Welcome!

ゆるく、図太く、おもしろく。NYで好きなことをして生き残る。

リストに戻る

274日前

世間はクリスマス。

 

 

 

昨日は道すがら、イエローバスに乗った小学生の子達に窓から”Happy Holidays!”と満面の笑顔で手を振られ、

 

 

 

ほっこり。照れ

 

 

 

クリスマスイブの今夜8時現在、クライアントからの駄目出しにて仕事をやり直し、緊急対応を終えたところ。ホッ。。

 

 

 

先週は久々の出張のお仕事があり、

 

 

 

 

日本からいらしたクライアントさんからお土産で、こんなん頂きました。

 

 

 

サッポロ味噌、喜多方醤油、和歌山豚骨醤油、博多豚骨の生ラーメン4セットx2箱。

 

 

 

キラキラ レインボーカラーNO1バンザイBキュー!

 

 

 

ポン人でヨカタ。。。えーん

 

 

 

 

クリスマスギフトって、やっぱり嬉しい。

 

 

お世話になってるピアニストのさとちゃんから、Sephoraの口紅、髪の毛につけるモロッカンオイル、Sugar and Plumのスイーツのホリデーギフトハート

 

 

 

 

 

先日のホリデーイベント終わりに頂いたフレンチワインと、EISWEIN(アイスワイン)クラッカー

 

 

 

 

イベントでは、悪天にも関わらず参加してくださった皆様、ありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

Choco x Satokoの音楽ワークショップ、

 

 

 

 

 

 

スペシャルゲスト講師のNobuyaと、これまた特別駆け付けてくれたToshiくんのダンスワークショップ、

 

 

 

ヒップホップサイコウすぎるーーーーーー(T▽T;)

 

 

 

 

 

パフォーマンスアーティストのRieさんのクリスマスカードプロジェクト。

 

 

被災地の皆が喜んでくれると良いな。

 

 

 

 

 

音楽、ダンス、アートは、自分の中で最高峰に位置するものです。

 

 

 

 

 

そんな時間を、皆さんと共有できて良かった。

 

 

 

 

いつも支えてくれる方々には、本当に感謝。

 

 

 

 

例年より少人数でしたが、アットホームな空気に包まれ、大好きな時間を大好きな人たちと過ごせること、

 

 

 

 

これ以上望むべきことは無いのかも知れません。

 

 

 

 

みんなのおかげで、

 

 

 

 

これって2年前の本厄以来の大殺界の復元じゃ?(−_−#)という引きこもり期を克服できて来ました。

 

 

 

 

 

最近では、なるべく違う生活を取り入れようと工夫中。。

 

 

 

 

最近ハマっている朝入浴後のヒトリヨガタイム。

 

 

 

 

毎日体の状態は違うということがよく解ります。

 

 

 

どこが痛いとか調子いいとか、危険信号を察知したり、ひたすら自分の身体との対話の時間。

 

 

 

 

体を動かすことで、心と繋がれる気がして、とても好きです。

 

 

 

 

そもそも、精神と繋がっていない体なんて存在しない。

 

 

 

 

そして幸福のヒトリメシタイム。

 

 

 

寒い日は野菜タップリ肉団子鍋!マロにーちゃん入り。

 

 

 

 

お粥に飽きたら。貝柱のイカスミリゾット。

 

 

 

 

きのこクリームのパッパルデッレっちゅう名の極太パスタ。

 

 

 

 

定食屋系、豆もやしとチンゲンサイの豚生姜丼。

 

 

 

 

スモークサーモンとアボカドのクリームチーズ乗せ丼(女子向き)。

鰹節をふり、ワサビorラー油+醤油をたらして。新味覚です!

 

 

 

 

クリームチーズなしバージョン。とびっこ和え。

 

 

 

ほぼおヒトリサマメニュー。

 

 

 

 

昔から、引きこもるとこんな具合に新レシピが増えます。

 

 

 

 

一昨日はManhattannのLower EastsideであったAsia Nightというクリスマスパーティでパフォーマンスがあり。

 

 

 

久しぶりにシンガー仲間のShowjiくんとDuo出演。

 

 

 

 

お呼ばれパフォーマンスの場合は、初めてお会いする方達ばかりで、とても新鮮カナヘイきらきら

 

 

 

 

自分のショウの様に髪の毛振り乱してドタバタするということもなく、楽しく過ごせました。

 

 

 

やっぱり歌える時が一番すき。

 

 

 

 

私は、普段主に音楽スタジオ運営者、ミュージシャンとして生活していますが、

 

 

 

 

傍ら、2006年くらいから、多種多様な翻訳通訳の仕事を承ったり、弁護士さんとの連帯でアーティストビザ関連サポートも、生業としています。

 

 

 

 

個人事業という意味では、普段から家に籠ってほとんどの仕事が成り立つため、忙しくなればなるほど、近所へ食材などの買い出しする以外出不精に。

 

 

 

 

通訳同行や商談会議においてはまさに一期一会で、様々な職種・バックグラウンドをお持ちの方と会い、色んな話しを聴き、体験が出来るので、とても刺激的。

 

 

 

 

アーティストのビザサポート関連のお仕事も、特別法律に詳しいというわけではないですが、◯◯だから良いアーティストと言える・言えない、など、かなりobjectiveでロジカルな規定の考え方は性格上合っていて、勉強になるし面白いなと思います。

 

 

 

言わば、3、4足のわらじを履いてるとも言えるのかも。

 

 

 

 

いくつも仕事をしていると、もしかすると日本で言う定職に就かないニートの様なイメージがある?

 

 

 

 

でも、例え何足のわらじを履いていても、その足がしっかり地について立っていられるのであれば、良いと思う。

 

 

 

 

一足だけで、グラついて今にも倒れそうであるよりは。

 

 

 

 

幼少期からずっとマンガ家になると思い込んでいた私は、中学校終わり頃、見事に音楽にハートを持ってかれてしまいました。ズキューーーーン

 

 

 

 

それまでは、マンガだけを溺愛していたのに。

 

 

 

 

でもあるときから突然、そっちが気になって気になって(笑)

 

 

 

 

何もかも一貫していないとイヤだった幼少期の私は、それに矛盾を感じ思い悩んでいた。

 

 

 

 

でも、

 

 

 

 

何事も、真剣に向き合えるなら、どっちもやったらいい、

 

 

 

 

という、父の言葉に救われました。

 

 

 

 

若いうちは色んなことに挑戦して悩んだら良い、とは言うけれど、

 

 

 

 

大人になっても同じ。

 

 

 

 

仕事というのは、”ありがとう”をつくること。

 

 

 

 

そして、それに見合う”ありがとう”をお金という目に見える価値で受け取ること。

 

 

 

 

”ありがとう”をもらえない労働というのは、仕事ではなく趣味です。

 

 

 

 

”ありがとう”がなく金銭が発生するのは、仕事ではなく搾取です。

 

 

 

 

それがたとえ週一回、月一回のおバイトであっても、それでありがとうを頂けるのであれば、その道のプロとして見なされているということ。

 

 

 

 

その期待に応えるべきであるということ。

 

 

 

 

プロならば、技術はあって当たり前。

 

 

 

 

情熱があるからとか、一生懸命だからとか、個人的なキレイごとにお客様はお金を払わない。

 

 

 

どれだけ亭主が良い人であっても、不味いラーメン屋に人は毎日通わない。

 

 

 

 

必死で練習したからといって、本番で負ける選手に契約金は出ない。

 

 

 

 

何十回にも上るリハーサルをしたと言っても、一、二回で同じ量・技術を習得できる人を押しのけて選ばれることは無い。

 

 

 

 

そんな人に手を差し伸べるのは、家族や近い友人くらい。

 

 

 

 

レストランなら、美味しいのが当たり前。

英語教師なら英語ができて当たり前。

ランナーなら走れて当たり前。

ダンサーなら踊れるのが当たり前。

ミュージシャンなら弾きこなせるのが当たり前。

 

 

 

 

それは、”飛行機なら空飛んで当たり前”と同じくらい自然な定義。

 

 

 

 

泳げない魚を、魚と呼ばないのと同じ。

 

 

 

 

何かと言い訳をして、やらなくてもいい道を探すのが素人。

 

 

 

 

どんな逆境でも、投げ出さずやり切って、何かを残すのがプロ。

 

 

 

 

そしてプロというのは、その当たり前を前提に、人間性という”付加価値”がくっついてくる。

 

 

 

この人だから観たい、この人から買いたい、この人に教えてもらいたい、という人間力。

 

 

 

ここで注意するべきなのは、ギャラが無いなら手を抜いても良い、というのとは違う。

 

 

 

 

その辺を大きく取り違えてるパフォーマー達は、多い気がします。

 

 

 

 

たとえチャリティであっても、報酬が発生しなくても。

 

 

 

 

お金を払って”アナタのパフォーマンス”を観に来た人がいるなら、

 

 

 

 

そのお金サマが、直接フトコロにどうぞイラッシャイマセとならなくても、アナタはプロとしての実力を出し切って喜んでもらわにゃあいかん!

 

 

 

 

お金は大事ですよ。アーティスト生命を存続するにも。

 

 

 

 

もし、お金が一番大事!!と思うなら、さっさとメジャーデビューして大金もらえる様になるまでオーディションなり受けまくるか、職種にこだわらず自分の能力をかってくれる割のいい職に就くか、したらいい。

 

 

 

 

でも、アーティスト達は知っている。

 

 

 

 

お金はとても大事であるけれど。自分の中のアート精神はそれを遥かに上回る価値があること。

 

 

 

まるで、取り憑かれたような、何があってもやめることは出来ない麻薬の様な情熱を味わってしまっているから、

 

 

 

 

アーティストである前に生活しないといけない現実との矛盾に苦しむ。

 

 

 

 

それを受け止めるなら、なおのこと止めてはいけない。

 

 

 

 

これは、私個人の『ちょっと今日はアツく語りたいのよアタシ』的上から目線の意見ではなく、アーティストビザのコンサルティングをする中でも、明らかに、

 

 

 

”なんとなく遊学しに来てたまにパフォーマンス呼ばれるので、あわよくばこれでアーティストビザ取りたい” 程度の学生さんと、

 

 

 

 

”笑われようが、嫌われようが、辛かろうがやめる選択はまずない”の覚悟があり、

 

 

 

 

”自分ならできる”意識を持ち続けて来た人、

 

 

 

 

結果は明らかに違いますヨ!笑

 

 

 

 

最近共感したメッセージ。

 

 

Unexpressed emotions will never die.

They are buried alive and will come forth later in uglier ways.

 

 

 

フタをされ抑制され、表に現れることがなかった情熱は、心の闇の中で燻り続け、いつかさらに醜いカタチで爆発する、ということ。

 

 

 

 

表に現れる=表現するということ。

 

 

 

 

それと向き合うこと。

 

 

 

 

アーティストだけじゃありません。

 

 

 

 

脱サラしたいひと、

 

起業したいひと、

 

自分の店を持ちたいひと、

 

本当は子供が欲しいのに努力しないひと、

 

子育てを理由に働けないと言い訳し続けるひと、

 

転職に踏み切れないひと、

 

良くない交友関係を我慢し続けてるひと、

 

好きな人に好きと言えないひと、

 

夢を夢で終わらせようとしてしまっているひと、

 

 

 

 

法を犯したり、周りに責任を負わせたりしないなら、

 

 

 

 

死ななきゃ何したって良いんですよ?

 

 

 

 

死を目前にした人間が一番後悔することとは、

 

 

 

 

『やって失敗したこと』ではなくて、『やらなかったこと』だそう。

 

 

 

 

さあ、2017年も目前。

 

 

 

 

時が過ぎるということは、死に近づいているということ。

 

 

 

 

今日より、明日のほうが死に近づくということ。

 

 

 

 

だったら、その心の闇の中で燻る情熱と向き合いましょう。

 

 

 

 

いつか必ず来る死に辿り着く前に。

 

 

ゆるく、図太く、おもしろく。NYで好きなことをして生き残る。

作者:ACE Music Studio

ゆるく、図太く、おもしろく。NYで好きなことをして生き残る。

*NY在住シンガーソングライター*ACE Music Studio代表*CHOCOの「自分らしく命を燃やす」ものぐさ日記*

7日 34 総合 50 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



ACE Music Studioさん新着記事

inequality..
143日前



過去記事

ACE Music Studioさんへの新着コメント




ニューヨークブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 おもしろおかしのSAKAIのニューヨーク・ブロ~グ
2位 New York美・食・遊のススメ
3位 ニューヨークとハーレムと音楽のはなし
4位 taku`s blog
5位 Sew Easy New York
6位 ニューヨーク・味覚のミラーボール2
7位 自由の女神になりたくて。(New York カメレオン人生)
8位 今日のトミー ~NYハーレム便り~


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?ニューヨークでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録