Welcome!

自由の女神になりたくて。(New York カメレオン人生)

53日前

 
 
強引な人が多い街だけれど・・・
 
 
それは、あまりにも強引過ぎやしませんか?
 
 
{903D71D5-E9EA-4F5D-B3D5-14BBCAB73328}
 
 
痩せ気味の男性の間に、無理やり座り込んだ この女性。
 
もう、腕とか、隣の男性のスパースまではみ出て載ってるし・・・。
 
 
しかも、幅を利かせるだけじゃなくて、
 
ドッシリと座り込んだとたん、ムシャムシャと、菓子パンを食べ始めた。
 
そして、向かいに座った連れと、大声でしゃべっている。
 
 
なんだか、とてもおぞましい光景というか、非常に不快な気持ちになった。
 
 
次の駅で、左側の痩せ気味の男性の隣の席が空いた。
 
 
しかし、その男性は、窮屈な座席から、隣に移ろうとはしなかった。
 
 
なんか、気持ちわかる。
 
 
あからさまに、隣の席に移ったら、強引に座ってきた その女性への当てつけと取られてしまう、という男性の、女性に対する配慮なのかなとも思ったが、
 
 
その女性は、一切、周りのことも、そのスペースの距離感も、考えている様子はないので、そんな遠慮、全くの無用である・・・。
 
 
{506D1CEE-4934-436D-877A-13F7FFD08C6E}
 
 
アタシが、この女性だったら、無理してまで、そこに座ろうとしないし、
 
男性だったとしたら、絶対に、隣のスペースに非難するなと、
 
 
その気遣い無用スペースをぼんやり眺めていた帰宅中の地下鉄車内。
 
 
まぁ、他人事だけどね。
 
 
 

 


ポチッっとなっ!



こりんご応援クリック、1,2,3、頼んますっ! 

 

 

 

 
にほんブログ村 海外生活ブログへ

ジモモ ニューヨーク





Happy Boy ジョンヘイズのブログも、よろしくね。

 photo faeb95eb-1a6f-49e6-8776-299a658aeca0_zpsyfdlpv8h.jpg


赤毛のヘイズ
 
 
 
 
 

 

54日前
 
 
 
プロモーションって、すごく大事!
 
 
だって、これで、売り上げ大きく変わったり、
 
成功を大きく分けたり、
 
 
セルフプロモーションなんてのもあるけれど、
 
人生の歩み方や、受け取り方、楽しみ方も、これで大きく変わってくると思うのよ。
 
 
 
さて、
 
 
あ〜、もう5月なのね。
 
 
そう言えばさ、6月に10年やって来たバンドを手放して脱退する記念に、
 
image
 
 
こりんごドラマーのソロミュージックビデオ作る話が出てたじゃない?
 
image
 
 
あれ、どうしたよ?
 
 
「ミュージックビデオじゃなくて、ドキュメンタリービデオにしよう!」
 
 
なんてアイデアを出してくれたビデオグラファーから、急に連絡が途絶えたんだよね。
 
 
まだヤル気あるのかとメールを出せば、
 
ヤル気はあると、返事は返って来るが、
 
 
 
ヤル気はだけで行動に移せないなら、ヤル気ないのと一緒です!
 
 
だから、もう放置してたのね。
 
 
自分もさ、ソロビデオは、作りたいけど、
 
ヤル気のない (ヤル気はあって動かない)人を、催促してイライラ待つより、
 
 
どうせドキュメンタリービデオなら、ちょっと自分なりに下準備で、ボイスオーバー、ナレーションの発声レッスンを取って見たり、(レッスンはついに来週よっ!)
 
 
ミュージックビデオ以外にも、何か出来ないかと模索していたので、ビデオグラファーの 事なんか気にならなかった。
 
 
 
さて、そんな最中。
 
 
 
先週、ニューヨークでは、BAL WEEK と言うイベントが行われていた。
 
{5E6E3F13-10DA-458D-9543-ABC019343A42}
 
 
これは、スイングダンスの中でも、Balboa と呼ばれるダンスで、こりんごちゃんも このダンスでコンペに出たり、いろんな国や州をトラベルしてたわけだけれど、
 
 
image
 
 
でも、NYって、物価が高いので、こういったダンスイベント開催ってあまりなかったんだよね。
 
 
ほら、イベント開く会場のホテルがバカ高いし、
 
イベントのために一週間、ライブバンドや、インストラクターを雇って、レッスン会場を押さえて、なんて、主催者側としては儲けにならない話で、
 
image
 
 
でも、NYでも、Balboaダンスイベントを開きたいと、去年から、この4月の下旬に NY BAL WEEK が はじまったのだが、
 
 
一週間のダンスイベントと言っても、
 
 
ニューヨークでは、毎日どこかで必ずは踊れるのよ。
 
ジャズのビックバンドが いろんなところで演奏するからね。
 
で、そのNY BAL WEEK は、上手いこと、定例のウイークリーダンスパーティーを利用して、それをイベントの一貫みたいにすれば、会場もライブバンドも雇わなくて済むわけよ。
 
 
でもさ、NYに住んでるローカルダンサーたちにして見たら、それ いつものウイークリーパーティーじゃん?
 
 
で、参加者も、NY旅行を兼ねるのならば別だけど、ダンスだけのために、高い旅費とホテル代払ってまで払ってまで来ないよね。
 
 
 
で、去年は、結局、BAL WEEK と呼ぶほどのイベントとしては盛り上がらず、
 
わざわざ他州から来たダンサーたちは、そこまで盛り上がってないイベントにガッカリしていたと思う。
 
 
ところがっ!!!
 
 
今年は、こんなプロモーションビデオを主催者は作ったのよっ!
 
1分弱ほどのビデオだから、ちょっと見てみて。
 

 

 

 
グランドセントラル、タイムズスクエアー、
 
ダンス、街、ナイトライフ、
 
 
上手い具合に抑えてるなぁって、
 
 
こんなの見たら、あぁ、ニューヨーク行きたくなっちゃうって思うよね?
 
 
で、案の定、今年は、NY BAL WEEK、世界各国からの参加者が集まって、大大大成功した見たい!
 
 
したみたいって、貴方、参加しなかったの?
 
 
アタシは、結局、このイベント中、2日しか踊りに行かなかったんだよね・・・。
 
ほら、人生、考えることいっぱいで、ダンスどころじゃなかったからさ。
 
 
しかし、このプロモーションの威力は、すごいわっ!
 
 
全然。盛り上がらなかったイベントを、たった一本のビデオで、今年は大成功に導いたのだから!
 
 
image
 
 
ということで、このビデオを作った人を割り出したところ、
 
あるダンサーさんの旦那様がビデオグラファーで、このビデオを撮影したんだって!
 
 
こりゃ、さっそく、アタシのミュージックビデオも作ってもらえるか聞かなくちゃと、そのダンサーさんに、もちろん連絡しましたよ!
 
 
そしたら、そんなタイミングで、こりんごちゃんのビデオグラファーからも、連絡が、
 
 
「こりんご、バケーションから帰ってきたから、ビデオのミーティングでもしないか?」
 
 
バケーションって、ゴールデンウイークだったんかよって突っ込みそうでしたが、
 
(ビデオグラファーの彼は、アメリカ人ですけれど。)
 
 
こりんごちゃんのビデオ、本当に出来上がるの心配ですが・・・
 
 
あ、どさくさに紛れて、ジョンさんの新作ビデオ出来たので、見てね。
 

 

 

 
 
 
あ~、考えることが多くて、考えてばかりで、行動に移せてないもどかしさ。
 
超ジタバタしてます~。
 
 
 

 


ポチッっとなっ!



こりんご応援クリック、1,2,3、頼んますっ! 

 

 

 

 

 
にほんブログ村 海外生活ブログへ

ジモモ ニューヨーク





Happy Boy ジョンヘイズのブログも、よろしくね。

 photo faeb95eb-1a6f-49e6-8776-299a658aeca0_zpsyfdlpv8h.jpg


赤毛のヘイズ
 
 
 
 
 

 

54日前

 
 
 
5月になってしまったね〜。
 
 
 
毎年、この時期に健康診断をしている こりんごちゃんでして、
 
 
昨日、1日に行って来ました健康診断。
 
 


実は、毎年、この健康診断を密かに楽しみにしていていましてね。
 
 
と言うのも、こりんごが お世話になっている T診療所の K先生の大ファンでありまして。
 
 
あぁ、また1年無事に過ごせ、K先生にお会い出来ることを すごく楽しみにしてるのよ〜。


婦人科も皮膚科も、アメリカ人の先生であるが、医科の健康診断くらいは日本の先生がいいなと思って、やっと信頼出来る先生を見つけ数年前から通っている 米系M病院系列の日系T診療所。
 
 
こりんごちゃん担当先生は、東大医学部出身で、医者として忙しい最中、ボランティア活動や、地域の活動、いろんなところで活躍されてるようで、先生の記事など新聞でよくお見かけする。
 
 
「先生、相変わらず、いろんなところでご活躍されて、頭が下がりますよ。」
 
 
「いえいえ、活躍なんかしてませんよ。
 
毎日仕事でクタクタで、家に帰って、子供を寝かせるつけるので精一杯です。
 
子供の漢字書き取りなんかは、全部 奥さんに任せてしまって。」
 
 
「いや〜、仕事に家庭に お忙しいのに、いろんなところで先生の記事を拝見しますよ。」
 
 
「いや〜、活躍してるぶってますけど、等の本人は、どの記事に出ているのかも知らない有様です。」
 
 
 
このドクター風を吹かしもしないで、庶民に歩み寄ってくれるような謙虚さがいいよね〜。


ウチのボスなんか、腕はいいのに典型的な オレオレ ドクター、なんか詐欺みたいだな。
 
 
 
さて、健康診断が目的なんだけど、先生と年に一度、お話が出来ることを非常に楽しみにしてる こりんご、
 
まるで老人ホームの身寄りのない年寄りが病院通いを楽しみにしてるみたいだな・・・ニヤニヤ汗
 

 
「特に、何か心配事とかありますか?」
 
「いえ、おかげさまで、いたって健康です。」
 
「過去の検査結果で心配するようなこともないですし、
 
やるべき検査もやってますしね。」
 
「では、今年も、大丈夫ということでいいですかね。」
 
「いや~、医学的な見解、数値でのことでして、大丈夫と100%言えないのが現在の医学ですよ。
 
明日、隕石が落ちてきてなんてことは、医学が発達しても どうすることもできませんしね。」
 

「あはは、じゃあ、医学的数値で健康ということで、日々精進は致します。」
 
 
「では、基本健診しますね。
 
目の検査とかは、眼科でされてます?」
 
「いえ、目だけは、おかげさまで悪くなく、いままで、コンタクトも眼鏡も使ったことありません、」
 

「そうですか、じゃあ、逆立ちとかしてしまうくらい健康ってことですかね。」
 
「ハイ、逆立ち出来るくらい健康です。」
 
 
眼球子、耳の穴のチェックをした後、
 
 
「では、座ったままの状態で、膝をもう少し出して、お尻の横に手をついて、足は伸ばしたまま、腕の力だけで、上体を持ち上げてください。」
 
「はい、えっと・・・。
 
な、なかなか上がらないもんですね。
 
これは、いったい何の検査でしょうか?」
 
 
「これは、脚上挙です。」
 
「キャクジョウキョ?」
 
 
↓こんなやつね。
 
 
 
「ほら、逆立ち出来るって言ってたから、チェックしてみました。」
 
 
あはははははっ!!!!
 
 
「先生、これ、マジで、脚気か何かの検査かと思いましたよ!
 
じゃあ、もう一度、やらせてください! 
 
出来ますともっ!」
 
 
こりんご、健康診断で、脚上挙に燃えるっ!メラメラ
 
 
そのあと、看護婦さんを呼んできて、看護婦さんの立会いの下、乳がんの触診をしてくださいまして、
 
 
「○○さん(看護婦さん)は、脚上挙 出来る?
 
今、それで盛り上がってたんだけど?」
 
 
「ハイ、出来ます!」
 
 
こちらの看護婦さんも、すごくノリがよくて、楽しい方なのよ~!
 
 
「おぉぉ、ずいぶん、自信ありの返答でしたね。
 
では、やってもらいましょう。」
 
 
「えっ、やるんですか?」
 
 
「もちらんですよ、こりんごさんもやりましたし、その自信ありの脚上挙は、是非に見せていただきたい!」
 

 
ということで、看護婦さんも、脚上挙にチャレンジっ!
 
 
うぐぐぐっ、と2秒、宙に浮きました。
 

 
「じゃあ、こうなったら、先生にもやってもらいましょう!
 
私もやったんですから!」
 
 
「いや~、僕はちょっと~!」
 
 
と、言いつつ、先生、白衣脱ぎ始めた!
 
 


ヤル気、満々やんっ!ニヤニヤ
 
 

 
先生も、脚上挙、3秒浮いたっ!
 
 

つうか、ドクター、ナース、ペイシェントの3人で、何やってるねんっ!
 
って、ツッコミどころ満載な、健康診断でしたよ。
 
 

「いや~、次回からは、健康診断に、フィットネスも入れるべきですかね?」
 
「じゃあ、来年の健康診断までに、完璧な脚上挙を目指し精進しますよ。」
 

「いや~、ケガ人が出なくてよかった~。
 
すみませんね、今日は、診療がゆっくりなので、お騒がせしてしまって。」
 
 
 
こんな健康診断、Welcome ですっ!
 

 
 
あのね、人望厚い人って、こう言う人のことを言うんだなって。

(脚上挙をさせる人と言う意味ではないですよ。)



自分のステイタスに、自分がどれだけ偉いのかを人に振りかざすんじゃなくて、

どれだけ人と同じ目線に立てるか、


しかも、そこにユーモアのセンスなんかが加われば、なおよろしい。


特にさ、健康を預ける人たちだもの。


冷たく機械的に扱われるよりは、あったかくて人間味ある方がいいじゃない?



こりんごちゃんは、こんなんですが、案外、人見知りしちゃうところがあるのよ。(マジで?!)


特に、言語が違うと、自分の英語がウザくて、ちょっとした挨拶を怠ることしばし。


ここで、ちょっと笑顔で 「How are you?」が言えればいいんだけどさ。



ちなみに、今は、血液検査の結果も、当日には わかって、オンラインで全てチェック出来るようになっててね。



今年も、医学的数値から言うと健康な こりんごです。

ありがたいです。


あとは、医学でもどうすることの出来ない宇宙の力を借りて、隕石をも破壊するミラクルを、人生で起こして行きたいと思います。






ポチッっとなっ!



こりんご応援クリック、1,2,3、頼んますっ! 

 

 

 

 

 
にほんブログ村 海外生活ブログへ

ジモモ ニューヨーク





Happy Boy ジョンヘイズのブログも、よろしくね。

 photo faeb95eb-1a6f-49e6-8776-299a658aeca0_zpsyfdlpv8h.jpg


赤毛のヘイズ
 
 
 
 
 

 

55日前

 

 

ちょ、ちょっと~、

 

超かわい過ぎるんですけれどっ!

 

 

 

 

 

ワンちゃんと地下鉄に乗車する時は、バックに入れなくてはいけないルールですが、

 

リュックサックに入ってるワンちゃん見るの初めて~~~!

 

 

 

 

 

そう言えば、日本は、ゴールデンウィーク突入ですって?



アップこんなカワイイ荷物背負って お出かけもいいかもよ?




じゃあ、GWにちなんで、サイクリングなんてどうかしらと、強引にこじつけて、



ジョンさんの新しいビデオ、


ブルックリンバイクライド デビューお届け!




 

 





ポチッっとなっ!



こりんご応援クリック、1,2,3、頼んますっ! 

 
にほんブログ村 海外生活ブログへ

ジモモ ニューヨーク





Happy Boy ジョンヘイズのブログも、よろしくね。

 photo faeb95eb-1a6f-49e6-8776-299a658aeca0_zpsyfdlpv8h.jpg


赤毛のヘイズ
 
 
 
 
 

 

56日前
 
 
 
先日、こんな記事を書いていた こりんごですが、
 
 

 
 
3人掛けの地下鉄車内シートに、2人の女性が、一人分のスペースに荷物を置いて座っていた件。
 
 
荷物を、自分の膝に置いてくれたら、もう一人座れるのにって お話ね。
 
 
 
全く、同じ状況で、
 
 
{3757E3E2-0D7D-4474-89F2-C0D6F2843AFA}

 
このワンチャンがシートに座っているのに、右の娘さんは、お父様の膝に座っていて、
 
左には、小学生くらいの女の子がお母さんと座っている。
 
 
どちらの家族の ぬいぐるみかはわからないが、
 
何故か、この光景を見ても、ぬいぐるみを座らせなければ人間が座れるのに、とは思わなかった。
 
 
 
まあ、日曜日の午後で、車内は混んでいないし、
 
 
それどころか、なぜか、そこには、幸せオーラが出ていて、
 
 
どうして、前回と同じシチュエーションなのに、自分のその光景の受け取り方は、こうも違うのか?
 
バックでなくて、ぬいぐるみだからか?
 
キツそうな神経質そうな女性でなく、どちらもファミリーだったからか?
 
 
そんな風に思っていたら、次の駅に着く前に、素敵なストーリーが そこに生まれていた。
 
 
この右の紳士が、成人した娘さんと思われる女性と、奥さんや、息子、親類である他の数人の連れと下車するのに、
 
{D230F2C5-1519-4197-8CDE-83CDC6983A86}

 
左の女の子に、
 
 
「このぬいぐるみ、欲しくないかい?
 
よかったら、貰ってくれないか?」
 
 
 
女の子は、急な申し出でに、恥ずかしそうにして、遠慮しながら断った。
 
 
「遠慮はいらないよ。」
 
 
 
しかし、女の子は、ハイと言えず、はにかんで やはり申し出でを断った。
 
 
ぬいぐるみの趣味が合わないから いらないと拒んでいるのではなく、
 
なんとなくの推測で、
 
きっと、急に大勢の大人からの申し出でに 注目を浴びて、拒んでしまったように見えた。
 
 
 
「そうか〜、貰ってくれたら嬉しかったけれど。」
 
 
と、そのお父さんは、ぬいぐるみを抱え 下車するために立ち上がると、
 
 
こりんごの隣に座っていた 老夫婦の奥さんが、どうして彼女はもらいたがらないのかと旦那さんに聞いているようだった。
 
 
「あの子が、いらないと言ったんだよ。」
 
 
その会話に気づいた お父さん一行の女性が、
 
 
「この ぬいぐるみ欲しいですか?」
 
「えぇ、私の妻が欲しいようで、」
 
「ぜひ 貰って下さい!
 
私たちは、明日、飛行機で帰らなければいけないのですが、スーツケースには入らないし、
 
誰かが貰ってくれたら、欲しいですか本当にありがたい!」
 
 
「では、遠慮なくいただきます。」
 
 
「貰ってくれてありがとう!」
 
 
そう言って、お父さん一行は下車して行った。
 
 
 
こちら、ぬいぐるみを頂いた 奥様。
 
{0B3B113A-8037-4DA2-8E85-848C814A6B8C}

 
奥様の旦那さん、隣の席から向かい側に移って、ぬいぐるみを貰って喜ぶ奥さんの写真を撮っていた。
 
 
なんて、微笑ましいの〜。ラブラブ
 
 
 
先に ぬいぐるみのオファーを断った女の子も、その光景を見ていて、
 
ぬいぐるみを貰ってもよかったのかな?
 
でも、あの お婆ちゃんがもらえてよかったな。
 
 
そんな表情に見えた。
 
 
 
なんか、車内が超ほんわかっ!ラブラブ
 
 
 
日常の素敵なショートストーリーに遭遇出来て、心あったまる〜。
 
 
(つうか、今日もいい天気で、すでに少し暖か過ぎるくらいだけど。)
 

 

 

 

 


ポチッっとなっ!



こりんご応援クリック、1,2,3、頼んますっ! 

 

 
にほんブログ村 海外生活ブログへ

ジモモ ニューヨーク





Happy Boy ジョンヘイズのブログも、よろしくね。

 photo faeb95eb-1a6f-49e6-8776-299a658aeca0_zpsyfdlpv8h.jpg


赤毛のヘイズ
 
 
 
 
 

 

自由の女神になりたくて。(New York カメレオン人生)

作者:こりんご

自由の女神になりたくて。(New York カメレオン人生)

NYひよっ子ドラマーの葛藤。
凡人が、NYで突如ドラマーになっちゃったよ!

7日 1141 総合 6906 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



こりんごさん新着記事



過去記事

こりんごさんへの新着コメント




ニューヨークブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 今日のトミー ~NYハーレム便り~
2位 New York美・食・遊のススメ
3位 おもしろおかしのSAKAIのニューヨーク・ブロ~グ
4位 ニューヨークとハーレムと音楽のはなし
5位 ニューヨーク・味覚のミラーボール2
6位 ニューヨークからのエアメール ~ever since~
7位 自由の女神になりたくて。(New York カメレオン人生)
8位 Sew Easy New York


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?ニューヨークでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録