・・、

と言うことで、見送る予定であったが・・・、

NYCベーシストは見つけるのは至難の業で、
しかも、彼女からの直接の電話で、プチメタル君、またオーディション組んでしまった。


このことで、こりんごちゃんとプチメタル君は、喧嘩になった。


「優しすぎるのも、人を傷つけることになるんだよ!」

「だけど、もしかしたら、彼女ら、いい働きするかもよ?」

「だいたい、女は、イヤなのよ!(←お前も、一応、女ですけど?)

リップスティックス (こりんごちゃんの前にオールガールズバンドの時も、 ガールズはわがままで、結局解散しちゃったのよ。

だいたい、メタルバンドなのに、ほとんどメンバー女なんて、迫力ないし、なめられるじゃんか!

自分のこと棚に上げてるけど、レイジーなガールと、年増のレディーをオーディションブックするなんて!

Tall Guy ギタリスト
Fat Girl ベーシスト
Old Female ヴォーカリスト
Skinny Jap Female ドラマー

こりゃ、まさに、ドリームバンドだっ!(皮肉)」


こりんごちゃん、めっちゃ女性差別、年齢差別してる・・・(汗)

(お前も、年増な女のクセに・・・)



その、ガールズオーディションの日・・・

1pm    ベーシスト 
1;45pm ヴォーカリスト

と、予定を組んで、12時にはスタジオ入りした、ウチラですが・・・


おデブちゃんのベーシストが、

「ゴメン、ちょっと遅れる!」


カッチ~ン!


この子、先週も、オーディション直前に、頭痛がするからとキャンセルしたうえ、
平気で、また遅刻だぁ~、いい玉だ!

オーディションは、いわゆる、ジョブインタビュー(就職面接試験)と一緒で、
それに遅れてったら、採用お流れでしょ?

(男女に限らず、オーディション、バっくれたヤツなんかは、ザラにいるけど・・・)


「1;45PMには、次の人が来るんで、あんまり遅くなるようだったら、また次の機会に・・・。」

と言ってるのに、来るらしい・・・


その1;45PMには、

「ごめんなさい、15分くらい遅れます。」


今度は、ヴォーカリストからだ・・・


なんで、女たちは、こうも、見事に、みんなで遅れてくるモンかね?


ベーシストは、2時にやって来た・・・

「あら、ヴォーカルも遅れてるの? だと思ったよ!」


カッチ~ンっ!

全然、反省の色なし!


その上、ベースのコード、死んでて使えず、予備のコードを忘れたという・・・


彼女が近くのギター屋さんに、コードを買いに出かけてる間に、ヴォーカリスト(35)がやって来た。

感じのいい挨拶を交わした後・・・


さあ、オーディション・・・・

ところが・・・


「ギターサウンド、ドラムが、ラウドすぎる!
耳栓持参を、オーディション者に伝えるべきよ!

貴方達も、耳栓はずしてプレイしてみなさいよ、
(自分の音がデカイことに気づくから)

ドラムなしで、歌わせて、ドラムは、シンバルなしで、カウントだけとって!」


な、なに、この女っ!


つうか、メタルバンドにオーディションに来ておいて、音がデカイと苦情をいい、
自分で耳栓忘れたこと棚に上げ、ドラムなしで歌わせろと・・・

メタル経験者だったら、耳栓、言われなくても持ってくるし、
ドラムなしだったら、カラオケでいいじゃん。


「音が大きすぎて、私の声が聞えない。
次回は、耳栓持ってくるから、壁にサウンドプルーフとかつけといた方がいいかもよ。」

と、次回はないのに、次回の話をしていた彼女・・・。


ありがとう、そして、さようなら!


そして、太めなメタルベースガールは・・・


この続きは、次回に・・・。



「I have a dream!」 by キング牧師

「Koringo has a dream, too!」





女神度は?
マイノリティーのクセに、頑張ってるじゃねぇか!
だけど、自分のこと棚に上げて、シビア過ぎねぇか? 星、☆☆(ふたつ)



シビアな こりんごちゃんに、無差別クリック!
↓↓↓↓






1年以上


ドラマーは、体力勝負!


ジャンクフード大好きですが、

ドラマーとしての体力増強と、健康を考え・・・。



良質たんぱく質の卵、

スタミナつけるために肉、

野菜もとりたいわ!



で・・・、だから・・・?



なに、これ(↓)?


たぶんオムレツ


シェフ曰く、ビーフ&ベジタブル オムレツ・・・らしい・・・(汗)



えっ!!! これ、オムレツかよっ!



だってね、ちょっと前まで、卵一ダース 1ドルちょっとだったのに・・・


2倍の 2ドル17セントだった・・・(涙)



だから、オムレツの卵の量が、具を上回れず・・・。



なんでも、配分って大切ね。



ドラムでも、配分間違えると、美味しくないし・・・カゼ


バンドでも、卵のように、まだ高値ついてないドラマーだから、

メタルサウンド上回れなくて、具をカバーし切れてないのよね・・・。


(上手いこというね、こりんごちゃん!←褒めるところじゃないっ!)



このオムレツ、見た目、全然ダメダメですけど、味は、悪くないのよ!


こんなオムレツドラマーでもいいかなって・・・



言い訳じゃないけど、こりんごちゃん、お料理からっきしってわけじゃないのよっ!



この前、レシピ狂いなく配分パーフェクトで作ったエビチリ!



エビチリ


味も見た目も、陳健一 級だったぜ!




今日、バンドのボーカルオーディションやったんだけど・・・


ウチラのサウンドと、彼のヴォーカル、噛み合ってなかった・・・(涙)




エビチリドラマーに なれる日は、いつのことやら・・・。


(レッチリのドラマー(チャド スミス)でもいいけど・・・)




女神度は?

何でも、バランスが肝心! 星、(ひとつ)




一つ星シェフに、お情けクリックっ!

↓↓↓↓





1年以上




本日の、メタルバンドリハーサルにて・・・


「Oh, sorry! I stepped on your foot!」
(あ、ゴメン! おれ、こりんごちゃんの足踏んじゃった!)

「大丈夫よ!」


「俺の足も、踏んでいいよ。」

「別にいいよ、気にしないで、痛くなかったし。」


「いや、踏んでくれ!」

「へっ!?  あんた、M(マゾ)?」


「もし、人の足を踏んじゃったら、自分の足も踏み返してもらわないと、不幸が起こるんだ。」

「はぁ? それって、迷信?」


「うん、まあ・・・。」


ぎゃははははははっ!!!!

カワエエ~!  


186センチもの大柄メタルGuyが、

迷信 信じて足を踏み返してくれとせがんでる!


「頼む、踏み返してくれ!

俺、これ以上 Bad luck を背負いたくない!」


「わかった、わかった。」


ムギュッ!


「ありがとね。

こりんごちゃんは、迷信 信じてないの?」

「う~ん、どうかな~?

あっ、でも、夜に爪切っちゃいけないって言われて切った事ないな。

夜に口笛吹くと、蛇が出るから吹かないし巳
寝ながらご飯食べると牛になるとか・・・おうし座


お前も、結構、信心深いじゃねぇか・・・



「だろっ!

だから、こりんごちゃん、そこのあるカガミ、ドラムの勢い余って、ぶっ壊さないでね。

カガミ割ったら、7年不幸が続くから!」

 


New Studio

その迷信は、日本と一緒じゃん!


「了解!」



迷信を、純粋に信じているメタルバンド、

Embrace Agony 応援よろしくね。





「ところで、こりんごちゃん、

明日は、ちょっとドレスアップしてきてね。」


「えっ、なんで? パーティーにでも連れてってくれるの?」


「明日のオーディション希望者、ゴシックメタル系のGuyなんだ、


こりんごちゃんの Tシャツ、かわいいけれど・・・


いちごイチゴいちごとか・・・


Beer Garden


ウサギウサギウサギとか・・・


Sense



言ってること わかるよね?


メタルバンドとしての、イメージ。」



「ハッタリかまさなくちゃだね。」


(もう34なんだし・・・(汗))




でも、ドクロこんなんとか、叫びこんな Tシャツ持ってないよ~!




女神度は?
純粋なままでも、ハッタリかまして、人生上手く歩いていこう!
星、☆☆(ふたつ)



ハッタリメタルドラマーの こりんごちゃんに応援クリック!
↓↓↓↓






自由の女神になりたくて。(New York カメレオン人生)

作者:こりんご

自由の女神になりたくて。(New York カメレオン人生)

NYひよっ子ドラマーの葛藤。
凡人が、NYで突如ドラマーになっちゃったよ!

7日 1573 総合 6788 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



こりんごさん新着記事



過去記事

こりんごさんへの新着コメント




ニューヨークブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 おもしろおかしのSAKAIのニューヨーク・ブロ~グ
2位 今日のトミー ~NYハーレム便り~
3位 ニューヨークとハーレムと音楽のはなし
4位 New York美・食・遊のススメ
5位 ニューヨーク・味覚のミラーボール2
6位 Sew Easy New York
7位 自由の女神になりたくて。(New York カメレオン人生)
8位 ニューヨークからのエアメール ~ever since~


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?ニューヨークでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録